40代の脱毛部位は「脇、脚、腕、VIO、顔 」どれが人気?

40代女性が脱毛を始める場合、どの部位を脱毛したらいいか悩むのではないでしょうか。

おすすめの脱毛箇所は、ムダ毛が邪魔だと思っているところ。一番自己処理をする回数が多いのが脇だと思います。脇の脱毛は絶対したいと思っている人も多いです。

次に、脚や腕など人から見える部分のムダ毛をなくしたいと思っている人もいるでしょう。

ここでは、40代女性が脱毛する場合、人気の部位はどこなのか、どの部分のムダ毛を処理するのがおすすめなのかを紹介していきます。

脱毛施術の定番「わき脱毛」

脇は、自己処理の回数が一番多い部分ではないでしょうか。

ノースリーブの洋服を着なくても半そでの時期には、脇ぐりの間から見えるかもしれないと思って、脇のムダ毛処理をを頻繁に行います。

わき脱毛を自己処理で行うのが面倒だと思って、若いころに脇だけは脱毛をしているという人も結構います。

脇の脱毛をしていないなら、どの部位よりも先にわき脱毛はしておいて損はないです。

面倒な自己処理から解放されると、半そでやノースリーブの洋服を着てもわきのムダ毛が気にならないので、おしゃれの幅も広がります。

ただし、脇のムダ毛を処理すると脇汗が多くなるという声を良く聞きます。実際のところ、わき脱毛をしたからと言って脇汗が増えるわけではありません。

しかし、脇にムダ毛があるころには脇から汗が出ても、ムダ毛によって汗がキャッチされていました。ムダ毛がなくなればキャッチしてくれるものが何もないので、脇汗が流れやすくなるので、多くなったと感じてしまうのです。

案外見られる「脚」と「腕」

脚と腕も案外人の目にさらされる箇所です。特に膝から下の足の部分とひじから下の腕の部分です。

40代になると代謝を上げるためや、体についた脂肪を何とかしたいと運動を始める人が増えます。近所のジムに通ったり、ヨガを始めたり、友人同士でウォーキングをする人もいるでしょう。

そんな時には、スポーツウェアを着用しますが、腕や足を出すので、運動をするたびにムダ毛の処理をするのは面倒です。脚や腕を脱毛しておくと、いつでもムダ毛のないきれいな肌でいられますよ。

始める人の多い「VIO」

最近は、脇脱毛の次にVIOを始める人が多くいますが、これは40代女性でも同じです。

きわどい下着やきわどい水着を着る機会もないのに、40代になって今さら?と思うかもしれませんが、VIO脱毛を希望する人は多いです。

VIOを脱毛すると生理の時の不快感が無くなりますし、ショーツの中で蒸れることもないので、嫌なにおいがすることもなくなります。

また、最近は老後のことを考えてVIO脱毛を始める人もいるようです。老後、もしかすると、第三者に介護されることになるかもしれません。体が動かなくなって、下の世話も頼らなければならなくなる可能性もあるでしょう。

そんな時に、VIOをきれいに整えておけば、下の世話が楽だし、排せつ物が付くこともないので、綺麗でいられるだろうと考えているのです。

後は、白髪になってしまう前にある程度ムダ毛を整えてきれいにしておきたいと考えている人もいます。

40代と言えば徐々に白髪が気になってきますよね。白髪になるのは髪の毛ばかりではありません。アンダーヘアも白髪になります。あまりにも白髪が増えると、年を取った気分になってしまいますよね。

白髪になると脱毛をすることもできなくなってしまいます。その前に、ムダ毛を処理しておこうと考えているのです。

VIO脱毛のメリット・デメリット

VIOを脱毛するといつでも清潔でいられるのが大きなメリットです。老後に介護をされる側になってもデリケートゾーンが不潔に汚れることもないでしょう。

ただしデメリットもあり、一度脱毛をすると二度と毛が生えてきません。ムダ毛は必要ないと思ってつるつるにしてしまい、その後に後悔しても毛をはやすことはできないのです。

VIOのデザインは慎重に考えてから決めることをお勧めします。

医療脱毛で行うと短期間で完了

VIO脱毛は医療機関でも脱毛サロンでも可能です。

VIO部分は非常にデリケートな部分のために、痛みが比較的感じにくい脱毛サロンであっても、施術で強く痛みを感じる人が多いです。

もちろん医療脱毛でも痛みを感じやすいです。ただし、医療脱毛の方は医師が施術を行うために、痛みを感じやすい場合には事前に言っておけば、麻酔を使用してもらえます。

しかも医療脱毛のVIO脱毛5回から6回程度あれば脱毛が完了します。

一方脱毛サロンの方は痛みがあっても麻酔を使ってもらえませんし、脱毛回数も医療脱毛の倍以上かかります。この点を考えても、VIOは医療脱毛で行うのがおすすめですね。

いつごろまでにVIO脱毛をするとよいのか

VIOに白髪が増えてしまうと思うように脱毛ができなくなってしまいます。これは脱毛機器が白髪の脱毛はできないからです。

髪の毛に白髪が多くなっても、アンダーヘアーの方が白髪になるのはゆっくりとしたペースになっています。VIO脱毛を希望するのであれば、白髪が多くなってしまう前、40代後半までには施術を行うと良いでしょう。

顔脱毛で美肌に

日焼け止め

顔には産毛がありますが、この顔の産毛を処理するとメイクのノリが格段にアップしますし、美肌にも美白にもなれるって知っていましたか?

以前マツコの番組でも顔の脱毛を取り上げていましたが、今40代女性に顔の脱毛が人気です。

40代の女性はホルモンのバランスが崩れやすい状態です。ホルモンバランスが崩れることで更年期にもなるのですが、バランスが崩れると顔の産毛が濃くなることがあります。

若いころは顔の産毛なんて気にもならなかったのに、最近は顔の産毛が濃くなってきたから定期的にカミソリで剃らなければならない、という人もいるでしょう。これはバランスが崩れている証拠ですね。

カミソリで頻繁に沿っていると色素沈着をおこしますし、何よりも皮膚の薄い顔にカミソリを何度も当てていると、肌トラブルの原因になってしまいます。このような人こそ顔脱毛がおすすめです。

脱毛したい部位が多いなら思い切って全身脱毛

脇も腕も脚も顔もVIOも気になるムダ毛をすべて脱毛したいというのであれば、部分脱毛を繰り返し行っていくよりも全身脱毛がおすすめですよ。

全身脱毛というと脱毛サロンでできると思っている人も多いと思いますが、医療脱毛でも全身脱毛に対応しています。

脱毛サロンでは全身脱毛を月々低価格で利用できるとうたっているところもありますが、たいてい低価格のところは1回で全身の脱毛をするのではなく、4回が1サイクルなどになっており、4回の脱毛施術をして初めて全身の脱毛ができるというものです。

脱毛効果が弱い脱毛サロンでゆっくりと全身脱毛を行っていたら、全身のムダ毛処理が完了するには何年かかるかわかりませんよね。

その点、医療脱毛を利用すれば、脱毛効果が高いので、多少お金はかかりますが、効率よくムダ毛を処理していくことができます。

デリケートな40代の肌

40代の肌はほかの年代の人たちと比べてデリケートです。年齢を重ねると肌がごつくなるから、デリケートとは正反対ではないの?と思っていませんか。

切り傷をしても若いころのようすぐに治らなくなったと思っているでしょう。打ち身があってもなかなか治りづらい。これはすべて肌がデリケートになっているからです。

デリケートな肌の40代の脱毛では、肌トラブルが無く完了することが重要です。

その点、医療脱毛であれば医師が施術を行うので、安心感が大きいです。もちろん、脱毛サロンでもエステティシャンが丁寧に施術をしてくれるので、肌トラブルが起きると決まっているわけではありません。

ただ、肌トラブルが起きないとも限りませんよね。万が一肌トラブルが起きても医師がいればすぐに対応してくれるので、ひどい状態になることは避けられます。

脱毛機器を使用するときに誤って照射力を高く設定しすぎることもないでしょう。

事前に丁寧なカウンセリングがあり、肌質も把握してくれた上で、施術が行われるので、利用者の肌に合った照射力で脱毛施術を行ってくれるので、信頼して任せられるのです。

このため、40代女性の脱毛には医療脱毛がおすすめで最適と言えます。

まとめ

ひらめきネコ

40代女性が脱毛をするのにおすすめなのは、脇、脚、腕、VIO、顔の脱毛です。

これらの箇所にムダ毛が無ければ、自己処理に時間をかけることもなくなりますし、ムダ毛を気にすることもなくなるので、いつでも気兼ねなくお洒落を楽しむことができます。

どんな服装でも、ムダ毛のことを気にせずに着用できますよ。

脇、脚、腕、VIO、顔すべての脱毛をしたいと希望するのであれば、全身脱毛がいいでしょう。部分的に脱毛していくよりも全身脱毛を選択した方が費用も安く済みます。

全身脱毛であっても医療脱毛で行えます。脱毛サロンでは安価な費用で全身脱毛をすることができるところもありますが、脱毛効果が低いので、全身の脱毛が完了するまでには何年もかかってしまうでしょう。

40代女性の肌はデリケートですし、効率よく脱毛をすすめたいなら、医療脱毛が最適です。

医療脱毛で気になる部位の脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?

ムダ毛が無くなると自分に自信が付きますし、自己処理に時間を取られることもなくなるので、かなり楽になります。

また、ムダ毛がなくなったツルツルの肌は本当に綺麗ですし、気持ちがいいですよ。

関連記事
TOP