40代ほうれい線対策におすすめ美顔器は?|悩み別美顔器徹底調査

ほうれい線の原因は、たるみだけじゃなかった! ほうれい線を消す方法ならこちら♬

原因にあった美顔器を選べば、ほうれい線を撃退できる! 美顔器と組み合わせることで相乗効果が期待できるものって?

これさえなければと思う、ほうれい線の消し方を紹介します。

見た目年齢を上げるほうれい線の恐怖…!

くすみやシミでも顔の印象はだいぶ変わってしまいますが、何といっても「ほうれい線」。このほうれい線さえなければ…!と、毎日鏡を見ながらため息をつく日々。

この悩ましいほうれい線、なかったことにできれば、5歳、10歳は若く見えるはず…!

そんな年齢肌のお悩み、実はほうれい線のケアが正しくできれば、憧れのエイジレスな肌が作れちゃうんです!

老け顔印象の原因No.1!

あると無いとでは大違いのほうれい線、こんなに見た目年齢に差が出てしまうって、ご存知でしたか?

ほうれい線とは

鼻の両側から口の端にかけて伸びるシワのこと。短く浅いシワが、徐々に深くなりながら口元まで伸びることで、老け顔の印象が大幅にアップしてしまう女性の敵。

ほうれい線が1cm伸びると、見た目年齢が5、6歳も上がるというデータも…!

表情ジワがなかなかもとに戻らない、という頃から、加齢とともにどんどん深刻化していきます。

じゃあほうれい線はあきらめるしかないの…?

いいえ、そんなことはありません。ほうれい線を「即効で消す」方法は、実はいろいろあるんです!

即効!ほうれい線を消す方法

ヒアルロン酸注射

これがもっとも効果的かつ即効性のあるほうれい線の消し方。施術時間も5~10分と短く、ダウンタイムもほぼありません。費用は1回でおよそ3~4万円で、3~6か月に一度の施術が必要です。

スレッドリフト

メスを使わずに簡単に受けられる施術として人気なのが、コラーゲンを原料に作られた特殊な糸を使って、顔を引き上げるスレッドリフト。施術時間は40~60分ほどで、ダウンタイムも短いのが特徴。1回にかかる費用は安くても30万円~と、なかなか高額な施術です。

ヒアルロン酸注射も、スレッドリフトも、プチ整形として人気が高いですよね。それにしても、ランニングコストもかかるし、プチ整形といってもなかなか手を出しにくいのが現実。

できれば、自宅でほうれい線を消すケアがしたい…!(しかも格安で!)というのが、本音ではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、自宅で気軽にセルフケアができる家庭用の「美顔器」です。

しかも「ほうれい線に効く!!」なら、ぜひ使ってみたいですよね♬

ほうれい線へのアプローチが期待できちゃう! ぴったりの美顔器をご紹介します!

ほうれい線対策にぴったりの美顔器はコレ!

数多くの美顔器があるものの、ほうれい線ケアにピッタリの機能がなくてはもったいない!

こちらでは、よりほうれい線に効くといわれている機能を持つ美顔器を紹介します♡

エステナードリフティ(LIFTY)

エステナードリフティ
画像引用元 https://www.kenkoucorp.com/goods/estenad_lifty/

価格 28,000円(税別)
重さ 約132g
サイズ 約W68×D58×H154
販売元 健康コーポレーション株式会社
機能 EMS、RF(ラジオ波)、イオン導入

エステナードシリーズのなかでも、大ヒットを飛ばしたリフティ。なんとあのライザップと共同開発して作られた本格EMS機能搭載で、表情筋にアプローチ♡ 時代はボディだけじゃなく、顔も鍛えてずっと若々しく♬

顔の表面はイオン導入機能で美容成分の浸透力を上げて、内側はRFで血行を促進させつつEMSでばっちり鍛えて、重力に負けない肌をめざせます!

エミオンリフト

エミオンリフト
画像引用元 https://www.arrow8.jp/el/

価格 今なら59,800円
重さ 約280g(本体+電池込み)
サイズ 63.5×182.5×52.5mm、ディスプレイ(1.5インチ)
販売元 アローエイト株式会社
機能 イオン導入・クレンジング、EMS、RF(ラジオ波)、冷却

こちらもEMS機能付きのハンディタイプの美顔器。ほうれい線が気になる方は、たるみが主な原因ということもあり、毛穴の開きも同時に悩んでいるケースも多いのでは?

エミオンリフトは冷却機能付きなので、多機能でのケアの最後に、毛穴の引き締めもできちゃう♡ ほうれい線に色んな機能でアプローチできるので、おすすめです!

リフトアイロンプロ

リフトアイロンプロ
画像引用元 https://jp.cos-beauty.com/products/detail/6

価格 22,800円
重さ 約150g
サイズ H156mm×W50mm×D57mm
販売元 株式会社 COSBEAUTY JAPAN
機能 約42℃~12℃の温冷美容(±30℃)、イオン導入、イオンクレンジング、EMS、微振動マッサージ

肌ダメージの修復機能をもつたんぱく質「ヒートショックプロテイン(HSP)」が最も増殖しやすいとされる「40~42℃」の設定ができるリフトアイロンプロ。

温冷の差があるほど、ヒートショックプロテインが生成されやすくなるといわれているので、±30℃というところも、とても魅力的な美顔器です♡

微振動マッサージでむくみやたるみをケアすることで、いっそうほうれい線へのアプローチが期待できます!

ダーマスタンプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ra・Selfeeさん(@raselfee)がシェアした投稿

価格 8,499円 (税込)
重さ 記載なし
サイズ ペンタイプ(電動スタンプ式)
販売元 株式会社 アイビビッド
機能 替えチップ12針タイプ・3個つき(0.25~2.0mmに調節OK)

ほうれい線が深ければ深いほど、試してみてほしいダーマスタンプ。「美容鍼」効果もあり、肌細胞をあえて傷つけることで新たな細胞の増殖を促してくれるんです!

ほうれい線の部位の肌は機能が低下してしまい、ダメージを修復できていない状態なので、ダーマスタンプで刺激を与えることで肌機能の改善や、新しく元気な細胞を育む手助けをしてくれます。

痛いのはいや!という方は、表面麻酔を使ったり、浅めに刺しても十分効果が見込めるので大丈夫♡ 肌機能の根本的な改善が期待できるんです!

美るるリバース

 

この投稿をInstagramで見る

 

belulu 美ルル【公式】さん(@belulu_beauty)がシェアした投稿

価格 19,800円
重さ 104g
サイズ 175mm×63mm×45mm
販売元 ヤンコム株式会社
機能 エレクトロポレーション、ノーニードルメソセラピー、EMS、RF(ラジオ波)、振動マッサージ、LED光エステ

美るるリバースには、エレクトロポレーションと同時にノーニードルセラピー効果がある施術がセルフでできるのでかなりおすすめです♬

肌の細胞と細胞の間にスキマを作り、さらに美容成分の分子を小さくすることで、美容液の浸透力も大幅にUP!

EMS、LED機能もついているから、肌の内側と外側からのWアピールで実感までの早さが違います♡

ほうれい線には表情筋を鍛えたり、肌の内外から働きかけられる美顔器がおすすめです!

深いほうれい線は、肌本来の活力が蘇るようなアプローチで、根本的な原因の解決を目指すことが美肌への近道♬

結局ほうれい線には何が効くの?

ほうれい線におすすめの美顔器を5つ挙げましたが、結局どれがいいか決められない!という方、迷っちゃいますよね。

「どれも性能が良さそうだから選べない」というときは、まずはあなたのほうれい線の原因を探ってみましょう!

そう、ほうれい線にはいくつもの原因が関わっているのです。

ほうれい線にもいろんな原因があった!

ほうれい線の原因といえば、「加齢」の2文字が浮かびますよね。

しかしそれを細かく分析していくと、皮脂分泌が減ってしまったことによる乾燥に起因するものだったり、コラーゲンやエラスチンの変性・減少によるものなど、実に様々なんです。

ほうれい線の原因

  • 乾燥
  • コラーゲンやエラスチンの変性、減少(紫外線や栄養などでも左右される)
  • 表情ジワ
  • 皮膚のたるみ
  • むくみ
  • 老廃物
  • 肌の糖化ダメージ
  • 表情筋の衰えによるたるみ
  • 脂肪によるたるみ

など、ほうれい線の原因は、実はこんなにあるんです!

やはり原因によっても効果が出やすいアプローチは変わってくるので、美顔器の種類も多様化しているわけなんですね。

原因を突き止めることで効果が出やすくなる♬

ほうれい線は加齢とともに濃くなるのは仕方ない…と、あきらめるにはまだ早いです!

自分のほうれい線の原因を分析することで、「自分に最も適した美顔器」を見つけやすくなります。

例えば、コラーゲンやエラスチンが減っていることが原因なのに、スチーマーやキャビテーションの美顔器を選んでしまっては、あまり効果が期待できそうにありませんよね。

ほうれい線の主な原因が分かれば対策も取りやすいので、今一度、じっくり肌悩みと向き合ってみてくださいね!

こんなほうれい線対策も!

美顔器でのケアも大切だけど、美顔器と組み合わせることで、よりほうれい線を目立たなくできちゃうおすすめの方法がこちら。

合わせることで効果UP♡

リンパケア

せっかく美顔器でケアしても、水分や老廃物の逃げ場がない状態ではもったいない…!

美顔器を使った後には、デコルテを含む顔・首のリンパケアがおすすめ♬

手の平で優しくさするだけでも十分ですが、そんな時にローラータイプの美顔器(小さめサイズ推奨、安価なものでもOK!)があると、とっても便利です♡

コロコロ転がすだけで、リンパ節に余分なものを流して顔印象がスッキリに! 毎日のケアで、顔全体のトーンも明るくなりますよ♬

ツボ押し

鼻や頬周りのツボにはほうれい線に効果的といわれているツボが集まっているので、毎日のスキンケア時にぜひ取り入れてみてください♡

下関(ゲカン)

耳の付け根から少し内側にあるくぼんだ部分。口を大きく開けた時に動く関節に近い場所にあります。血行・代謝促進、ほうれい線の改善が期待できます。

巨髎(コリョウ)

黒目と小鼻を結んだ線上に位置します。頬のシワ、たるみ、ほうれい線の改善が期待できます。

地倉(チソウ)

口角の約1cm外側に位置します。むくみ、ほうれい線の改善が期待できます。

これらのツボは、老廃物を排出しやすくしたり、たるみケア、むくみケアができたりする、エステでもおなじみのツボです。

エステで美容液などを塗る際に、ハンドマッサージでツボをプッシュされた事がある方も多いのではないでしょうか。

爪で皮膚を傷つけないように注意して、指の腹を使って優しく少しだけ持ち上げるようなイメージでツボ押しするのがおすすめ。

今すぐ手軽に試せるので、美顔器と合わせてケアしやすい方法です!

ほうれい線を消すマッサージ、エクササイズ

ほうれい線対策にはマッサージも良いけれど、エクササイズで表情筋を鍛えることも有効。「い」「う」「お」など、口を大きく動かすエクササイズが簡単でおすすめです!

他にもまだまだ「いつどこでも、誰でも簡単にできるエクササイズ」があるので、ぜひ取り入れてみてくださいね♬

ほうれい線を隠すメイクアイテム

有名なのに、意外と使われていないのがコンシーラーやハイライトを使ったほうれい線隠し。

やってみたことはあるけれど、うまくいかなかった方も多いのでは? シワに入り込んで悪目立ちしたり、ヨレの原因になってしまったり…。

ほうれい線にコンシーラーを使うときは、明るめの色のやわらかいタイプを選ぶのがおすすめ!

光の飛ばし効果でくぼみを散らし、シワになじませることで目立たなくできます。クマかくしなどでも使われるような、筆タイプだとなじみやすくヨレにくいです。

ハイライトも光の散らし効果があっていいのですが、ほうれい線に使う場合はパールは細か過ぎるとほうれい線上に光った線ができてしまうことも…!

程よいパール感のものを選び、顔全体にもほんのりパールが入ったルースパウダーやファンデーションのもので仕上げることで、いっそう肌になじみやすくなるのでおすすめです♬

ほうれい線の改善に♡美容成分はEGFがおすすめ!

EGFって?

「上皮成長因子」、または「細胞再生因子」とも呼ばるEGF(Epidermal Growth Factor)は、肌の深層部分ではなく表皮細胞上皮を修復、再生させて成長を促進する因子のこと。

EGFは細胞の成長や代謝に関する機能を持ったタンパク質で、骨や筋肉にも不可欠なことから、医療分野でも活躍しています。

肌の表面に近い細胞を修復することで、シワやシミにも改善が期待できるという臨床データもあるので、EGF配合の美容液を導入することで、深いほうれい線にも改善が期待できるんです♡

ほうれい線で悩んでいるなら、ぜひEGF配合の化粧品を使ってみてくださいね!

やっちゃダメ!間違ったほうれい線対策とは

いろんなケア方法があるなかで、絶対にやってはいけない、こんなほうれい線対策も…!

肌断食

一時ブームとなった肌断食。化粧水を始め、すべての基礎化粧品を絶つことで肌本来の力を確かめたり、取り戻そうとする試みのこと。

この肌断食をおすすめできるのは、20代~30代前半頃のお肌。自分の肌タイプを改めて見極めたり、何が足りないか試すという意味では有効な方法です。

しかし40代ともなると、すでに肌タイプは熟知しているでしょうし、普段のケアで甘やかされている肌を急に断食しようものなら、かえって状況は悪化しがちです。

自己流のマッサージ

分かった気になって自己流でするマッサージほど怖いものはありません!

肌を傷つけるどころか、肌内部の組織まで傷つけるなんてことも。また、デコルテのリンパの流れは、素人のイメージとは真逆な部分もしばしば。

今はYouTubeやInstagramなど、美容のプロが手がけているような信頼できる情報が手に入りやすいので、きちんと下調べをしてからマッサージは行いましょう!

やりすぎに注意!

力を入れすぎ、長時間し過ぎ、毎日し過ぎのやりすぎケアは、絶対NG!

圧力をかけた方が美容成分が浸透するイメージかもしれませんが、肌に必要以上に負担がかかることで、シワやたるみの原因にもつながります。

また筋トレでもいえることですが、トレーニングは筋肉に負荷(ダメージ)を与えて、修復することで筋力をアップさせます。

全身のトレーニングで例えると、昨日腕の筋トレをしたから今日は脚、といったように、筋肉には「休息期間」が必要です。

なので毎日EMS機能を使うと、修復が間に合わないうちにさらなるダメージを与えてしまうことに…。

美顔器の注意事項にも記載されているように、使用方法は正しく、やりすぎのケアは逆効果ということを覚えておきましょう。

まとめ

ほうれい線対策に!おすすめの美顔器の機能は…

・EMS
・エレクトロポレーション
・メソセラピー
・温冷  など

一緒にやると効果が期待できるリンパケア、ツボ押し、表情筋を鍛えるエクササイズを取り入れつつ、EGF(成長因子)入りの美容液でケアして、目指せ、ほうれい線とサヨナラ!

まずは自分のほうれい線の原因を突き止めて、それにあった美顔器でケアすることが、最強美肌への近道! 手軽に続けられるセルフケアで、周りとの差をつけちゃいましょう♡
関連記事
TOP