衣替え要らず!洋服をコンパクトに収納する方法とは?

あなたは季節の変わりめに衣替えはしていますか?
結論から言ってしまいましょう。衣替えはしなくてもいいのです!

衣替えのために衣類圧縮袋や収納ボックスを購入し、せっせと畳んで収納の奥のほうにしまう。そしてまた秋にそれをまた取り出して入れ替える。

衣替えが面倒臭いと感じているのならば、衣替えしなくてもいい収納方法があります。

ここでは、衣替え要らずの収納の考え方やコンパクトな収納方法、洋服が増えない方法などをご紹介します。

衣替え不要の洋服収納アイデア

衣替えをするということは「衣替えをするくらい大量の服がある」ということを意味します。
その中にアクティブで着ている服はどのくらいあるでしょうか?
サイズが合わなくなった、流行遅れ、痩せたら着れるかも・・・など様々な事情で着なくなった服があるはずです。

衣替え要らずの衣類収納を目指すなら、「このタンスに入る分の服しか持たない」と決めてしまうことが一番です。

私の場合畳む必要のある洋服に関しては、この収納に入る分だけど決めています。

一番上の引き出し:ブラジャー・パンツ・ソックス・タイツなど。
上から2番目の引き出し:インナーや春・夏・秋のトップス。
下から2番目の引き出し:ボトムス
一番下の引き出し:厚手のニットや冬用のパジャマのようなかさばる衣服

収納するスペースはここに入る分だけと決めてしまえば、服が増えることに歯止めがかかります。
洋服を購入したら既存の服を手放すことで、これ以上服が増えないようにします。

収納スペースで洋服の所有量を決める

まず洋服の全体量を把握ことが大事です。
引き出しにしまってある服を全部だして、アイテム別に分類します。

トップスはトップス、ボトムスはボトムスといったようにアイテム別に分けます。
このように分類してみると、同じようなトップスが多い、トップスは10枚あるけれど、ボトムスは5着しかないなど、持ちすぎているものや不足しているモノが把握でき、本当に必要な量がわかるようになります。

そしてインナー・トップス・ボトムスを入れる引き出しを決めます。

ポイントは「立てて収納すること」。
畳んだものを重ねて収納すると、引き出しの中身が把握できません。
衣類を立てて収納することで、見つけやすく取り出しやすくなります。

お気に入りの洋服は引き出し手前に収納する

収納は「いかにモノを収めるか」ではなく「取り出しやすくする」のが本来の役目です。
だから「大容量」「隙間収納」の収納用品をつい買ってしまう人は要注意です。
洋服を取り出しやすく、元に戻しやすくすることが大事なのです。

一度着たものは引き出しの手前に収納します。

手前に収納することによって、お気に入りの洋服が取り出しやすく戻しやすくなります。
使用頻度の高い洋服を手前に収納すると、着ていない洋服が奥に移動します。

奥にある洋服は「ほとんど着ていない洋服」となり、手放す対象となります。

一着購入したら一着手放す

モノは出る量よりも入ってくる量のほうが多いと言われています。
一着購入したら一着手放しましょう。

福袋やバーゲンで安いからといって購入してしまう人は要注意です。
一目ぼれで凝ったデザインのトップスを購入したけれど、それに合うボトムスがなかったら、その服にとっては不幸なことです。

つまり、収納できないほど洋服を増やさないことが重要なのです。

手放す服のポイントは、2年以上着ていない服かどうか。

1週間にどんなコーディネートをしたでしょうか?ここ1.2週間で着る洋服は決まっていることでしょう。
2年以上一度も袖を通していないのを基準に手放すことを考えましょう。

是非、衣替えシーズンになったらご自分のワードロープをすべて出し広げてみましょう。
「いつか着るかも・・」という服があったら今着てみてください。
大概ここで合わない・しっくりこなかったらこの先着ることはないはずです。

風水では「布」は縁を司るもの。
流行遅れや着なくなった服をいつまでもタンスの中にしまっておくと「陰」の気が溜まり、収納している他の服にも伝染します。
ある程度流行のものを身に着けるとチャンスに強い人になります。

特に直接肌に触れる古い下着には注意が必要で、他の衣類に比べて運気にもたらす影響が強くなります。
出会いのチャンスに恵まれるようになりたいのであれば、古くなった衣類は手放しましょう!

お気に入りの洋服だけが収納されているワードロープを眺めると、ワクワクした気持ちになれますよ♪

【まとめ】余分に収納を増やさなければ衣替え要らず

衣替えはしまう・出すの手間と時間、保管するための収納ボックスが必要になります。
保管する量が多い方はクリーニングを兼ねた保管サービスや倉庫を借りる場合もあります。
今住んでいるご自宅が賃貸であれば、収納しているスペースも家賃に入っています。
住宅ローンを抱えている場合も、収納スペース分のローンを払っていることになります。

つまり着ない服のためにお金を払っているのです。
それならば、もっと活きたお金の使い方があるはずです。

衣替えしないコンパクトな衣類収納を目指すなら、

・2年以上着ていない衣類は手放す
・衣類の量はタンスの入る分だけと決めてしまう

不要な物をため込むことは風水的にもマイナスです。
新しい洋服を買ったら古い洋服を手放すと縁に恵まれます。
流行ものを取り入れるとチャンスに強くなります。

洋服の循環を良くして、洋服が増えすぎに注意しましょう。

収納アイデアの関連記事

ABOUT ME
整理収納アドバイザー iroha
IROHA@HOME代表 整理収納アドバイザー・ブロガー。 1972年生まれ 埼玉県さいたま市在住 高校生の息子と中学生の娘をもつママ。 「大好きなモノに囲まれた生活を送ると、毎日が楽しくなる」をコンセプトに個人宅向けに整理収納サービスやコンサルタント業務を行っています。
TOP