雲のやすらぎの口コミ評判を徹底分析!買って後悔?高反発マットレス比較

雲のやすらぎ

日本人の10人に1人が抱えている、つらい腰痛の悩み。

もしかしたら、今使っている寝具にカラダが合っていないことが原因かも?

そこで今回は、医師もおすすめしている話題のマットレス、「雲のやすらぎ」の機能と口コミを分析して、腰痛や快眠対策に“買い”の寝具か否か、徹底的にチェックしてみます!

雲のやすらぎの詳細を見る

雲のやすらぎの価格と特徴

相撲界で活躍する千代丸関も愛用している、高反発マットレス「雲のやすらぎ」は、腰の痛みはもちろんのこと、眠りのお悩みも抱えている人にも、理想的な快眠を提供する寝具として大評判です。

他のマットレスと比べても、機能性が非常に高いこのマットレスは、ライフスタイルや好みに合わせて3サイズから選べます。

シングルサイズ
(100×200×17cm)
39,800円
セミダブルサイズ
(120×200×17cm)
49,800円
ダブルサイズ
(140×200×17cm)
59,800円
雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php
雲のやすらぎはこんなマットレス
  • 腰に優しい高反発タイプで、睡眠中にかかるカラダへのストレスが軽減される
  • マットレスがへたりにくいから、末永く快眠をサポートできる
  • バツグンの通気性があり、汗の水分をすばやく放湿できる
  • 両面使えるリバーシブル仕様で、季節に合わせた睡眠環境で眠れる
  • ダニや細菌の発生を安全な加工で防ぎ、アレルギー予防する
  • 有害物質や羊毛のニオイを抑えているので、小さなお子さんでも安心
  • 品質管理を徹底するため、素材選びから製造・加工、検品、発送まで、国内工場で実施

1万円前後の寝具と比べたら、少し値段が高いと感じられる雲のやすらぎですが、激安寝具にはない機能が満載。

とくに、寝具が原因で発生する腰痛を防ぐ工夫は、口コミでも高い評判を得ていて、医師が推奨する理想的な環境を実現してくれるんです。

起床時に腰や背中が痛いと感じるのはなぜ?

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

朝起きたら腰や背中が痛く、気分もスッキリしない・・・。

疲労を回復させる睡眠をとった後なのに、どうしてこのような不快症状が発生するのか、不思議に感じませんか?

原因の1つとして考えられるのは、カラダの重さをマットレスなどの敷き寝具が、適切に分散できていないことです。

マットレスに横になって頭を乗せた時は、体重の8%が頭部、33%が背中、44%が腰、そして残りの15%が足に分散されるのが理想とされています。

しかし、敷き寝具に厚みや反発力がなかったり、素材がへたって腰が沈み込んだりすると、バランスが崩れて体の一部に圧力が集中してしまうんですね。

このような状態を放置しておくと痛みが慢性化して、他の症状や病気を併発することもあります。

ですから、マットレスは寝心地だけでなく、体圧分散機能や素材の反発力も重視してください。

みなさんが今使っているマットレスや敷布団は、横になった時に腰が沈むようになっていませんか?

腰に限らず、カラダの一部が圧迫されるようでしたら、それはカラダに合っていない証拠。

寝具を買い替えるサインだと認識して、快眠と腰痛などの症状解消のために、機能性の高いマットレスに買い替えることを検討しましょう。

整形外科医が雲のやすらぎを勧める理由

雲のやすらぎの評判が高いのは、整形外科医が推奨する寝具環境を実現していることも要因になっています。

では、具体的に快眠や腰痛防止のために、マットレスにどんな機能が備わっているのか、詳しくチェックしていきましょう。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

1. 体圧をスプリングのように押し返せるマットを使用

雲のやすらぎは、反発力が非常に高い「高反発スプリングマット」を真ん中に配置し、その上下から凸凹になったウレタン素材が挟み込むように層を形成しています。

凸凹の点がカラダの重さをしっかり支え、マットレスの沈み込みをスプリングが跳ね返す。

このような仕様になっているため、体重が重い方でも腰が沈み込まず、理想的な体圧分散を実現するんです。

また、寝返りをうった時も、凸凹部分にかかっている圧力が素早く解放されますし、背骨の緩やかなカーブもしっかりサポートします。

こうした機能によって、寝苦しくて夜中に目が覚めるということもなく、朝までグッスリ眠れると評判が高まっているんです。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

2. 腰を冷やさない羊毛を採用

睡眠中の腰痛を引き起こす原因として、もう1つ注目したいのが「腰の冷え」です。

筋肉が冷えてしまうと緊張状態になり、大きなストレスがかかります。

毎晩、このような症状が続くと腰が歪んでいき、背中やおしり、首のあたりまで痛みが広がっていくんですね。

こうしたトラブルを防ぐためにも、腰は常に温めておく必要があります。

雲のやすらぎはこの点にも注目して、表面の生地に最高品質の羊毛も採用しました(ウレタン素材の上部に配置)。

この素材おかげで、腰を冷やすことなく、寝心地のよさもアップしているのです。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

3. マットの凸凹と羊毛が快眠環境をつくる

寒い冬でも、わたしたちはひと晩に約200mlもの汗をかきます。

汗の水分の70%は、敷き寝具に浸みこんでいきますから、通気性の悪いマットレスなどを使っていると、布団の中が蒸れた状態になってしまい、寝苦しさを感じてしまうのです。

さらに、寝具内の温度が上がって湿度も高まると発汗量が増加し、汗がカラダにまとわりつくようになります。

この汗が蒸発する時に体温が奪われてしまうため、冷えが促されてしまうんです。

その点、雲の安らぎは、マットレスの凸凹の間に水分を放湿する空間ができており、羊毛も吸湿をサポートすることから、理想的な温度と湿度を保てるようになっています。

こうした機能も腰の冷え防止につながることから、多くの整形外科医がこのマットレスおすすめしているというワケなんですね。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

寝返りサポート力も高い

わたしたちは、眠りについてから起きるまでの間、20回ぐらいの寝返りを打ちます。

寝返りは、同じ姿勢をとることで発生する圧力や体熱を放出しつつ、深い睡眠から浅い睡眠に切り替えるための行動です。

しかし、人気の低反発ウレタン素材のように、沈み込みが激しいマットレスだったら、カラダの体重移動がうまくできず、寝返りが打ちにくくなってしまいます。

また、硬い繊維系の素材になると、寝心地の悪さを感じて寝返りの回数が増えてしまい、疲労回復につながる深い眠りが得られなくなるのです。

雲のやすらぎの適度な反発力は、こうした健康的な寝返りもしっかりサポートしてくれます。

利用者の評判を見てみると、文字通り「雲の上で浮いているような心地よさ」とコメントしている方が多く、適度な寝返りもしっかり打てていることがうかがえますよ。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

睡眠にこだわるアスリートも愛用

雲のやすらぎのイメージキャラクターを務めている力士の千代丸さんは、このマットレスが大のお気に入りだそうです。

190キロもある体重を乗せても、体圧がしっかり分散されるので、毎日の快眠につながっているとのこと。

千代丸さんに限らず、一流のアスリートはベストパフォーマンスを発揮するために、徹底的に質の高い睡眠にこだわっています。

適切な睡眠時間をとるのはもちろんのこと、肉体疲労を回復させる深い睡眠なしでは本調子で勝負に臨めませんから、雲の安らぎが手放せなくなっているのでしょう。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

衛生面やニオイへの配慮も徹底

大評判のマットレス、雲のやすらぎに、快眠に最適な機能がたくさんあることはお分かりいただけたと思いますが、寝具の衛生面やニオイの有無も気になるところですよね。

小さいお子さんがいる方は、お子さんに有害な物質が放出されないか厳しくチェックするでしょうし、寝具特有の化学臭を嫌う方もいるでしょう。

そこで、ここからは、雲のやすらぎの衛生面やニオイを検証していきます。

体圧分散力や反発力が高くても、アレルギーなどを引き起こしやすい素材が使われていたら、寝心地は一気に低下しますので、みなさんも厳しい目で確認してくださいね。

1. 有害物質の発生基準値はもちろんクリア

安いマットレスに多い、鼻をつく化学臭。

このニオイの中には、「ホルムアルデヒド」という有害物質も含まれていて、カラダに大きなダメージを与えます。

とくに、免疫力が低い小さなお子さんへの影響は甚大で、皮膚疾患や発がんリスクが高まるのです。

そのため、寝具や衣類にはホルムアルデヒドの基準値が設定されていて、2才までの赤ちゃんが使う物に対しては、その数値が厳しくなっています。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

雲のやすらぎはどうかといいますと、第三者機関の調査では、基準値の約7分の1という結果が出ています。

他のメーカーの公式サイトでよく見かける「自社調べ」ではなく、客観的な検査で証明された安全性ですから、安心して使えるマットレスだと言えるでしょう。

2. ダニや細菌の発生を抑える加工も

ニオイと同じぐらい厳しくチェックしたいのが、皮膚のかゆみや呼吸器系の疾患を引き起こすダニや細菌の存在ですね。

寝心地はいいものの、通気性が悪くて湿気がこもりやすいがために、素材の中はダニや細菌だらけというマットレスも多いのが実状です。

しかし、雲のやすらぎには防ダニ・抗菌加工が施されているため、これらの有害生物が繁殖しにくくなっています。

この加工に使われている薬剤に対しても、皮膚に付着した時にトラブルが発生しないかとか、体内に侵入した時にダメージを与えないかなど、厳しい検査が行われているんですよ。

これなら、小さいお子さんはもちろんのこと、アレルギー体質の方でも安心して朝までグッスリ眠れますね!

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

3. 羊毛の気になるニオイもほとんどなし

保温性がとっても高くて、腰を温めて痛みを防ぐ機能に優れている羊毛ですが、品質が低いものでしたら独特の“獣臭”がするのが難点です。

しかし、化学物質の発生を極限まで抑えて、ダニや雑菌の繁殖を防ぐ雲のやすらぎは、最上質の羊毛を採用しています。

さらに、生地が傷まないことに注意しながら強力な洗浄を行なっているため、ニオイが取り除かれるだけでなく、土砂や牧草、羊の排泄物もしっかり除去。

心地よい「無臭環境」で眠れますので、睡眠の質がどんどんアップすることが期待できるのです。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

雲のやすらぎを使っている方の気になる口コミ

安全性も高く、快眠をとことん追求して作られている雲のやすらぎ。

ここで、実際にこのマットレスを使っている人の評判や、気になる口コミをチェックしてみましょう。

良い口コミ(1):長年の腰痛がマットレスの買い替えで緩和

【鹿児島県在住・35才男性】

わたしは5年ぐらい前から腰痛が慢性化していて、朝起きるたびにその痛みが増すので、鎮痛剤が手放せない生活を送っていました。

しかし、ネットの評判が高い雲のやすらぎを使ってみたら、横になった瞬間、

「今までのマットレスとは違う!」

と感じましたね。

腰の沈む込みがなく、カラダ全体が心地よく下から押し上げられる感覚なんです。

おかげで、朝から腰痛に苦しむこともなく、今では薬を飲む必要がなくなりましたよ。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

良い口コミ(2):シーズンごとに寝心地を変えられる

【北海道在住・42才女性】

今まで、低反発のマットレスを使っていたせいか、雲の安らぎを使い始めた当初は、カラダを包まれている感覚がなく、寝心地に違和感を覚えました。

しかし、明らかにグッスリ眠れるようになりましたし、目覚めの気分も数倍スッキリ!

1週間ぐらいで高反発の感覚にカラダが慣れて、今では布団に入るのが楽しみになっています。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

気になる口コミ(1):首と肩が痛くなった

【東京都在住・28才女性】

雲の安らぎを使うようになってから、首と肩が痛むようになりました。

とくに、朝起きた時はツラいですね~。

自分には高反発より、低反発のマットレスが合うのかも?

気になる口コミ(2):マットレスの底部が湿気っている

【青森県在住・41才男性】

半年ぐらい雲の安らぎを使っていますが、気が付いたらフローリングとマットレスの間に湿気がたまっていました。

通気性がいいと思っていたので、ちょっとビックリしました。

汚れやを落としにくいという点も、不満に感じています。

雲のやすらぎの口コミまとめ

口コミの評判では、寝心地のよさに感動する方、腰痛の改善につながったと感じている方のコメントが目立ちました。

その一方で、首や肩の痛みが発生したという感想もありましたが、もしかしたら頭部にフィットしていない、高さのある枕を使っていることが原因かもしれませんね。

寝心地やカラダの痛みは、敷き寝具だけでなく枕も影響しますから、みなさんも今使っている枕に頭を乗せた時の状態を確認してみてください。

枕に頭を乗せた時、首と敷き寝具の間に空間ができていたら、枕が高すぎると判断して、首が沈み込まない程度の低い枕に替えると、症状改善につながりますよ。

また、マットレスをフローリングに直接敷くと、汗の水分が逃げ場を失ってしまい、床面と布地に湿気がたまってしまうので注意が必要です。

このような寝具の使い方をする場合は、マットレスの下にすのこを敷いて空気の通り道を作り、その上に吸湿シートを配置してください。

マットレスを陰干ししたり、上下を逆にするといったケアも、湿気対策や機能低下防止に効果的です。

口コミをもっと見る

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

さらに、マットレスの上には敷きパッドやベッドパッド、シーツなどの補助寝具を必ず敷くこともお忘れなく。

雲のやすらぎにそのまま寝てしまうと、摩擦で生地が傷んでしまいますし、汚れが付いたら落としにくくなりますよ。

雲のやすらぎの総評・評価

快眠に不可欠な体圧分散力や反発力、バツグンの通気性を持った雲のやすらぎ。

商品名の通り、雲の上で寝るかのような寝心地を生み出し、カラダに余計な圧力を与えない、理想な寝具だということが分かりました。

アスリートが愛用し、整形外科医がおすすめするのにも、納得がいきますね。

ただし、正しい使い方をするのはもちろんのこと、枕もカラダに合ったものを使わなければ、マットレスの機能は損なわれてしまいます。

今回、口コミのまとめで解説したポイントをしっかり抑えたうえで、雲のやすらぎを使用すれば、きっと今まで感じたことがない“極上の眠り”が得られることでしょう。

雲のやすらぎhttps://shop.ichiban-boshi.com/user_data/kumo.php

寝具を買い替える時は、思い切りも必要ですが、腰痛が続いていたり、寝心地の低下を感じたりしていたら、今使っている寝具が合っていないというカラダのサインです。

「そのうち買おう」

などと購入を先延ばしにしていたら、眠りの質が低下して心身の健康状態がどんどん悪化することもありますので、この機会に理想的な睡眠環境を作ってみませんか?

雲の安らぎなら、みなさんの期待以上の快眠を実現してくれますよ!

雲のやすらぎの購入はこちら

TOP