女性用育毛剤と発毛剤の違いとは?本気で薄毛に悩むならどっち?

女性の薄毛の原因

年齢を重ねるにつれて、「髪のボリュームが減ってきた…」「分け目が気になる…」「抜け毛が増えてきた…」というような薄毛に悩む方が増えてきています。

髪に良いといわれる高いシャンプーを使ってみたり、頭皮のマッサージをしてみたりと、対策をとられている方も多いのではないでしょうか。

薄毛といえば「AGA」という言葉を聞くことも増えてきましたが、AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のこと。

男性の薄毛は、男性ホルモンが原因で起こり、おでこが後退したり頭頂部が5円玉のようにはげてくるのが特徴です。実は中高年の女性にも軽度のAGAがみられることもあります。

しかし女性の薄毛はAGAだけではありません。多くの女性にみられる薄毛の特徴として、分け目や頭頂部の髪が薄くなり皮膚が透けて見える、というタイプもあります。

更年期前後になるとこのような薄毛になる方が増えてきます。医学的には「びまん性脱毛症」といわれている薄毛のタイプです。

女性の薄毛の原因は実はとっても複雑です。薄毛になる原因はさまざまあり、遺伝や加齢、ストレス、栄養不足、女性ホルモンの減少によるヘアサイクルの乱れなど。

原因はひとつではなく複合的にある場合もあります。人それぞれ原因が異なるので、その人に合った対策をとる必要があります。

女性の薄毛の一般的な治療方法は、男性のAGA治療とは異なり、頭皮のケアや血行促進、ホルモンバランスを整えるというような方法が多く、育毛剤が使われることが主流です。

しかし、この育毛剤というのが難点なんです!

頭皮環境の乱れのせいで抜け毛が多い方などは、育毛剤で薄毛が改善する可能性があるのですが、思うような効果が出ない方も多くいます。

それはなぜでしょうか? まずは薄毛対策に使われることが多い、育毛剤や発毛剤について詳しくみていきましょう。

育毛剤・発毛剤とは

薄毛を治すにはさまざまな方法がありますが、最も一般的な方法は育毛剤や発毛剤といった塗り薬を使うことです。ドラッグストアやネットショップでは、いろいろな商品が販売されています。

ここで問題です!育毛剤と発毛剤の違いってなんでしょうか? 育毛剤と発毛剤は同じものと思ってはいませんか!?

実は、育毛剤と発毛剤では、目的や効果が全然違うのです。

育毛剤と発毛剤の違いについて解説していきます。

【育毛剤】

頭皮を保湿したり、血行を促進し栄養を与えることで、髪が生えやすくなる環境を整える。ハリやコシのある強い髪を育て、抜け毛を予防する。

→頭皮環境を整える、抜け毛を防ぐ

【発毛剤】

毛の成長をつかさどる毛乳頭細胞に働きかけることで、毛母細胞を活性化させ、発毛を促す。ヘアサイクルの乱れを整えることで、新しく生えた毛を強い毛に育てる。

→強くて健康な新しい毛を生やす

育毛剤と発毛剤は似ているようで、目的や効果は全然違うのです! なぜこのような違いがでるかというと、実は育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「医薬品」だからです。

「医薬部外品」とは「予防」を目的としたものであり、厚生労働省が許可した有効成分が配合されています。

それに比べて「医薬品」とは「治療」を目的としたものであり、厚生労働省より効果が認められた有効成分が配合されています。

病院で処方するものもあれば、ドラックストアで購入できるものもあります。少しわかりずらいですが、医薬部外品と医薬品を比べると、医薬品の方が効果が高いといえます。

育毛剤と発毛剤の成分の違い

育毛剤と発毛剤に含まれる主な成分の違いをみていきましょう。髪や頭皮に有効な成分はいろいろとありますが、主要な成分を紹介します。

【育毛剤】

  • L-アルギニン(血行促進)
  • アスコルビン酸(過剰皮脂の抑制)
  • センブリエキス(血行促進、抗酸化)
  • キャピキシル(毛母細胞の修復)
  • パントテニルエチルエーテル(毛母細胞の働きを活性化させる)など
センブリエキスの効果とは?育毛の効果や副作用ってどんなもの?センブリエキスってなに? センブリエキスとは、日本や中国、朝鮮半島に自生しているリンドウ科植物センブリの全草から「水」「エタノール」「...

【発毛剤】

  • ミノキシジル
  • リデンシル
  • その他の成分は育毛剤と同様
リデンシルの効果とは?育毛の効果や副作用ってどんなもの?突然ですが、「リデンシル」って聞いたことありますか? 知る人ぞ知る、今話題の育毛成分なんです! 育毛成分といえば「ミノキシジ...

商品によっては有効成分が異なることもありますが、一般的には育毛剤と発毛剤の主な違いはミノキシジルが入っているかどうかです。

ミノキシジルは医薬品である発毛剤にしか配合を認められていない成分。ミノキシジルが配合されているかどうかが、新しい毛が生えるかどうかの重要なポイントです!

髪が生える唯一の成分!?ミノキシジルとは

ミノキシジルとは髪を生やす唯一の成分といっても過言ではありません! そんな夢の成分であるミノキシジルとは一体なんなのでしょうか。

ミノキシジルは壮年性脱毛症を改善してくれる成分で、「発毛」と「抜け毛の予防」に効果を発揮します。

髪にはヘアサイクルというものがあり、それが正常に整っていることが健康な頭皮や髪の条件です。

ヘアサイクルとは成長期、退行期、休止期にわかれており、新しい髪が生えて成長し、やがて抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。

壮年性脱毛症になると、成長期に十分に髪が成長しないために、髪がしっかりと育たないまま早く抜け落ちてしまいます。いわゆる薄毛の状態です。

しかしミノキシジルの血管を拡張させる作用のおかげで、血行を改善し髪の毛を作る毛母細胞により多くの栄養や酸素を送ることができます。

そのため成長期にしっかりと毛を成長させることで、太くて健康な毛に成長させます。その結果、髪が生えやすくなったり、抜け毛を予防することができるのです。

ミノキシジルは発毛にとても有効な成分ですが、注意する点がいくつかあります。

まずは配合濃度に要注意です!おすすめのミノキシジルの濃度は男性は5%、女性は1%。濃度が濃い方が、髪が早く生えるからいい、と思いますよね!?

しかし濃度が高いとかゆみや炎症などの副作用が起きる心配があります。

また妊娠の可能性がある方はミノキシジルの使用はNGです。胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用しない方が良いでしょう。

そして一番のポイントは、「自分に合っているかどうか見極めてほしい」ということ!

”ミノキシジルは髪の毛が生える夢のような成分!!”といっておきながら、アレなのですが…

女性の薄毛が改善するかどうかは個人差があります。なぜかというと、ミノキシジルは「壮年性脱毛症」に特に効果がある成分だから。

その他が原因で起こった薄毛には、あまり効果を発揮しない可能性もあるのです…

あなたに合うのは育毛剤?発毛剤?

ではここまで育毛剤や発毛剤について解説していきましたが、実際にあなたに合うのはどちらなのでしょうか?

  • 抜け毛を予防したい
  • 髪のボリュームが減ってきた
  • 髪の毛のハリやコシが減ってきた

こんな方には「育毛剤」がおすすめです。育毛剤は、抜け毛を予防したり頭皮環境を整えることで、薄毛になるのを防ぐ役割があります。

また発毛剤と比べて、値段が安価で商品数も多いので選びやすいのが良い点です。効き目が穏やかなので、副作用が心配な方でも安心して使えるでしょう。

女性用育毛剤おすすめ15選!40代髪の悩み別で選ぶ育毛剤ランキングボリュームダウンやハリ・コシの低下、抜け毛などは加齢によるホルモンバランスの低下などが原因で誰にでも起こることです。 そこ...
  • 髪が薄くなってきた部分がある
  • 地肌が透けて見える
  • 分け目がぱっくりと割れている

こんな方には「発毛剤」がおすすめです。すでに薄毛に悩んでいる方には、毛を生やす効果のある発毛剤の方が有効的です!

しかし発毛剤は男性向けばかりで、女性向けの商品はあまり販売されていないため、選びづらいのが難点です。

 

薄毛を本格的に改善したいならクリニックに頼ろう

育毛剤や発毛剤を自分で選んで使ってみるのもよいですが、女性の薄毛の原因は加齢や遺伝、ストレスなど人によってさまざまです。

その人に合わせた対策が必要になりますが、原因を自分では見極められないことも多いでしょう。

「自分に合った治療をしたい」「本格的に薄毛を改善したい!!」という方にはクリニックに通うのがおすすめです。専門医が診察をして、あなたに一番適した治療をおこなってくれます。

女性におすすめの頭髪クリニック

【ヘアメディカルビューティー】

ヘアメディカルビューティーは、F.M.L(近未来医療研究会)という頭髪医療の研究機関の関連施設です。

F.M.Lでは最新の研究内容を集め、ひとりひとりに合わせた治療方法を判断して最先端の治療を行ってくれます。

また無料カウンセリングを行っており、相談のみの場合は一切費用もかかりません。治療を開始する際は、事前に費用の説明があるため安心できます。

そして専門医が毎月頭皮の状態を診察してくれるため、そのときの状態に合わせた治療や薬の処方をしてくれます。

東京と大阪のクリニックは女性専門のクリニックです。名古屋と福岡は女性専門ではないですが、女性専用の待合室があったり、女性スタッフが対応してくれたりと、女性も通いやすいようになっています。

【費用】
初診料は15,0000円(税抜)

毎月の治療費は15,000~32,000円(税抜)前後。費用内容は月1回の診察と医薬品処方(30日分)です。

【期間】
個人差がありますが、多くの方が3~6ヶ月程で発毛の兆しが見られます。

【所在地】

  • Dクリニック東京 ウィメンズ(東京・丸の内)
  • Dクリニック名古屋(名古屋・栄)
  • Dクリニック大阪 ウィメンズ(大阪・梅田)
  • Dクリニック福岡(福岡・天神)

【治療の流れ】
いきなり治療は始まらないので安心してください。まずは無料カウンセリングで、クリニックでの治療の説明があります。

いざ治療となると、費用や時間もかかることなのでたくさん悩んで大丈夫!

《無料カウンセリング》

(カウンセリングの予約・受付)
WEBで予約

(問診票への記入)
過去の病歴やアレルギーの有無、髪についての質問などを答えます

(担当スタッフによる無料カウンセリング)
クリニックの治療内容や期間、費用についての説明があります。
無理な勧誘などはありませんので、安心できますよ!

無料カウンセリングで説明を受けて納得したら、診察につづきます。

《診察》

(頭部写真撮影)
発毛効果を観察するために、頭部の写真撮影を行います。
治療前の状態を写真に撮ることで、治療の経過状況をしっかり確認することができます。

(診察)
専門医があなたの髪や頭皮、身体全体の健康状態を診察。
食事や生活習慣、ストレスなど多角的に薄毛の原因を探し、あなたに合った治療方法を一緒に考えてくれます。


(血液検査)
診察後、治療を希望される方は、薬の投与が身体に影響がないかどうか血液を採取し調べます。
検査の結果は約1週間程で出ます。

初診
費用:頭部写真撮影・診察10,000円(税抜)
   血液検査5,000円(税抜)
   計15,000円(税抜)
時間:2時間ほど(カウンセリング含む)

《治療開始》

(血液検査の結果報告)
治療開始の意志の再確認があります。もし治療をやっぱり辞めたい…という場合はここで断ることもできます。また悩んでいる場合は、とことん相談しましょう。

(治療薬の処方)
外用薬・内服薬が30日分処方されます。

《通院》

(約1ヶ月ごとの診察)
専門医による診察と、経過をみるための頭部の写真撮影
(治療薬の処方)
外用薬・内服薬が30日分処方されます。

月額費用:15,000~32,000円(税抜)(診察・治療薬含む)

※診察内容により若干変動があります。

さらに、実際に東京・名古屋・大阪・福岡の4院を通った方の良い口コミ・悪い口コミを集めてみました。

良い口コミ

カウンセリングでも診察でも、丁寧に話を聞いてくれ対応がきめ細やかに感じました。
勧誘が少ないのも良かったです。クリニックの雰囲気がよく、きちんとしているので、安心して通えます。
他のクリニックにも行ったことがありますが、医療ローンを組む必要があり費用がかなりかかりました。しかしこちらのクリニックは都度払いの明朗会計なので、どれくらいお金がかかるだろうか…とドキドキすることがなかったので安心でした!
今まで育毛剤を使っていましたが効果を感じられなかったため、いろいろ調べた結果クリニックに通うことにしました。私は、飲み薬と塗り薬を処方されたのですが、3カ月程で髪のボリュームがアップしてきました。自分に合う薬を使うことって大事ですね。

内服薬・外用薬など600以上の組み合わせから、あなたにあった治療薬を処方してくれるそうですよ!オーダーメイドの治療なので、確かな効果がでるようですね!

悪い口コミ

完全予約制なので混み合うのか、なかなか予約が取れません。予約なのに待ち時間がかかるときもあります。生活のアドバイスを教えてくれたり、丁寧に診察をしてくれるので、一人ひとりの診察時間が結構かかるんだろうなぁ。
待合スペースがみんな一緒なので、恥ずかしいです…クリニックの雰囲気もいいし、効果も出てきた気がするのですが、待っている時間が苦手です。
毎月30,000円の出費は正直痛いです…これで効果が出れば良いですが、治療を始めて1か月程ですが、まだ髪が生えてきた感じはしません。

薄毛の治療は保険が効かず自由診療になるので、たしかに費用は高いです。しかし人によって金額は異なるので、まずは無料カウンセリングで話を聞いてみましょう。

まとめ

薄毛ってなかなか人に相談しづらいですが、深刻な悩みですよね!髪は顔の額縁ともいいますが、髪にボリュームがあり整っているだけで、若々しくおしゃれにみえます。

薄毛の原因は人それぞれですが、その分、解決する方法もたくさんあるともいえます。

シャンプーや育毛剤、頭皮マッサージなど、さまざまな方法を試してきて効果が出なかった方も、別の方法で改善するかもしれません。それには自分に合った方法を試すのが一番。

この機会にぜひ、髪と真剣に向き合ってみませんか?

TOP