フコク生命の学資保険みらいのつばさの口コミ評判|学資保険を徹底比較

業界トップクラスの累計契約数約35万件を超えるフコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の詳細やメリットを紹介します。

みらいのつばさをおすすめできる人は?
みらいのつばさを選んではいけないケースって?

詳しいプランの解説やシミュレーションまで、徹底分析しました!

みらいのつばさはこんな学資保険!

フコク生命の5年ごとの配当つき学資保険「みらいのつばさ」は、充実した保障内容と返戻率の高さが好評です。

他の学資保険と比べて、みらいのつばさならではといえる特徴は以下の通り。

みらいのつばさの特徴

  • 返戻率は105.5%をマーク!
  • 入園や進学、大学入学のライフイベントに沿って学資金が受け取れる
  • 保険料の払込免除特約つき
  • 兄弟、姉妹割引がある
  • 赤ちゃんクラブで成長をサポート

返戻率は100%を上回る高い水準なので、資金運用したい方にもぴったりの学資保険です。

幼稚園や小学校の入学時期に合わせて、早い段階からお祝い金が受け取れるプランがあるので、銀行に預けておくよりも効率が良くなる可能性があります。

必須ともいえる保険料の払込免除特約も、契約者の万が一に備えられるので安心です。

さらに兄弟割引があるので、2人目からはもっとお得に。他にも早期払込や前納が可能なので、より返戻率を上げることもできる優れた学資保険と言えます。

みらいのつばさのプランは?

みらいのつばさのプランはステップ型もしくはジャンプ型の2パターンです。それぞれの特徴を見てみましょう。

受け取り方は2通り ステップまたはジャンプ

ステップ型

ステップ型は、幼稚園の入園、小・中・高校の入学、大学入学や成人式などのライフイベントに沿ったタイミングでお祝い金が受け取れるタイプです。

  1. 3歳 幼稚園入園
  2. 6歳 小学校入学
  3. 12歳 中学入学
  4. 15歳 高校入学
  5. 18歳 大学入学
  6. 20歳 成人式
  7. 22歳 満期

金額は一律ではないものの、まとまった資金をお祝い金としてライフイベントに沿ったタイミングで受け取ることができるのはありがたいですね。

ジャンプ型

ジャンプ型は、お祝い金を18歳で初めて受け取ることで、返戻率を上げることができるプランです。大学入学や新社会人として、生活環境を整える準備資金になります。

  1. 18歳 大学入学
  2. 22歳 満期

ジャンプ型で受け取れるお祝い金と満期金は、同額になります。

ステップ型・ジャンプ型のどちらのタイプでも、お祝い金と満期金の据置きが可能です。

なので、いつでも自由に引き出すことができて、返戻率もアップすることができます。

ステップ型とジャンプ型の返戻率の差は、約0.8~1%です。少ないように思えますが、満期金の設定次第では金額に大きな差が出ます!

・入学前のステージに合わせたタイミングで資金を受け取りたいなら「ステップ型
・大学入学や社会人に向けて、まとまった資金を受け取りたいなら「ジャンプ型

と、2つのプランから選べるのが、みらいのつばさの保障内容の特徴です。

振込期間と振込方で高い返戻率を狙える

みらいのつばさは高い返戻率ということもあって、人気の学資保険です。

最高値を狙うのなら、払込期間(払い終わる時期)を早めに設定して、保険料の支払い方を前納払い(一括)にするのが最も返戻率を高くする方法と言えます。

保険料払込期間 11歳、14歳、17歳のいずれか
保険料払込方法 月掛、半年払い、年払い、前納

逆に毎月の負担を軽くしたい場合は、保険料の払込期間を最長の17歳に設定して月払いにすると良いでしょう。

高返戻率を狙いすぎるあまり、家計に負担がかかってしまうと、最悪解約しなければいけなくなるケースも…!

保険に加入する前には、どの程度の保険料なら負担にならないのか、家計を見直す必要がありますね。

無料相談ができるFP(ファイナンシャルプランナー)を上手に利用して、負担にならないプランを設計するのが一番です。

入学前の祝い金の受け取りは11月1日で安心

「大学入学に備えたプランのはずが、受け取れるのは入学した後だった。」というケースも実は珍しくありません。

一般的な学資保険は、満期が18歳だった場合「18歳になった年の保険契約日」ということも。すると大学入学には間に合わず、欲しいタイミングで受け取ることができなくなってしまいます。

その点、みらいのつばさは入園・入学のお祝い金や満期金の全ての受け取りが「11月1日」なので、欲しいタイミングでちゃんと受け取ることができるんです。

推薦入試やAO入試にも対応できるタイミングなので安心ですね。

学資保険を選ぶときには、必ず受け取るタイミングを確認することをおすすめします!

満期金の設定の自由度が高い

みらいのつばさは、満期金の設定が80万円からできて、あとは10万円単位での設定が可能。

最低ラインが200万円からという学資保険もあるなか、毎月の保険料の負担を減らしたいというケースにも対応できます。

また、返戻金を高くするために満期金の設定を高めにすることもできる、幅広い選択が可能な学資保険なのです。

シミュレーションしてみよう!

みらいのつばさの特徴が分かったところで、それぞれのプランを実際にシミュレーションしてみましょう。

プラン:ステップ

保険料の払込期間 11歳 14歳 17歳
毎月の保険料 15,173円 12,115円 10,149円
保険料の払込総額 2,002,836円 2,035,320円 2,070,396円
受取総額
(返戻率)
2,100,000円
(104.8%)
2,100,000円
(103.1%)
2,100,000円
(101.4%)

※契約者:5歳の男性、被保険者:0歳、満期保険金:100万円のケース

一番返戻率の高い「11歳払い込み」は、11年間で約10万円貯蓄が増えた計算になります。

一番返戻率の低い「17歳払い込み」の場合、17年間で約3万円しか増えない計算になりますが、契約者の万が一に備えられる「払込免除特約」がついているので、銀行に預金しておくよりも安心です。

プラン:ジャンプ

保険料の払込期間 11歳 14歳 17歳
毎月の保険料 14,343円 11,452円 9,594円
保険料の払込総額 1,893,276円 1,923,936円 1,957,176円
受取総額
(返戻率)
2,000,000円
(105.6%)
2,000,000円
(103.9%)
2,000,000円
(102.1%)

※契約者:5歳の男性、被保険者:0歳、満期保険金:100万円のケース

こちらのジャンプ型では、ステップと比較した月払額が約1,000円安くなることで、払込総額と受取総額の差がステップと同じように、約10万円になります。

上のシミュレーションでは、どちらも同じ条件で出した結果です。どちらのプランでも、払込期間が一番短い11歳の場合での返戻率の高さが際立ちますね。

プランの違いはこんな見方も!

・ステップ型
毎月約1,000円多く払って、入園、入学、満期の7段階に分けて学資金を受け取る

・ジャンプ型
毎月約1,000円安く払って、大学入学前と満期の2回にまとまった学資金を受け取る

11歳という早期払込で、高い返戻金を受け取るのは賢い方法です。だからといって、家計を圧迫するような無理なプランは禁物!

毎月の保険料の負担額を減らすために、払い込み期間を17歳に設定して返戻率が下がってしまっても、払込免除特約などのメリットがあります。

また、払込期間の最中に家計に余裕ができたなら、前倒しで支払い、期間を短くすることもできるので、まずは無理のないプラン作りが大切です。

保険会社の保険外交員や、無料でプランニングしてくれるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するなど、上手にサービスを利用するのもひとつの方法でしょう。

夫婦で話し合う以外にも、家計のやり繰りの裏技などの有力な情報が得られるかもしれないのでおすすめです。

みらいのつばさの保障内容一覧表

これを見ればすぐにわかる! みらいのつばさの詳細な保障内容を一覧表にしました。

保障内容 年齢・期間・プランなどの詳細
お祝い金 ステップ:3、6、12、15、18、20、22歳
ジャンプ:18、22歳
満期 22歳(途中で17歳に繰り上げ可)
総受取額 80万円から10万円単位での設定が可能
保険料の払込期間 11歳、14歳、17歳
出産前の加入 出産予定日の140日前から加入可
契約者の年齢
※上限は子どもの年齢によって異なる
【下限】男性…18歳以上、女性…16歳以上
【上限】男性…59~67歳まで、女性…63~70歳まで
被保険者の年齢 0~7歳
保険料の払い込み方法 月掛け、半年払い、年払い、前納(一括)
払込免除特約 あり
割引 兄弟(姉妹)割引
保険料据置き 可能
死亡払戻金 あり
医療保障 なし
※医療保険(医療大臣プレミアエイト)をパックで加入可能
育英年金 なし

シンプルな構造で、早い時期から段階的にお祝い金が受け取れるのが、みらいのつばさのプランです。満期金の設定も幅広く、自由度が高い学資保険といえます。

さらに契約者の年齢制限も高めなので、祖父母が契約することもできます。ただし、その場合は以下のような注意が必要です。

祖父母が契約者の場合

被保険者(子ども)と同居している必要があります。
さらに親権者の同意を得たうえで、被保険者を扶養していることが条件です。
扶養している内容を証明できる書類等の提出も必要です。

なんだかややこしいですが、まとめると「子どもと一緒に暮らし、養っていると証明できるものがあれば、親がOKを出す」ことで契約できるということ。

単純に「孫のために」という気持ちだけでは、なかなか厳しい条件かもしれませんね。

兄弟割引について

1人目の子どもの契約期間中なら、2人目の子どもが割引対象です。

どのくらい割り引かれるかというと、払込方法が月払の場合なら、「満期の保険金額10万円に対して月あたり10円」の割引きになります。

死亡返戻金の支払いについて

万が一、被保険者(子ども)が死亡してしまった場合には、責任準備金に相当する額を死亡払戻金として受け取ることができます。

責任準備金とは、保険料の中からお祝い金を支払うために積み立てられた、積立金のことを指します。

また、みらいのつばさには医療保障はないものの、みらいのつばさと同シリーズの医療保険をパックでお得につけることもできるので、学資保険以外に医療保障も付けたいと考えている方にもおすすめできます。

据置きやキャンペーン、クラブもあり

フコク生命の学資保険、みらいのつばさが支持されている理由は、返戻率の高さだけではなく、こんな嬉しいポイントがあるからかもしれません。

保険料の据え置き

満期に達した保険料を、受け取らずにそのまま据え置くことができるのも、みらいのつばさの特徴です。

据え置くことで自分の好きなタイミングで引き出すことができて、その上フコク生命が所定の利率で計算した利息がつきます。自動的に据え置くことが可能なので、面倒な手続きもありません。

学資金を受け取れるタイミングで家計に余裕があるなら、据え置いた方がお得に運用できるって良いですよね。

ハローキティとコラボ

みらいのつばさは、国民的キャラクターといえるハローキティとコラボしています。

現在(2019年6月)は資料を請求するだけで、キティちゃんの「レジャーシート&クリアホルダー」が先着1,000名にもれなくプレゼントされるキャンペーンを実施中!

定期的に変わるキャンペーンの内容、キティちゃんファンならたまりませんね。しかも保険証券にまでキャラクターのイラストが入っているこだわりっぷり。

また、フコク生命のみらいのつばさ公式HPでは、キティちゃんの学資保険説明動画など、とても分かりやすく可愛さに癒されるアイキャッチがいっぱいです。ぜひチェックしてみてくださいね。

フコク赤ちゃんクラブ

フコク赤ちゃんクラブとは、出産、育児の不安や心配を和らげるために立ち上げられたクラブのこと。

入会資格は、0~6歳のお子さまがいるママやパパで、出産前でも入会できます。会費や入会金、年会費は一切かかりません。

コラボしているハローキティのぬいぐるみとメンバーズカード(会員証)が貰えます。そのほかのメンバー特典として、バースデーメールやメールマガジンの配信、各種特別優待割引も。

学資保険なのに、ここまでサポートしてくれるサービスがあるなんて、さすが老舗の保険会社ですよね!

充実したサービスと保障内容の学資保険、みらいのつばさ。
まずは、無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

みらいのつばさの口コミ評判

みらいのつばさの口コミでの評価は、どれくらい高いのでしょうか?

フコク生命で実際に加入した人の感想や、どうして契約までに至らなかったのか、その「決め手」に迫ります!

良い口コミ

良い口コミ
定収入の我が家では、返戻率云々よりも払込免除特約がある保険に入ることが目的でした。パンフレットのプランよりも低料金で、毎月1万円、払い終わる時期が17歳のステップにしています。

来年出産予定なので、兄弟割もありがたい。貯金するよりも賢い選択ができたと満足しています。

子どもが0歳の時に契約したので、毎月14,000円程度の支払いです。大学に備えたかったので、ジャンプ型にしました。

今は児童手当の範囲内ですが、その後も余裕をもって生活できるプランにしています。

将来、子どもがどんな選択をしてもサポートできるような学資保険を探していました。3社の保険外交員さんの話を聞き比べて、2番目に高い利率の保険がみらいのつばさでした。

利率の高さよりも、払込免除特約や死亡返戻金があったり、兄弟割引や赤ちゃんクラブなど、血の通った温かい学資保険だと感じたので契約しました。2人目もお願いしたくなる保険です。

悪い口コミ

悪い口コミ
契約時は大学費用に備えられるジャンプ型が良いと思ったのでそれで契約しましたが、今思うと18歳は良いとして、22歳のタイミングで受け取れるのは微妙かな、と。

どうせなら18歳に一括で受け取れる方が、入学以外にも車を買い与えるタイミングなのでベストだったと若干後悔しています。保障内容自体は、特約なども含めて良かったです。

夫婦で相談して、あらかじめ数パターンの支払いプランを立てたうえで、担当者の話を聞きました。確かに返戻率は良い。でも他の保険も似たような利率のものがあるし、いわれているほどのメリットはうちにはないと判断。

受け取るタイミングを早めることはできるけど、返戻率は大きく下がると聞かされたのであえなく断念しました。特に一括で支払った場合の返戻率は、他社の学資保険の方が断然上だったのでそちらに決めました。

高評価だった口コミは、「返戻率の高さ、行き届いた保障内容、ホスピタリティの高さ」が契約に繋がる決め手だったようです。

そして低評価や契約しなかった理由として、「受け取るタイミング(22歳より18歳のタイミングで多く欲しい)、一括払いの返戻率がイマイチ」という点が多かったです。

たしかに大学入学前のタイミングは、何かと費用がかかりますよね。

しかし、22歳頃のタイミングで発生する可能性がある費用として、リクルート活動費(スーツ一式など)、卒業旅行などもあります。

そして一括で高額の保険料を支払うメリットを望む方は、みらいのつばさはあまり向いていないかもしれませんね。

高い返戻率を謳う学資保険は他にもありますが、払込免除特約や死亡返戻金、兄弟割引などの特約がついていて、子どもの成長の相談もできるサービスがある学資保険は、あまりありません。

「子どもの成長や家族を支えるために作られた温かい学資保険」というところが、みらいのつばさが35万件以上の契約に繋がっている理由でしょう。

メリット・デメリット

みらいのつばさに加入したらどんなメリットがあるのか、デメリットといえる落とし穴があるのかを調査しました!

メリット

  • 105%を超える高返戻率
  • ライフイベントに沿った欲しいタイミングで、コンスタントに受け取れる
  • 総受取額の設定が細かくできて、自由度が高い
  • 死亡返戻金がある
  • 保険料の据え置きができる
  • 兄弟(姉妹)割引ができる
  • 別プランの医療保険を、パックで申し込める
  • 契約者の万が一にも安心

デメリット

  • 医療保障を特約で付けることができない

豊富なメリットと比べれば、なんてことのないデメリットに思えますが、医療保障にも加入したいと考える方にとってはかなりのデメリットです。

しかし、みらいのつばさは特約で医療保障をつけることはできないものの、フコク生命の医療保険「医療大臣プレミアエイト」をパックでつけることができます。

この医療大臣プレミアエイトは、20歳以下だとウェブ上でシミュレーションすることができないのがネック。また、保障内容が充実していることから、保険料も高めに設定されていることが予想されます。

もしかしたら学資保険みらいのつばさとパックで加入すると、特約と変わらない保険料になるような大幅な割引がある可能性があるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ・みらいのつばさはこんな方にピッタリ!

画像出典元 https://www.fukoku-life.co.jp/ad/tsubasa/index.html

複数ある学資保険から、ピッタリのものを見つけるのは苦労しますよね。

みらいのつばさをおすすめできるご家庭や、向いていないケースを確認してみましょう。

みらいのつばさをおすすめできる人

  • 高い返戻率を狙いたい
  • 満期に向かって、子どもが小さい頃から段階的に学資金を受け取りたい
  • 大学入学から卒業までに的を絞った備えができる保険がいい
  • 払込免除特約、死亡返戻金、兄弟割引などが付帯している保険がいい
  • 赤ちゃんクラブなどで、気軽に専門職のスタッフに相談できる場が欲しい
  • 医療保障をつけたい(他保険パックプラン可)
  • キティちゃんが好き

みらいのつばさが向いていないケース

  • 高額、一括払いで最高レベルの返戻率の学資金を運用したい
  • 大学入学前に全ての学資金を受け取りたい

おすすめできるご家庭を見てみると、段階的に学資金を受け取れたり、大学入学から卒業に備えられたりと、自由な設定がしやすい学資保険ということがわかりますね。

返戻率の高さに頼らず、サポート内容が充実しているのもみらいのつばさのポイント!

向いていないケースに当てはまるご家庭でも、プラン次第ではぴったりの保障内容になるかもしれないので、保険のプロである保険外交員やFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみてくださいね。

TOP