酢酸トコフェロールの効果とは?育毛の効果や副作用ってどんなもの?

女性用育毛剤の成分表を見てみると「酢酸トコフェロール」とよく記載されていますが、普段は聞かない単語ですよね。

女性用育毛剤の成分としてはポピュラーな成分ですが、実際のところ「酢酸トコフェロール」とはどんな効果があるものなのでしょうか?

そんな「酢酸トコフェロール」の効果や副作用などについて徹底調査しましたので、育毛剤を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

酢酸トコフェロールってなに? 


酢酸トコフェロールは、ビタミンE誘導体の一種です。

通常のビタミンEは、そのままの状態だととても不安定で、吸収率も低いため、取り扱いがとても難しいビタミンと言われています。

そこで、このビタミンEに手を加えることで、吸収率や溶解性を高めたものを「酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)」と言います。

酢酸トコフェロールの特徴
  • ビタミンEの化学化合物である。
  • 吸収率や溶解性が高められているため、化粧品や育毛剤などに活用されやすくなっている。

酢酸トコフェロールは、酸化防止の効果があり、通称「若返りビタミン」とも呼ばれています。
しかも安全な成分なので、赤ちゃん用のローションなどにもよく配合されている成分です。

こんな人におすすめ!

オトカワキャット
オトカワキャット
「酢酸トコフェロール」をオススメしたい人はこんな人ですニャ!
  • 毛量を増やしたい人。
  • 健康な髪を育てたい人。
  • 頭皮を健康に保ちたい人。

酢酸トコフェロールは、抗酸化作用があるため、頭皮や毛髪のアンチエイジングにも役立ちます。

そのため、毛量を増やしたい人だけでなく、頭皮を健やかに保ちたい人にもとてもおすすめの成分です!

では次に、酢酸トコフェロールの育毛効果について、詳しく見ていきましょう!

酢酸トコフェロールの効果って?

主な効果は下記の2つです。

  • 抗酸化作用
  • 血行促進作用

それでは、それぞれどんな作用があるのか見てみましょう。

抗酸化作用について


酢酸トコフェロールには、優れた抗酸化作用があります。

頭皮もお顔などと同じ皮膚のひとつですよね。頭皮は紫外線をもろに受けてしまいます。

紫外線を受けることにより、肌の老化が進んでしまうのは周知の事実ですよね。

紫外線による活性酸素は、細胞をどんどん酸化させてしまうのです。

そして頭皮の老化によって、徐々に細胞の機能が低下していってしまいます。

そこで酢酸トコフェロールの優れた抗酸化作用が、その活性酸素を取り除き、頭皮の老化を防いでくれるんですね!

血行促進作用について

酢酸トコフェロールのもうひとつの効果である「血行促進作用」。

これは女性の育毛効果としてはかなり重要なものになります!

血行を促進することで、頭皮の溜まった老廃物を送りだす手助けをします。

老廃物が排出されることによって、頭皮環境を健康な状態に整えるだけでなく、毛髪にも新鮮な栄養素や水分を与えることができるのです!

そして血行が良くなることで毛母細胞が活性化され、新たに健康的な毛髪を作り出すことを促してくれるのですね!

どのように育毛効果につながるの?

育毛するために大切なポイントとは、この二つです。

  • 頭皮環境を正常な状態に整えること。
  • 健康な髪の毛を作りだすこと。

そのふたつのポイントを解説していきましょう。

頭皮環境を整える


まず初めに頭皮環境を整えることですが、
毛髪が生えるためには、その土台となる「頭皮」を清潔に、健康な状態に整えるとこがとても大切です。

頭皮が健康な状態でなければ、健康な毛髪は生えてこないのは当たり前ですよね。

頭皮を清潔にするためには、正しい洗髪をして皮脂やフケを取り除くことはもちろん大切です。

それをもうひとつ、頭皮を内側から健康な状態にしてあげることもとても大切なんです。

そこで力を発揮するのが、酢酸トコフェロールの「抗酸化作用」です!

酢酸トコフェロールには優れた抗酸化作用があり、頭皮の酸化や老化を防ぐことによって、頭皮を若々しく健康的な状態に保ってくれる役割があるんですね。

健康な髪の毛を作ること


そしてもうひとつ重要なポイントが、「健康な髪の毛を作ること」です。

せっかく土台である頭皮の環境が整っても、健康な毛髪が生えてこなければ意味がありませんよね。

そこで酢酸トコフェロールの血行促進作用が働きかけます

酢酸トコフェロールの血行促進作用で、頭皮の血行が良くなり、頭皮全体に栄養や酸素が送り届けられます。

さらにスムーズな栄養・酸素の供給により、毛母細胞が活性化され、健康な毛髪が生えてくるようになるんですね!

このように、酢酸トコフェロールそのものに直接毛根などに働きかけて育毛を促す効果はありません

しかし、頭皮環境を整えることによる抜け毛の減少、健康的な毛髪が生えてくるための土台作り、また毛母細胞の活性化など、育毛をサポートするための効果があるということがわかりました!

酢酸トコフェロールに副作用はあるの?

さて、これまでご紹介したように、酢酸トコフェロールには抗酸化作用や血行促進など、育毛につながる優れた作用があることがわかりましたよね。

次に気になるのが副作用についてではないでしょうか?

はじめに結果から言ってしまうと、育毛剤として使用する酢酸トコフェロールには、とくに副作用はありません!

酢酸トコフェロールは、ビタミンEに手を加えることによってできている「ビタミンE誘導体」なので、ビタミンE自体がもつ副作用は軽減できているそうです。

サプリメントとして体内に摂取するものであれば、多量に摂取することによって消化器官に負担がかかり、胃の不快感や下痢・便秘などが起こることがあります。また、血行が促進されることによる頭痛や吐き気、めまいなども報告されています。

ですが以上の副作用は、サプリメントなどで体内に摂取する場合の副作用であり、育毛剤として頭皮に塗布する分にはとくに注意する必要はありません。

それでももしどうしても心配な方は、一度パッチテストをしてから使い始めると良いですね。

女性用育毛剤の選び方のポイントって?

オトカワキャット
オトカワキャット
このように酢酸トコフェロールには、育毛をサポートするための役割がありますニャ

酢酸トコフェロールのように、育毛剤の成分はさまざまなものが使用されています。

育毛剤を選ぶ際には、ぜひこのように成分のひとつひとつにも着目して頂きたいのですが、なかなか成分ひとつひとつを理解するのは大変ですよね。

そんな時におおまかな目安として、女性用育毛剤を選ぶときのポイントをいくつかご紹介します!

選び方のポイント
  • どんな有効成分が配合されているか?
  • 保湿成分が配合されているか?
  • 肌に優しい成分で作られているか?
  • 使用感が良いかどうか?

これらが育毛剤を選ぶときのポイントになります!

どんな有効成分が配合されているか?

まず一番重要なのが「どんな有効成分が配合されているか?」です。

有効成分とは、「その効果が認められた成分」のことです。薄毛には様々な原因があり、それぞれの原因に合った有効成分を選ぶことが大切です。

これは育毛の効果に直結するので、その商品の特徴として記載されている成分をよく見て、どのような有効成分が配合されているかを確認してみましょう。

育毛剤によく使用される有効成分

・グリチルリチン酸2K(カンゾウエキス)
・オタネニンジンエキス
・センブリエキス
・オウゴンエキス
・アルニカエキス
・ディーツリー油葉
・酢酸トコフェロール
・セファランチン
・センキュウエキス
・ソウハクヒ
・ベンジルアミノプリン
・ポリリン酸ナトリウム
・アロエエキス
・塩酸ピリドキシン
・エストラジオール
・キナノキ樹皮エキス
・サンショウエキス
・ホップエキス
・ショウブ根エキス
・オオバクエキス
・リンゴタンニン
・ユーカリ
・トウガラシエキス
・クワエキス
・ニコチンアミド
・ペンチレングリコール
・タカサブロウエキス
・フコイダン
・オキナワモズクエキス
・ワレモコウエキス
・ラミナリアディギタータエキス
など。

女性用育毛剤に配合されている成分は主に「血行促進」「頭皮の保湿やケア」「細胞の活性化」の3種類です。
自分の症状に合わせて、配合されている成分から育毛剤を選ぶのも良いでしょう。

女性用育毛剤に配合されている成分と効果は?どの成分が良いのか調査!女性用育毛剤はさまざまな商品が発売されていて、それぞれ成分も異なります。自分の薄毛が何による原因かによって選ぶ育毛剤も変わるということで...

保湿成分が配合されているか?

育毛のためには頭皮環境を整えることもとても大切です。

そのためには、頭皮をしっかりと保湿し、育毛に適した健康的な頭皮に整えることがとても重要です。

育毛剤によく使用される保湿成分

・ヒアルロン酸
・みかんエキス
・イチョウ葉エキス
・可溶性コラーゲン
・コンドロイチン硫酸
・グリセリン
・アロエエキス
など。

これらの成分が入っていると、頭皮が保湿されて肌環境がふわっとしたり改善されることによって、髪のボリュームアップやハリコシが出るなど、美髪に繋がる効果も期待できます。

肌に優しい成分で作られているか?


せっかく育毛剤を使用しても、頭皮が荒れてしまったり、新たなトラブルが起きてしまっては元も子もありません。
育毛剤を選ぶときには、お肌に優しい成分で作られているかも確認したいポイントです!

育毛剤に入っていては好ましくない成分

・アルコール系の成分
・紫外線吸収剤
・合成ポリマー
・タール系色素(赤色〇〇、黄色○○・・・など)
・香料
・着色料
・動物性原料
など。

基本的には、アルコールフリーや着色料フリーなど、無添加にこだわったものを選べば大丈夫です。

エタノールなどは、成分と成分のつなぎの役割も果たすため、成分表に書いてあることは多いですが、アルコールフリーと明記されていればOK

表記される基準の0.05%以下など、刺激がないと認められる配合量の証なので、心配しないで大丈夫です。

しかし万が一、発疹やかゆみ、ひりつきなどの症状が出た場合は、すぐに使用を中断し、医師に相談しましょう。

使用感が良いかどうか?


最後に「使用感が良いかどうか?」です。

育毛剤は基本的に毎日使用するものなので、使用感が悪かったり合わなかったりしたら、使い続けていけませんよね。

ネットやドラッグストアで売っている育毛剤であれば、検索すれば大抵のものは使用感のレビューが出てきます。

また、ネット販売のものだと、初回の購入が半額以下とお得だったり、全額返金保証などがある場合が多いです。

香りであったり、べたつきであったり、さまざまなものがあるので、自分の好みにあったものを選びましょう。

女性用育毛剤おすすめ15選!40代髪の悩み別で選ぶ育毛剤ランキングボリュームダウンやハリ・コシの低下、抜け毛などは加齢によるホルモンバランスの低下などが原因で誰にでも起こることです。 そこで育毛剤...

まとめ・総評

酢酸トコフェロール
いかがでしたか?

育毛剤にはさまざまな成分が配合されていますが、

今回ご紹介した「酢酸トコフェロール」には、抗酸化作用や血行促進作用があり、頭皮の環境を健やかに整えてくれる効果があることがわかりました。

育毛・発毛のためには髪の毛そのものだけでなく、土台になる頭皮の環境を整えることもとても重要なポイントなのですね!

育毛剤にはたくさんの種類があって迷ってしまいますが、どんなものが配合されているのか、ぜひ成分にも着目して、自分に合った育毛剤を選んでみてくださいね!

TOP