PayPay(ペイペイ)のリアルな口コミ|電子マネーを徹底比較

コンビニのレジでPayPay(ペイペイ)で支払いをしていたら、後ろに並んでいた女性から「やっぱり便利そうですね」と声をかけられました。「7Pay不正利用」の危険なイメージが強く、怖くてまだ使っていないとのこと。

PayPayはスマホを使って支払いができる決済サービス。QRコードやバーコードを使うので「コード決済」とも呼ばれます。お金をチャージして使うため、他人からの「不正利用」が心配ですが、2019年8月28日より全額補償になり、さらに利用しやすくなりました。

私はpaypayのサービスが始まった時から使っていますが、支払いが早いしキャッシュバックもあるので本当に便利でお得。コンビニだけでなくスーパーやドラッグストアなど使えるお店も増えてのいるし、キャッシュバックだけでなく、「ユニクロでpaypayを使ってヒートテックを買うともう1枚が無料になる」などお得なキャンペーンもあるので使わないともったいないですよ。

この記事ではPayPayの評判やキャンペーン、実際に私がつかってどれだけお得だったのか感想をまとめてみました。リスクもしっかりと理解して、2019年10月から始まる国の「キャッシュレスポイント還元制度」に向けて、早めに用意しておきましょう!

PayPay(ペイペイ)の評判

これは私が2019年12月から10か月使ったpaypayの使用明細です。

336,820円支払ってPayPayから50,856円もキャッシュバック還元されていました。右の支払い詳細では、+1000円、+63円、+366円など緑の数字で還元された詳細もわかります。

ミニストップで1007円使って1000円あたりました!

このように現金払いよりも断然お得なPayPayですが、まだスマホ決済を使っていない人も多いです。PayPayを実際に使っている女性の感想と、まだ使っていない人に「なぜ使わないのか」、感想をまとめてみました。

さらに詳しく見る

使っている人の口コミ

良い口コミ
レジの支払いがとにかくスムーズ。財布の中もスッキリです。
ポイントが付かないお店でも0.5%還元されるので使っています。
ランチタイム20%還元キャンペーンは、スーパーの買い物にも使えたのでかなり節約できました。
友達に手数料なしでその場で送金できるのは便利。

paypayを利用する人の多くは「便利さ」だけでなく、「お得感」にも満足しています。キャッシュバックだけでなく、1000円当たったり、商品がもらえるなど魅力的なキャンペーンが人気の秘密ですね。

使っていない人の口コミ

悪い口コミ
スマホ決済、どれがいいかわからず悩んでいます。
支払うときにアプリを開いて提示する手間が面倒、かざすだけのSuicaで充分
スマホを紛失したり、不正利用されたら怖い
スマートフォンをもっていない

paypayをまだ使っていない人は、「不正利用」や「紛失」などの危険性を心配する人が多いです。「○○Pay」とよばれるキャッシュレス決済が増え、どれを選んだらいいのか悩んでいるとの声もありました。

ペイペイの補償について調べてみたところ、クレジットカードだけでなく銀行口座情報を使った不正使用も全額補償とわかり私も一安心!

paypayはどのようなサービスなのか詳しく紹介します。

PayPay(ペイペイ)とは

https://paypay.ne.jp/

PayPayは、ソフトバンクとヤフーの共同会社「PayPay株式会社」が提供するスマホ決済サービス。通常利用で0.5%がPayPayボーナスとして還元されるので、現金で払うよりもお得!そのほか、最大1000円還元が当たったり、ランチタイムには20%還元など魅力的なキャンペーンが多いのも人気の理由です。

PayPayの使い方

  1. スマートフォンアプリをダウンロード
  2. PayPayにお金をチャージ
  3. PayPayで払う
  4. PayPayボーナスポイントがたまる、使える

最短1分で登録完了

https://paypay.ne.jp/

PayPayのスマートフォンアプリをダウンロードしたら、まずはユーザー登録を行います。

1.ユーザー登録

  • 「携帯電話番号」か「Yahoo!JpanaのID」のいずれかで登録
  • パスワードの設定

2.SMS認証

  • 携帯電話のSMSに「認証コード」が届く
  • PayPayアプリに認証コードを入力

登録はこれだけでおしまいです。

新規登録でもらえる500円や、個人間送金してもらった残高はすぐに使えますが、お金をチャージするための銀行口座を登録します。

PayPayにお金をチャージ

https://paypay.ne.jp/

PayPayへのチャージ方法

  • 銀行口座を登録してチャージ
  • クレジットカードからチャージ
  • ヤフオクの売上げからチャージ
  • ヤフーマネーからチャージ
  • セブン銀行ATMから現金でチャージ
  • ソフトバンク・Yモバイル払いでチャージ
  • 個人間送金によるチャージ

銀行口座やクレジットカードを登録したくない人でも、「セブン銀行ATMからの現金払い」に対応しているのは助かりますね。私は銀行口座を登録、夫はYahoo!JPAPANカード、息子は私からの送金でチャージして使っています。

Yahoo!JAPANカード登録が一番お得!

https://paypay.ne.jp/event/anytime/

通常のキャッシュバックは0.5%ですが、Yahoo!JAPANカードでの支払いなら最大3%になり、キャンペーンの当選率も高くなるのでさらにお得です。ヤフーカード以外のクレジットカードで支払った場合は抽選対象外となります。

支払方法 キャッシュバック率 paypayチャレンジ
paypay残高
Yahoo!マネー
Yahoo!JAPANカード
3% 20回に1回当たる
他のクレジットカード 0.5% 抽選対象外
1回の付与上限 1.5万円相当
(月3万円まで)
千円相当
(月3万円まで)

例えば、3万円の買い物をPayPay残高、Yahoo!マネー、ヤフーカードを利用した場合、最大3%で900円も戻ってきます。現金で払った場合はもちろん戻りは0なのでお得ですよね。

paypayで決済した翌月の20日前後にpaypayボーナスが付与されます(月3万円限度)。

PayPayの使い方

https://paypay.ne.jp/

PayPayマークのあるお店で、支払い時に「Paypayで!」と言って使います。最初は恥ずかしいですが、お店の方は慣れているので画面を見せればわかってくれます。

コンビニやドラッグストアなど、バーコードが読み取れるお店はPayPayのホーム画面を見せるだけの「バーコード決済」ですが、主なお店が「QRコード」決済となります。慣れるまではこの違いに戸惑うかもしれません。

QRコード決済とは、レジのわきにあるお店のQRコードを読み取って、支払う金額を入力する決済方法です。QRコード決済なら費用をかけずにお店でつかえるので導入するお店は増えています。

PayPayの使えるお店

https://paypay.ne.jp/event/supermarket/

我が家の近くでも、個人のラーメン屋さんカレー屋さんなどの飲食店だけでなく、コワーキングなどでも使えるようになりました。9月からは全国のイトーヨーカドーやヨークマート、西友、東急ストアなどでも使えるようになり、ますます便利になりそうです。

近日中に、東急ストア、ライフ、相鉄ローゼン、スーパーかすみも。(近日対応予定はこちらで確認できます)URL→https://paypay.ne.jp/shop/

10月から「キャッシュレス決済ポイント還元制度」が始まるので、小さな飲食店や小売店では、0円で導入できるPayPayのQRコード決済を始めるお店もますます増えていくことでしょう。

paypayを使いたいお店のリクエストを募集しているので、ここで使えたらいいのにというお店があったらリクエストしてみてみるのもいいかもしれません。

PayPayマネーライトとボーナスライトの変更

  • PayPayライト」は、自分でチャージしたり、個人間送金で受け取った残高
  • PayPayボーナス」は、キャンペーンなどで還元された残高

PayPayライトは5年、paypay有効ボーナスは2年間の有効期限がありましたが、2019年9月に有効期限を撤廃し無期限となりました。今までと呼び方も変わります。

  • PayPayマネーライト
    銀行口座からチャージした残高や、ヤフオクの売上金からのチャージによる残高。有効期限はなし。払い出しはできない
  • PayPayボーナス
    キャンペーンや特典などで進呈された残高
  • PayPayボーナスライト
    キャンペーンや特典などで進呈された有効期限のある残高。
    付与日から60日間。

個人間送金が簡単

PayPayは個人への支払い、つまり個人間送金も手数料無料でできるので便利です。

  1. 相手のPayPayIDまたは携帯電話番号で検索
    近くにいる場合には相手のQRコード読み込みでもOK
  2. 送る相手を選んだら金額を指定
  3. メッセージや相手が開く場合のパスコードも指定できます。

paypayは未成年でも口座が作れます。息子がお財布を忘れたときにペイペイで送金しましたが、あまりに簡単で驚きました。

同じように、自分で財布を忘れたとき、友達に現金で払ってもらいその場でペイペイで送金して返したこともあります。

ただし、キャンペーンで還元された残高(paypayボーナス)は個人間送金では使えません。私も経験がありますが、残高があるのに送れないときはこのケースが多いです。

PayPayのポイント
  • スマーとフォンが必要
  • アプリを使ったコード決済(QRコード、バーコード)
  • 通常支払いで0.5%還元される
  • お得なキャンペーンが多い
  • PayPayの残高有効期限なしに変更
  • PayPayボーナスライトは有効期限60日間
  • 個人間送金が簡単にできる
  • Tポイントが登録できカード不要に
  • 銀行口座・クレジットカード登録の他、ヤフオクの売り上げやセブン銀行ATMから現金チャージ可能

さらに詳しく見る

コード決済と電子マネーの違い

日本を代表する「電子マネー」といえば「Suica」。
チャージをすれば画面を開くなどの操作は不要でかざすだけ!とにかく支払いスピードが速くて便利です。しかし、ポイントが付かないのが残念でした。

それに比べて「コード決済」は大型キャンペーンを行ったり、クーポンを配布したりととにかくお得度が高いのが特徴です。

Suica vs PayPay

「Suica派」はとにかくスピード!

  • とにかくすぐに使いたい
  • Suica(カード)で支払いたい
  • スマホがなくてもSuicaカードで使える
  • 使えるお店が多い

「PayPay派」はとにかくお得!

  • 買い物で還元を受けたい
  • キャンペーンを利用したい
  • スーパー、ドラッグストア、家電量販店なども普及

PayPayはアプリを立ち上げ、表示や読み取りに時間がかかるといわれますが、慣れれば気にならないので、私はコンビニでもPayPay払いです。

さらに詳しく見る

PayPay(ペイペイ)不正利用は全額補償!

https://paypay.ne.jp/safe/

ペイペイが不正に使用された時の対応を調べたところ、カード支払いだけでなく銀行口座情報を使って不正使用された場合も全額補償されることがわかりました。

不正利用被害の全額補償


ユーザーが「PayPay」のご利用に際して不正利用による被害に遭われた場合、原則PayPayが被害の全額を補償します。また、万が一「PayPay」をご利用でない方の銀行口座情報などを用いて「PayPay」で不正利用された場合でも、同様に補償します。
PayPay(2019.8.28)プレリリースより抜粋

  • 損害発生日から60日以内に申請
  • 初回の申請であること、または前回申請した日から1年を超えていること
  • ご家族や同居人などの利用ではないこと
  • 警察へ被害の届出を行うこと
  • 弊社所定の審査条件を満たしていること

ユーザーの故意や重大な過失などの場合をのぞき、全額補償してもらえるようになりました。

PayPay問合せ先

不正使用の可能性があった場合や、スマホを紛失したので一時利用を停止したい場合に電話による相談ができます。

【Paypayお問い合わせ窓口】
電話番号:0120-990-634
営業時間:24時間受付/土日祝日を含む365日

【PayPay携帯電話紛失・盗難専用窓口】
電話番号:0120-990-633
営業時間:24時間受付 / 土日祝祭日を含む365日

スマホを紛失して心配な場合は、お客様情報(登録の電話番号とユーザーID)を確認したうえで、アカウント停止処理をしてもらいます。

不正利用の防止

  1. 端末認証の設定
  2. SMS本人認証(2段階認証)による異なる端末からのアクセス防止
  3. 登録カードや銀行口座情報の暗号化
  4. 専任スタッフによる常時監視

7pay(セブンペイ)が不正アクセスにより勝手に利用され、わずか1か月で突然の廃止となりました。被害は808人で、総額3861万円も勝手に使われてしまったというから、やはり他人ごとではありませんね。

セブンペイの問題は、複数端末からの不正ログインやセキュリティ対策が甘く「2段階認証」を導入していなかったことが原因と言われています。

パスワードを忘れた場合に、「生年月日」「電話番号」「メールアドレス」からパスワードが再発行できる仕様となっていたので、第三者からの攻撃が簡単に行われてしまいました。

この件でスマホ決済の安全対策には、SMS通知で本人認証をする「二段階認証」の必要性がよくわかりました。

さらに詳しく見る

PayPay(ペイペイ)が使えるスマートフォン

ペイペイでは登録したスマホと異なる端末からログインする場合、登録したスマホにSMS認証の連絡が届くので、スマホ本体が盗まれない限りIDやパスワードを勝手に使われる心配は少ないです。

ガラケーやSMS認定受信ができない端末ではサービスの使用ができません。

PayPayが使えない端末

  • ガラケー
  • ガラホ(要確認)
  • SMS認証受信ができない端末

アプリがダウンロードできないガラケーでは使えません。SMS認証コードを受信できる端末※、つまりスマートフォンが必要です。アプリがダウンロードできれば「おサイフケータイ」非対応のスマホでも利用できます

PayPay推奨動作環境
【Android】Android 5.0 以上の対応機種
【iOS】iOS 10.0 以上のiPhone/iPad/iPod touch

また、PayPayを利用するときに、4G/LTEやWi-Fiなどの通信ネットワークが必要となるので、非対応のスマホは使えません。

※SMS認証=携帯電話番号(060、070、080、090)が必要なため、一部格安SIMを使ったスマホでは登録できないものもあります。SMS受信ができない固定電話や050で始まるIP電話ではペイペイの登録はできません

ペイペイアプリをダウンロードする際に、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と表示される場合

  • バージョンアップしていない
  • SMS認証コードが使えない
  • アプリ本体の不具合中

などが考えられるので確認してみてください。

PayPay(ペイペイ)のメリットとデメリット

キャッシュレス生活をするようになって感じたのは、レジの時短、お財布の軽減、友達への送金などサービスの便利さだけでなく、キャンペーンを利用するとスーパーやドラッグストアでも還元されるので、生活費の節約にもなります。

今まではPayPay残高には有効期限がありましたが、キャンペーンで進呈される期限付きPayPayボーナスライト(60日間)以外は有効期限がなくなり、ますます使いやすくなりました。

メリット

  • 会計がスピーディ
  • 財布がかさばらない
  • 0.5%以上のキャッシュバック
  • 不正使用補償がある
  • 個人間送金が手数料なしでできる
  • 残高の有効期限がなくなった

デメリット

  • PayPayボーナスライトは有効期限60日間
  • スマホの充電がないと使えない
  • 通信障害があると使えない
  • スマホ端末の盗難
  • つかいすぎに注意

デメリットやリスクをきちんと理解したうえで、お得なキャンペーンを活用して計画的に使うのがいいですね。

さらに詳しく見る

paypay(ペイペイ)お得なキャンペーン

https://paypay.ne.jp/event/

ペイペイのサービスが始まったときに、100億円あげちゃうキャンペーンが話題になりました。お買い物の20%が還元され、20人に1人が無料になるので、この時に始めた方も多いのではないでしょうか。

普段安くならないiPad proやアップルウォッチなどを20%還元で買いました。

最近では「最大1000円が無料になる」など引き続きお得なキャンペーンが行われています。本当に当たるので利用しないのはもったいないですよ。

食品スーパーで還元キャンペーン

https://paypay.ne.jp/event/supermarket/

今は指定のスーパーで10時から14時の間にPayPayで買い物をすると、5%(Yモバイル、Yahoo!プレミアム会員は10%)還元されるキャンペーン中です。
※1回当たり500円相当、期間中3万円相当
※支払いがYahoo!カード対象

8月中は10%(最大20%)還元でしたので、お得度は低くなりましたが現金で払うよりもいいですね。キャンペーンの内容は変わるので、公式サイトや各店舗のポスターなどで確認してみてください。

20回に1回最大1000円が当たるキャンペーン

PayPayの残高払いで1000円までは全額あたるキャンペーンです。

私は今まで、コンビニで2回、パンケーキ屋さんで1回、ドラッグストアで1回あたりました。レジで支払うときのお楽しみがあります。

今どんなキャンペーンがあるのかは、ホーム画面の「おトク」ボタンでいつでもチェックできますよ。

ユニクロでヒートテックが無料に

ユニクロでpaypayでヒートテックを1枚買うともう1枚無料になるキャンペーンも始まります。990円のヒートテックが戻ってくるわけですね!

さらに詳しく見る

paypay(ペイペイ)まとめ

paypayまとめ
  • QR・バーコードで支払いができる
  • 0.5%以上の還元
  • 不正使用は全額補償
  • PayPay残高は有効期限なし
  • PayPayボーナスライトの有効期限は60日間
  • 未成年でも作れる
  • 個人間送金が無料で簡単にできる
  • お得なキャンペーンが多い

今まで現金の代わりにできるだけクレジットカード払いでポイントをつけてきましたが、paypayをはじめ電子マネーが使えるお店が爆増しているので、キャッシュレス生活が可能になってきました。

海外でのキャッシュレス決済の利用者比率は、お隣韓国が89%、中国が60%、アメリカが45%なのに対し、日本はわずか20%!ウォンや元、米ドルは「偽札」の心配があるので、信用度の高いキャッシュレスを使うのは当たり前になってます。

日本でも2020年の東京オリンピックまでに国がキャッシュレスの普及に力を注いでいるので、スマホ決済は今後ますます広がることでしょう。

「キャッシュレスポイント還元制度」も始まるので、補償があり特典も多いPayPayを早めに作り、慣れておくのがおすすめです。

参考文献:「不正利用による被害を補償する制度の導入について~「PayPay」をより安心してご利用いただくために

公式サイトはこちら

TOP