ビーグレントライアルセットを徹底紹介|8種類から何を選べば?

スキンケアアイテムの中で人気ブランドの一つがb.glen(ビーグレン)です。

著名人も多く使用するビーグレンには、様々なシリーズのセットがあるので、自分の素肌の悩みに合わせたケアをすることができます。

今回はそんなビーグレンの各シリーズについて特徴を紹介するとともに、口コミや各アイテムの使い方について紹介します。

ビーグレンとは?

ビーグレンは、ひとりひとりの肌に向き合い、サイエンスから生まれる効果で肌の悩みを解決し、しあわせな肌へ導くことをコンセプトとしたスキンケアブランドです。

まずはお試し!ビーグレン8種のトライアルセット

画像参照元 https://www.bglen.net/products/list?category_id=7

ビーグレンのスキンケアアイテムは8種類ものシリーズがあり、それぞれにトライアルセットがあります。

しっとり肌、さっぱり肌など、ざっくりした種類の展開が多い中、自分の肌悩みのシリーズを試せるなんてとてもありがたい。

・ホワイトケア トライアルセット
・毛穴ケア トライアルセット
・たるみ・ほうれい線ケア トライアルセット
・ニキビ跡ケア トライアルセット
・ニキビケア トライアルセット
・目元ケア トライアルセット
・乾燥・保湿ケア トライアルセット
・エイジングケア トライアルセット

まずは各シリーズの特徴について確認してみましょう。

ホワイトケア トライアルセット

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/TWNA

年齢を重ねるとともに、素肌のシミやくすみが気になり出すことも多いでしょう。また、紫外線を多く浴びる時期には、肌へのダメージ外になるものです。そのような時に役立つのが、ホワイトケアシリーズのトライアルセットです。

ビタミンCやハイドロキノンなどの美白有効成分が配合されているので、メラニンの生成を抑えてシミができるのを抑える働きがあります。また、ハイドロキノンにはメラニン還元作用もあるので、できてしまったシミを薄くする効果も期待できます。

ホワイトケアはこちら

毛穴ケア トライアルセット

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/TPOA

オイリー肌の人などは特にそうですが、毛穴に皮脂や古い角質が詰まることで毛穴が開いて目立ってしまうことがあります。毛穴が目立つとメイクノリも悪くなってしまいますから、深刻なコンプレックスを感じている人も多いものです。

毛穴ケアのトライアルセットにはクレイ洗顔料などが含まれているので、素肌の毛穴に詰まった古い角質や汚れをすっきりと落として毛穴を引き締めることができます。

毛穴ケアはこちら

たるみ・ほうれい線ケア トライアルセット

年齢を重ねると、肌の潤いや弾力を保つための成分の分泌量が低下するので、たるみやほうれい線が気になり始めます。エイジングケアをするためにはこれらのケアをしっかりと行うことが大切です。

ビーグレンのたるみ・ほうれい線ケアのトライアルセットには、コラーゲンやヒアルロン酸などの弾力を保つために成分を豊富に含んでいるのがポイントです。肌のハリを高めて、たるみをしっかりケアすることができます。

たるみ・ほうれい線ケアはこちら

ニキビ跡ケア トライアルセット

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/TSDA

ニキビができやすいは、ニキビが治った後のにきび跡にも悩まされてしまうものです。ニキビが酷いとクレーターなどになってしまうこともあり、悩ましいものです。

ニキビ跡ケアのトライアルセットは、デリケートなニキビ肌をケアするために肌に優しい成分を配合し、コラーゲンやヒアルロン酸などの潤い成分で素肌をしっとりとケアして、ニキビ肌の目立たない状態に導くことができます。

ニキビ跡ケアはこちら

ニキビケア トライアルセット

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/TACA

ニキビ跡も気になりますが、オイリー肌の人などはニキビ自体もしっかりとケアしたいものです。ビーグレンのニキビケアセットは、クレイ洗顔料などが含まれているので毛穴の古い角質などをしっかりと落として炎症が起こりにくい状態を維持することができます。

インナードライの人などは肌が乾燥すると皮脂の分泌量が増えてニキビが出てしまうこともありますが、肌をしっとりと潤すヒアルロン酸などの成分が含まれているので、乾燥によるニキビも対策することができます。

ニキビケアはこちら

目元ケア トライアルセット

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/TEAA

目元は他の部分よりも皮膚が薄く、乾燥しやすいので肌の老化が気になりやすい部分でもあります。皮脂腺も少ないのでどうしてもかさつきを感じやすく、ダメージもダイレクトに伝わってしまうのでしっかりとケアをしなければなりません。

ビーグレンの目元ケアトライアルセットには、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれているので、若々しく印象的な目元を保つことができます。

目元ケアはこちら

乾燥・保湿ケア トライアルセット

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/TDMA

乾燥は一気に肌の老化を加速させてしまうので、しっかりと保湿してケアをしておかなければなりません。エイジングケアのためには肌の潤いやハリを保つための成分を補給することが大切です。

このトライアルセットには、保湿型のビタミンCが含まれており、これが角層の奥まで素早く浸透することでみずみずしい素肌を保つことができます。

乾燥・保湿ケアはこちら

エイジングケア トライアルセット

肌老化が気になり始めたら、ビーグレンのエイジングケア トライアルセットを試してみると良いでしょう。水分量が減って感想しがちになる素肌をそのままにしておくと、一気にたるみなどの肌老化が深刻化してしまいます。

このセットにはヒアルロン酸やレチノール、コラーゲンなどの豊富なエイジングケア成分が含まれているので、肌を効率的に潤して年齢肌のケアをすることができます。

エイジングケアはこちら

ビーグレンスキンケアアイテムの基本的な使い方

ビーグレンのスキンケアアイテムは、どのように使用すると良いのでしょうか。ここからは効果的に生かすための基本的な使い方について紹介していきます。

クレンジング

画像出典元https://www.bglen.net/products/detail/NOC1

クレンジングを使用する際にはまず、2〜3プッシュほどを手のひらにとります。普通肌や脂性肌の人は2プッシュ程度で十分ですが、乾燥が気になる人や肌がデリケートな人は3プッシュほど使うのがおすすめです。

手にひら全体で軽く擦り合わせたら、顔全体に付けて力を入れずに軽く内側から外側に伸ばしていきます。この時、円を描くように広げていくと汚れが馴染みやすくなります。

しっかりとクレンジング剤を素肌になじませた後は、あまり時間をおかずにぬるま湯を使ってクレンジング剤を洗い流します。先に少量の水を手にとってクレンジング剤になじませる「乳化」という方法を使うと、クレンジング剤とぬるま湯がよくなじんですっきりと落とすことができます。

クレンジング後は、手持ちのものやビーグレンの洗顔料を使って顔を洗います。

洗顔料

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/KCW1

クレンジング後に洗顔をする場合には、まずぬるま湯をつけて顔を濡らしておきましょう。その後さくらんぼ大ほどの大きさの洗顔料を取り出し、少し両手でこすりあわせてから素肌に載せます。

肌に洗顔料を乗せた後は、顔全体に広げながら優しくマッサージをするように広げていきます。ビーグレンの洗顔料は泡立たない設計になっているので、ゴシゴシこすって肌を傷つけないように注意してください。

最後に再びぬるま湯を顔につけて洗顔料がしっかりと落ちるまですすげばケアは完了です。髪の生え際などは洗顔料が残りやすいので、注意しましょう。洗顔は1日1〜2回程度で十分で、洗いすぎは乾燥の原因となるので気をつけてください。

マッサージ美容液

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/QLS1

QuSomeリフトは、素肌をマッサージしながら使用する美容液です。1回あたりの使用料は2プッシュ程度で十分なので、適量を守って手に取り、少し手先でなじませてから素肌につけていきます。

肌に乗せた後は内側から外側に向かってマッサージをするようにすると、シワのケアなどに役立ちます。とはいえ肌をこすりすぎると大きなダメージとなって乾燥しやすくなるなどのトラブルが起こるので、優しく伸ばしていくことが大切です。

マッサージをする場合には、年齢が出やすい首まわりも一緒にケアをすると、年齢肌による見た目の変化をケアすることができます。

美容液

マッサージ美容液で肌の血行を促すことができたら、今度は美容液をつけて素肌にしっかりと肌に栄養を補給します。ビーグレンの美容液にはCセラムとQuSomeレチノAとQuSomeホワイトエッセンスがありますが、基本的な使い方はどれもほとんど一緒です。

手のひらに適量の美容液を取ったら、軽く手でこすりあわせて額や眉間などの年齢肌が気になる部分に乗せていきます。顔全体になじませても良いので、自分の悩みに合わせて使用してみると良いでしょう。

目元や口元などの細かい部分に付ける場合には、上からしっかりと押さえて成分を浸透させましょう。肌全体に美容液をなじませたら、手で顔全体を包み込んでハンドプレスをして、美容成分を角層までしっかりと浸透させます。

目元用美容液

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/RES1

皮膚が薄く年齢が出やすい目元の部分は、他の部分の素肌よりもより丁寧に重きを置いてケアをしていく必要があります。

目元美容液はパール半粒分くらいの量を手にとって、上まぶたに2点、下まぶたに3点に分けておき、全体になじませます。目元にクリームをのせたら、目頭からこめかみ部分に向かってこすらず優しく叩きこむように広げていきます。目元はデリケートな部分なので、こすってしまうとダメージが大きくなるので、注意が必要です。

塗り広げる場合には、片手の中指と薬指を使って目尻側を広げ、反対の手で気になる部分に美容液を叩きこむように使うと効果的です。そのあと、下まぶたの目尻側から目頭側に向かって軽く指を動かし、目頭を押してそのまま数秒待ちます。美容液を塗ると同時に、目元のマッサージをすることで目元を若々しく保つことができるのです。

ゲルクリーム

画像参照元 https://www.bglen.net/products/detail/GQS1

ここまで美容液などで素肌をケアしたら、仕上げとしてゲルクリームを塗りましょう。ゲルクリ〜ムはパール1〜2粒大くらいの量を手にとって、素肌に乗せて全体に広げていきます。

素肌にクリームを塗る際には、クリームを額と顎、鼻と両ほほの5点に乗せてから内側から外側に向かって優しく伸ばしていきます。目元や口元の周りはデリケートな部分でダメージを受けやすいので、優しくクルクルと円を描くように塗り広げていくことが大切です。

素肌全体にゲルクリームを伸ばしたら、最後に顔全体を包み込んで軽く押さえ、肌に美容成分をなじませます。肌に効果的にクリームをなじませるために優しく押さえることが大切なのです。素肌にクリームが馴染むのを感じたら、ケアは完了です。

クリーム

画像参照元 https://www.bglen.net/products/detail/RQC1

ゲルクリームを使った後は、クリームを使ってさらに肌に潤いをプラスしてみると良いでしょう。乾燥肌の場合はゲルクリームだけでは肌がかさついてしまうこともあるので、油分の多いクリームを使ってしっかり保湿をすることが大切です。

クリームもパール1〜2粒ほどの大きさが適量なので、手にとってからゲルクリーム同様に額やあご、鼻と両ほほに置きます。肌にクリームをのせたら、内側から外側に向かって伸ばしていきましょう。目の周りもゲルクリーム同様に優しく円を描くように伸ばしていくことが大切です。

肌にクリームをのせたら、最後に手で顔全体を包み込んで、肌にしっかりと美容成分が浸透するようにハンドプレスをしていきます。手を乗せることで肌が温まると自然と美容成分も馴染みやすくなるので、重要なポイントです。優しく押さえる程度で十分なので、やりすぎには気をつけましょう。

フェイススキンケア以外の商品の使い方

スキンケアのステップで使用するアイテムの紹介をしてきましたが、ここからはプラスαで使うとおすすめのビーグレンのアイテムの使い方について紹介していきます。

ボディマッサージクリーム

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/AB1

顔と同じように、ボディのケアも重要なポイントです。体をマッサージしながら保湿をすることができるこのマッサージクリームは、効果的なアイテムと言えます。

ボディマッサージクリームをさくらんぼ大ほどの量を手にとったら、お腹や足、腕やヒップラインを優しくマッサージしながら伸ばします。お腹や背中は上から下にさすり下ろすようにマッサージして、足は下から上にさすり上げると効果的です。お尻をマッサージする場合には、外側から内側に円を描くようにさすりましょう。

UVカット化粧下地

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/NV01

ビーグレンのヌーディーヴェールは、素肌の毛穴などの悩みをカバーしてきれいな素肌を保つのに効果的なアイテムです。適量としてはパール1粒ほどなので、化粧水や美容液で肌を整えた後に素肌に乗せていきます。

手に取ったらまず両ほほに数点ずつ乗せて、内側から外側に向かって伸ばしていきます。そのあと額の眉上中央部分に数点乗せて、扇状になるように内から外へ塗り広げていきます。最後に目元や鼻や口に数点乗せて、内側から外側に向かって伸ばしていくのです。

全体に素肌に化粧下地を伸ばしたら、軽く手のひらで抑えてなじませればケアは完了です。

オーラルケア

画像出典元 https://www.bglen.net/products/detail/HAP1

ビーグレンではオーラルケアアイテムも扱っているので、使用してみると良いでしょう。歯みがき粉やデンタルクリーナーなどが取り扱われていますが、歯みがき粉を使う場合には通常の歯みがき粉同様に歯ブラシの上に乗せて使用します。

デンタルクリーナーを使用する場合には、歯の着色汚れが気になる部分に当てて軽くこするように動かすと、歯の黄ばみを落としてきれいな歯を保つことができるようになります。ステインが落ちることで、口臭などのケアにも役立ちます。

まとめ

今回は、スキンケアブランド「ビーグレン」のトライアルセットの特徴や、その使い方について紹介してきました。ビーグレンは美白や毛穴、ニキビなど肌のさまざまな悩みに対応した製品を豊富に揃えているので、自分の悩みにあったケアができます。

複数のスキンケアアイテムをお得に試すことができるトライアルセットは便利なものなので、購入を迷っている場合には利用してみると良いでしょう。

ビーグレン トライアルセット一覧はこちら

関連記事
TOP