株初心者のリスク軽減におすすめな「株主優待」を徹底解説

この記事に書かれていること

株主優待の魅力を紹介しています。

  • 株主優待のもらい方
  • 株主優待人気ベスト4
  • 優待+配当利回りで元を取る
  • 少額、女性向け、子供向けおすすめ優待

すかいらーくの株主優待券を利用してLa Ohana(ラ・オハナ)でブランチ。

株主優待とは、株を買った企業から配当金の他にもらえるプレゼントのようなもので、日本独自のしくみ。企業から届くお中元・お歳暮みたいなものです。

2019年の10月1日から増税が始まり、外食の税金が10%になりますが、株主優待の食事券や買物券は内税になっているものが多いので、増税対策にもなりますね。

すかいらーくの株主優待は、ガスト、夢庵、バーミヤン、しゃぶ葉など、和洋中からカフェまで幅広いお店で使えるので家族みんなで保有してます!

すかいらーくの株を100株保有していると、3000円の食事券が6月と12月の年2回、年間6000円分送られてきます。優待好きな方に人気な優待で、家族名義に分けて持っている人も多いです。

すかいらーく優待制度

https://ir.skylark.co.jp/stock/benefit.html
すかいらーくが上場した2014年に買ったので、株価は2倍近くになっているけど、優待が欲しいので売らずにずっと保有中。

長期で保有すると株主優待の内容が増えるお得な企業もあるため、株主優待の人気銘柄は、下落相場でも株価が他と比べて下がりにくいのも特徴です。

食事券だけでなく、自社製品や購入割引券、図書カードやクオカードなどの金券やカタログギフトなどもあるので、探してみるととても楽しいですよ。

株主優待は初心者が株を始めやすいのでおすすめです。

一目でわかる口コミ総評

良い口コミの総評

特に多かった良い口コミをまとめました!

吉野家やプレナスなどの株主優待は旦那さんのランチ用に、高校生の息子にはマクドナルドやすかいらーくなどをもらっているので、外食費の節約に。


人気の株主優待銘柄は、日経平均株価が大きく値下がりしたときも、欲しい人がねらっているため、それほど大きく下げないので保有しやすい。


優待には20%の税金がかからないので利回りがよくなる。使わない優待は金券ショップやヤフオクで売って現金化。(※転売禁止なものもあるので注意)

悪い口コミの総評

たくさんの人が使ってるので、悪い口コミも…。

株主優待人気銘柄で、優待がなくなったり、金額ダウンや割引券の枚数が減るなど条件が悪くなり株価が下落した。


全体的に株価が値上がりしているので、株主優待の利回りが悪い。もっと安く買いたい。


優待権利だけとって売ってしまう人もいるので、優待権利落ち日に大きく下落する場合がある。

「権利落ち日」は次の株主優待の仕組みで説明します。

株主優待のもらい方

株主優待は全部の上場企業が実施しているわけではありません。株主優待を配るくらいなら、その分配当を増やしてほしいという投資家もいますが、個人投資家が長期保有してくれるので取り入れる企業も増えてきました。今では上場企業800社以上が株主優待制度を設けています(楽天証券調べ)。

欲しい株主優待銘柄を探す

まずは自分の欲しい企業を探します。証券会社のマーケット情報には、株主優待を探せる機能があるので利用するのがおすすめ。楽天証券は、女性向け、飲食店、ファッションなど条件を絞り込んで探せるので便利です。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/search/hp_search/index_search.html
株主優待の内容や投資金額など条件から探してみてね

権利付最終日までに株を買う

株主優待の権利を得るためには、この日に株を持っていないといけないという決まった日があります。その日を「権利付最終日」その翌日を「権利落ち日」といいます。

株式には受け渡しの期間があるので、権利付最終日までに株を買うと、約定日から起算して土日を含まない3営業日後の権利確定日に株を保有していることになります。

※2019年7月16日よりルールが変わり2営業日となります。

ちょっとわかりにくいので、楽天証券の権利確定日の図をみてください。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/special/incentive/

株主優待は企業によって権利確定月が異なります。3月や9月が多めです。権利確定日が近くなると株価が上昇しやすいので、タイミングをみて買ってください。

株の取引ルールが変わるので、ネットだと古い情報があるかもしれません。毎月の権利付き最終日は間違えるともらえないため、証券会社のホームページなどできちんと確認してくださいね。

2~3か月後に優待が届く

企業によっても異なりますが、権利確定日の3か月後くらいに送られてくるところが多いようです。野菜や果物の頒布会のように時期を決めて送られてくるものもあります。

いずれも自宅に届くので楽しみに待ちましょう。

株主優待を毎月届くように設定するとば、楽しみが増えて生活がワンランクアップします。
株主優待のメリット・デメリット

メリット

  • 配当金のような税金(20%)がかからない
  • 人気の株主優待株は株価が下がりにくい
  • 利回りが高くなる

株主優待のデメリット

  • 廃止や改悪で株価が大きく下落することがある
  • 権利落ち日に下げる
  • 利益確定しにくい

優待がなくなったり、内容が改悪されると株価が急落することがあります。中には業績が悪くても優待だけで上がっている銘柄もあるので、気をつけないといけません。

10万円以下で買える銘柄も多いので、資金が少なくても複数の銘柄に分けて投資すれば、このようなリスクも分散されます。株の初心者なら優待を実施している少額の株から買うのがおすすめです。

実際にどんな優待があるのか見ていきましょう。

株主優待人気ベスト4


株主優待ランキングで常に上位に入っているのがこの4社。おなじみの企業ですね!

イオン株主優待の口コミ

イオンでは、買物で提示すると金額の3%がキャッシュバックになる「オーナーズカード」がもらえ、保有株数により最大7%までお得に買い物ができます。私は100株保有ですが、100万円使うと3万円返金されるので毎日買い物しています。

全日空株主優待の口コミ

福岡の実家に帰省するため、国内線の運賃が50%割引になる全日空は家族名義で保有しています。使わないときは、金券ショップで1枚5000円くらいで買い取ってもらえるのでムダになりません。

オリックス株主優待の口コミ

オリックスは、配当利回りが高くてさらに株主優待ももらえるので選びました。配当は100株で7,600円(4.7%)。3年以上の保有でカタログギフトがもらえるので、ビール飲み比べセットにしました。ほかにも関連ホテルや水族館の割引、野球観戦の優待などメリットが多いです。

優待+配当利回りで元が取れる

株主優待と配当利回りが大きいと、投資額に対して元が取れてしまう場合があります。

たとえば「GMOインターネット(9449)」の株主優待は

  1. くまぽんギフト券2,000円分
  2. GMOインターネットサービス5,000円分
  3. GMOクリック証券手数料無料

6月と12月の2回もらえます。

私はサイト運営をしているので、レンタルサーバーやドメイン代が年間1万円も無料になるので助かってます。

私の場合、GMOインターネットの投資額は5万円くらいなので、配当+優待だけですでに元が取れました。その後、仮想通貨の影響で大きく値上がりしましたが、株価は気にせずに保有しています。

自分にあった利用しやすい優待を選ぶと満足度も高いです。

優待+配当利回りのいい銘柄

配当と株主優待を合わせると、利回りはさらに高くなります。参考までに2019年7月1日現在の最低購入額を記載しておきます。

https://www.kitanotatsujin.com/ir/北の達人コーポレーションは、2018年11月に株主優待制度が拡充し、健康食品が自社製品になりました。3564円相当と書かれていますが、それ以上のケースが多いので楽しみです。配当利回りは6.5%。

サンリオピューロランドは、パスポートが年間6枚ももらえます。

  1. 休日料金3800円×6枚=22,800円
  2. サンリオ買物券 1,000円

配当利回りは9.9%、配当金が3,500円(予定)なので、合わせるとなんと11%!!さらに株主総会はサンリオピューロランドに無料で入って遊べたり、魅力的な銘柄です。

業績は右肩下がりですが、サンリオ好きの友人は、株主として企業を応援しています。

自分の応援したい企業に投資をし、企業は投資家に自社サービスや製品を利用してもらうお礼の形が株主優待

少額でも買える株主優待銘柄

5万円から10万円でも株主優待がもらえる銘柄はたくさんあります。少額だと1万円以内でもらえる銘柄も!

5万円以下で買える株

10万円以下で買える株主優待


100株でもその企業の投資家なので、株主総会招集のお便りが届きます。最近はお土産を用意する企業は減りましたが、自社製品がもらえたり、食事がでたりする総会もあるので、参加するのも面白いです。

子どもがいる人向け株主優待

https://www.takaratomy.co.jp/ir/stock/stockholder.html

お子さんがいる方には「タカラトミー(7867)」がおすすめです。非売品のトミカがもらえるほか、オンラインショップで使える割引券がもらえるので、誕生日やクリスマスにおもちゃを安く購入できます。3年以上保有していると40%割引券なので大きいですよね。

限定トミカは非売品でレアなので、コレクターの間では高値で売買されることも。

我が家は子どもの年齢に合わせて、おもちゃ券がもらえる「トイザらス」から、ゲーム機が買える「ビックカメラ」に変えました。

※トイザらスは2010年に上場廃止。

ジュニアNISAで子どもが好きそうな企業の株を買い、株主優待をあげれば、お小遣いの節約にもなるし一石二鳥。

女性向け株主優待

女性なら化粧品やファッション、デパートの割引などが人気です。高級下着やエステなど、株主優待を使って利用してみるのもいいですね。

デパート系の割引券がもらえる銘柄が人気です。高級ジュエリーがもらえる優待もありますよ

レジャー好きな人向け株主優待

株主優待お出かけが好きな人は、テーマ―パークやカラオケなどのレジャー施設優待券や、航空、電鉄、バスなどの乗り物系の優待はいかがでしょうか。

金券がもらえる株主優待

自社製品ではなく、クオカードや商品券、お米券にビール券など、金券がもらえる銘柄は、使い勝手がよく人気があります。

クオカードが欲しくて4万円で買った「リックス(7525)」、最初はどんな会社かも知りませんでした

毎月が優待が届くお楽しみカレンダー

株主優待は権利確定月が企業それぞれ異なるので、毎月どこかの優待が届くという楽しみ方も。年に2回優待が届くところをメインに、こんなオリジナルカレンダーを作ってみてはいかがでしょうか。


3月、9月は優待が多いので、4月、11月はお休み。

これで95万円くらいの投資です。毎年少しずつ増やしていけば、楽しい株主優待生活ができますね

《バルニバービー》は、GARBやGoodmorning cafe、東京アスリート食堂などをはじめ、全国でおしゃれなレストランやカフェを経営する会社です。(店舗一覧)近くにお店がない場合はお菓子やコーヒーと交換できます。10.6万円

《クリエイトレストランツホールディングス》は、しゃぶ葉や磯丸水産他、たくさんのお店で利用できます。(店舗一覧)。13.8万円

《アトム》はファミリー居酒屋コロワイド、カッパ・クリエイト系列のお店で利用可能。我が家はいつも宮ステーキで使用。(店舗一覧)。食品とも交換可。9.7万円

《ルネサンス》は全国にあるスポーツクラブの1日利用券。使わない場合は1枚2000円くらいで取引されています。18万円

《キャンドゥ》で使える買物券は税込みなので、増税対策にも。商品との引き換えもできます。16.2万円

《フジオフードシステム》は串家物語はじめ、居酒屋、カフェ、定食屋と多数展開しています。串カツセットやお米にも変更可。(店舗一覧)24.5万円

《バロックリミテッドジャパン》はマウジーやエンフォルドなどのアパレルメーカー。実店舗と通販で使える買物券です。9万円

株主優待まとめ

株主優待は、配当とは別に株主に贈られるプレゼントのようなもので、自社製品やサービスを試してもらったり、カタログギフトや金券などその種類はさまざまです。人気の株主優待銘柄は、長期で保有している人が多いので、相場が大きく下落しているときも影響を受けにくく、株の初心者でも買いやすいです。

配当金のように税金もかかりません。配当+株主優待で高利回りになる銘柄もあり、数年で投資金額の元がとれてしまうケースもあります。

ただし、優待はあくまでも企業が投資家に利益を還元するものです。業績が悪いと優待廃止や条件の改悪で株価が急落することもあります。

せっかく買ったのに値下がりして大損したということにならないためにも、業績や将来性のある会社を選ぶのがおすすめです。また、初心者のうちはリスク分散のためにも少額でも投資できる銘柄を心がけて、楽しく株主優待を利用しましょう。

株式投資の記事における免責事項
当サイトの株式投資の記事は、株初心者向けの情報提供を目的としており、投資の推奨を目的とするものではありません。この記事提供している情報については、できるだけ正確に記載するよう慎重を期して努めていますが、その正確性や安全性を保証するものではありません。投資は自己責任、自己判断でお願いします。

関連記事
TOP