メルペイのリアルな口コミ評判|電子マネーを徹底比較

使わなくなったものを売って、新しいお金をつくるフリマアプリ「メルカリ」。

今までは、売る⇒収入⇒買う⇒売るのループでしたが、「メルペイ」を通すことで、コンビニや飲食店など全国のお店の支払いでも使えるようになりました。

「電子マネー(iD)」で支払えるお店と、「メルペイコード払い」対応のお店があり支払方法が異なるので悩む方が多いようです。

私も最初は戸惑いましたが、仕組みを覚えてしまえば簡単!iDを使えばsuicaにチャージもできるので、使える範囲も広がります。

メルカリの売上金を切らしてしまうこともなくなるので、メルカリをやっている人は是非使ってみてください!

メルペイの評判

実際にメルペイを使った人に感想を聞いてみました。
便利という声が多い中、使ってみたけれど気になる点もあるようです。

メルペイの良い口コミ

良い口コミ
メルカリの売上金がそのまま使えるので、払出申請の手間がなくなった
有効期限がなくなったのでゆっくり使える
メルカリの売上金をsuicaにチャージして使っています
定期的なキャンペーンがあるので楽しみ

メルカリの売上金には振込申請期限があり、180日以内に払出申請をするか、ポイントを購入しないと失効してしまうので注意が必要でした。また1万円未満の振込には210円の振込手数料もかかり現金化すると損することに!

メルペイを使えば有効期限がなくなり実店舗でも支払いに使えるので、メルカリユーザーには大変便利になりました。

メルペイの悪い口コミ

悪い口コミ
iD対応のスマホをもっていないので使えるお店が少ない
使い方がよくわからない
ポイントがたまらないのでPayPayのほうがいい
不正使用などのセキュリティが心配

メルカリコード決済が使えるお店がまだ少ないので、登録はしたけれど使っていないという人や、iD支払いがなにかわからないという「スマホ決済サービス」自体の仕組みがよくわからないという人が多かったです。

さらに詳しく見る

メルペイとはどんなスマホ決済なのかを詳しく見ていきましょう。

メルペイはこんなサービス

https://jp.merpay.com/

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の子会社「株式会社メルペイ」が提供するスマホ決済サービスです。メルカリアプリを使うので、メルカリに会員登録をしている人なら誰でも利用できます。

メルカリ売上金でスマホ決済

メルカリの売上金には払出の有効期限があります。

切れないように180日以内に申請するのが面倒でしたが、メルペイを利用することでその手間がなくなります。

また、1万円未満の払出には210円の振込手数料が必要でしたが、メルペイ残高にすれば手数料無料です。

メルカリをやる人にはメリットが多いですね!

メルペイコード払いとiD払いの違い

https://jp.merpay.com/

メルペイには、メルペイのQRコードを開いて支払う「コード払い」とiD(電子マネー)と連携して支払う「iD払い」があります。

この2種類の支払い方法で悩む方が多いみたい

iD(アイディ)とは、スマホやカードをかざして支払いができる電子マネー。iPhoneはApple Pay、androidはおサイフケータイ対応機種でiDが使えます。

メルカリアプリのメルペイを開くと、「コード払い」「電子マネー(iD)で支払う」ボタンがあります。

メルペイコード払い

メルペイコード払い

不正使用防止のためコードは消していますが、上がバーコード、下がQRコードです。おサイフケータイでなくてもメルペイコード払い対応店で使えます。

(対応店一覧は最後に記載あり)

メルカリiD払い

メルカリiD払い

iDは、Suicaと同じような電子マネーです。

iPhoneはApple Pay、Androidはおサイフケータイにメルペイを追加して使います。使えない場合はiPhone7以降でiOSが10.1以上、android5.0以降の機種かどうか確認してみてください。

アプリを開く手間がなく、タッチだけで支払いができるので便利です!

お得なメルカリクーポン

メルペイクーポン

メルペイ払いで使えるお得なクーポン!お店で値引きを受けられるクーポンや、あとからポイントが戻ってくるポイントバッククーポンがあります。

クーポン内容は変わるので、こまめにチェックすると面白いですよ。

さらに詳しく見る

メルペイを使ってみよう

メルペイの申し込みには、年収や勤務先などは必要ありません。
メルカリユーザーならメルペイの申込は簡単!
免許証などの「本人確認書類」、「銀行口座登録」どちらかひとつ登録するだけです。

メルペイのかんたん申込み

メルカリアプリでメルペイを使うには、「銀行口座の登録」か、「アプリでかんたん本人確認」が必要です。本人確認書類はスマホカメラで身分証明証をもって撮影します。

このどちらかを登録するだけで、メルカリの売上金がメルペイ残高に自動でチャージされ、そのまま支払いに利用できます。

今までは売上金の有効期限が切れないように申請するのが面倒でしたが、メルペイを利用することで180日間振込申請期限(有効期限)もなくなります。

私は本人確認で登録しましたが、銀行口座を登録しておけば、売上金がない場合でもメルペイ残高にチャージできます。

チャージ(入金)方法

https://jp.merpay.com/

メルペイにチャージ(入金)する方法は、メルカリの売上金だけでなく、銀行口座からも入金できます。

  • 1日のチャージ限度額は20万円まで。
    メルペイ残高が100万円以上ある場合は追加できません。
  • 最低チャージは1回1000円以上。

※銀行口座の登録をしないでメルカリの売上金をメルペイ残高にチャージする場合、免許証などの本人確認書類登録が必要です。

お店での使い方

メルペイが使えるお店なら「メルペイで!」と言って画面を見せましょう。iDの場合はスマホをタッチするだけなので大変便利です。

コード払いで支払う
特別な設定はなし。メルペイのQRコード画面を開いて支払います。

メルペイ電子マネー(iD)で支払う
iD対応端末で、あらかじめメルペイ電子マネー設定が必要です。iPhone7以降の機種ならApple Payに、Androidの場合はおサイフケータイにメルペイを追加します。

使用するときは「iD払いで!」と言ってスマホをタッチさせるだけ。わざわざメルカリのアプリを開く必要はないので大変便利です。

メルペイ後払い
使った代金を翌月にまとめて支払うサービスです。
残高払いなら精算時の手数料が無料(そのほかの場合は300円)、使いすぎないように利用上限金額を自分で設定できます。

メルカリの売上金をSuicaに移す裏技

メルペイからsuicaにチャージ

iDを利用すれば、メルカリの売上金をモバイルSuicaに移すこともできるので、私はいつもこの方法で使っています。使える場所も広がるので本当に便利ですよ。

モバイルsuicaへのチャージ方法

  1. 「モバイルsuicaアプリ」を起動
  2. チャージしたい金額をタップ
  3. iPhoneは「Appe Pay」をタップ
    Androidは「Google pay」をタップ
  4. メルペイ電子マネーを選択
メルペイサービスまとめ
  • 「銀行口座登録」か「アプリでかんたん本人認証」のどちらかが必要
  • 「メルペイコード払い」と「iD払い」がある
  • iDが使えるのはiPhone7以降・android5.0以降の機種
  • 売上金、または登録銀行からチャージ
  • 売上金をメルペイ残高にすれば有効期限はなし
  • 1日にチャージできるのは20万まで
  • チャージ残高上限は100万円まで
  • お得なクーポンあり

さらに詳しく見る

メルペイの安全と保障制度

メルペイが乗っ取りにあった場合の対応はどうでしょうか。

2019年8月15日に利用規約が改訂され、不正利用時の補償が追加されました。(利用規定第17条「不正利用等」)

被害を受けた直後にユーザーがメルペイに報告し、警察署への申告を行えば、「不正利用にかかる損害額を限度に補償する」と書かれています。

メルペイ停止の連絡先

メルペイの利用を停止したい場合は、メルカリの「マイページ>お問い合わせ」から連絡します。スマホを紛失してメルカリアプリやWEBサイトからログインできない場合は、メールでも連絡できます。

メルカリ連絡先:support-merpay@mercari.com
登録の氏名、住所、生年月日、メールアドレスと一緒に連絡

電話での問い合わせはありません。

機種変更をした場合の対応

スマホの機種変更をした場合、自分でメルカリアプリ内から電子マネー情報を削除する必要があります。

iOSの場合
Apple Walletアプリ>iマーク>カードを削除

Androidの場合
メルカリアプリ>メルペイ>メルペイ設定>電子マネー(iD)削除

メルペイセキュリティまとめ
  • 不正使用の場合所定の手続きで補償あり
  • スマホを紛失したときはすぐに連絡してメルペイを停止
    ・マイページ>お問い合わせ
    ・メール(support-merpay@mercari.com)
    ・電話での対応はなし
  • 機種変更した場合iD情報を自分で削除
  • 自分のコードは他人に教えない

さらに詳しく見る

メルペイ使えるお店

https://jp.merpay.com/news/

メルペイにはメルカリ「QRコード払い」と「iD払い」があるのを説明しましたが、iD払いはほとんどのお店に対応していますが、QRコード払いで支払えるお店が少ないのが難点でした。

https://jp.merpay.com/news/ 一部追記

9月に入って「吉野屋」や「ゲオ」、「ほっかほっか亭」などでも導入され、徐々に使えるお店が増えています。

新たに導入された店舗では、お得なクーポン配布やポイントバックキャンペーンなども行われるので、チェックしてみてくださいね。

メルペイのお得なキャンペーン

https://jp.merpay.com/news/2019/09/campaign/

メルペイの利用が初めての方限定(18歳未満も対象外)ですが、支払額の50%相当のポイントが還元(上限3000ポイント)されるキャンペーンが9月18日よりスタートします。このような大型キャンペーンは定期的に行われているので、メルペイを使ってみたい方にはチャンスです。

メルペイのまとめ

メルペイは、メルカリの売上金を手数料なしでチャージ(入金)でき、「メルペイコード払い」か「iD払い」で全国のお店で使えます。また、iDを使えばsuicaにチャージすることも可能です。最後にメルペイについて、メリット、デメリットをまとめてみました。

メルペイのまとめ

メリット

  • メルカリ売上金を出金する必要がない
  • メルペイ残高へのチャージは手数料不要
  • 売上金の有効期限がなくなる
  • 全国の対応店舗で使える
  • 電子マネー(iD)ならsuicaへチャージができる

デメリット

  • メルカリアカウントが利用停止になると、解除されるまで再開できない
  • 3年間メルペイアカウントの利用がないと一時的に利用が停止される(所定の方法による申し出で解除可)
  • Appe Pay、おサイフケータイ対応機種でないと、使えるお店がまだ少ない
  • Paypayのように買い物ポイントがたまらない

2019年8月から不正使用された場合の補償も追加され、より安心して使えるようになりました。メルカリをやる人なら換金の手間も減るので、使わないともったいない!

「メルカリコード払い」のお店も増えているので使ってみてくださいね。

公式サイトはこちら

TOP