キャッシュレス決済1週間生活!意外と使いすぎ?試してみたレポ

10月から始まった国の「キャッシュレス消費者還元事業」。課題はまだたくさんありますが、街のキャッシュレス化はどのくらい進んでいるのでしょうか。

キャッシュレスでどこまで生活できるのかを検証してみたところ、まだ完全ではありませんが、財布からお金を出すことがほとんどなくなりました。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済は現金を使用しない支払い方法。クレジットカード、電子マネー、スマホ決済、デビットカード、プリペイドカード払いがあります。

クレジットカード VISA/JCB/Master など
電子マネー
(プリペイド型)
Suica/PASMO/楽天Edy/WAON
電子マネー
(ポストペイ型)
iD/QUIC Pay
スマホ決済 PayPay/LINE Pay/メルペイ/origami Pay/楽天Pay/d払い/au Pay
デビットカード
プリペイドカード LINEカード/nanacoなど

キャッシュレス・消費者還元事業とは

国の経済産業省が始めた事業。
キャッシュレス決済した場合に決済額の5%(または2%)が消費者に還元される制度です。

還元分は国が負担してくれます。

還元率は企業規模によって変わります。

中小企業のお店 5%還元
フランチャイズ店 2%還元
大企業の店 還元なし

中小企業の線引きは、資本金額(または出資総額)、常勤の従業員数いずれかを満たせばOKです。

業種 資本金 従業員数
製造業 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業 5千万円以下 50人以下
サービス業 5千万円以下 100人以下

カフェ・ベローチェやカラダファクトリー、叙々苑のようにチェーン店でも5%還元対象のお店があります。赤いポスターやのぼり旗が目印です。

ネット通販も還元対象

楽天やAmazonなどのネット通販でも消費者還元事業に登録していれば還元対象となります。

楽天 5%または2% 楽天スーパーポイントで後日還元
ヤフーショッピング 5% PayPayボーナスライトで後日還元
Amazon 5% 即値引き

クレジットカードはできるだけ使わずに、スマホ決済優先でどこまで払えるか検証してみました。

キャッシュレス生活1週間

概要

  • 40代後半フリーランス主婦
  • 家族構成 夫+息子2人+犬
  • 横浜在住
  • 携帯 docomo

使用キャッシュレス一覧

私が普段使っているキャッシュレス決済一覧です。

メインで使っているのは、

  • 電子マネー 「Suica」と「iD」
  • クレジットカード 「dカードGOLD」
  • スマホ決済サービス 「PayPay」
  • プリペイドカード 「CoGCa」

月曜日 スーパーのチャージ払い

http://www.cogca.jp/pc/

よく買い物するスーパーは、電子マネー「CoGCa(コジカ)」に現金をチャージ。

中規模なスーパーなので国のキャッシュレス還元5%分合計金額より引かれます。スーパー独自のポイントサービスもあるのでダブルでお得です。

食料品 4,880円 プリペイド

キャッシュレス還元5% 244円

ダスキンがポストに入っていました。
支払いはdカード引落に設定してあるので、集金は必要なし。

ダスキン 1,480円 クレジット

火曜日 自販機でSuica払い

駅の自動販売機、モバイルsuicaでジュースを買う。

自販機 160円 suica

モバイルSuicaの残高がないので、メルカリの売上金よりiDでチャージ。

交通費チャージ 5,000円 メルカリiD

セブンイレブンで雑誌とお菓子

コンビニ 969円 楽天Pay

キャッシュレス還元2% 19円

大手スーパーで食料品

食料品 5,154円 PayPay

PayPay残高へ77円

水曜日 カフェめぐりでPayPay決済

キャッシュレス還元5%

お友達と鎌倉のカフェめぐり

ランチ代 3,520円 PayPay

キャッシュレス還元5% 281円

鎌倉のカフェをはしご。
昔ながらのカフェはキャッシュレスなし

カフェ 850円 現金

コーヒースタンドもキャッシュレスなし

カフェ 500円 現金

鎌倉市役所の駐輪場

駐輪場 500円 現金

木曜日 クリーニングでクレカ払い

「ダイソー」

100均 440円 PayPay

PayPay残高 6円

クリーニングはキャッシュレス事業対応店なので少額でもクレジットカードで支払い

クリーニング 600円 クレジット

消費者還元5% 30円

金曜日 友達へPayPay送金

コワーキングで勉強会
友達に会場費割り勘分をPayPayで送金。

送金 3,000円 PayPay

駅ビルでお弁当購入

お弁当 550円 suica
お茶 110円 suica

スーパーで食料品

食料品 2,560円 プリペイド

キャッシュレス還元5% 127円

土曜日 すしざんまいでiD払い

築地の取材の合間にひとりでランチ。

すしざんまいって外国人多いのにキャッシュレス対応が少なく、かろうじてiD払いが使えました。

ランチ 1,294円 メルペイiD
コンビニ 595円 PayPay

PayPay残高 8円

キャッシュレス還元2% 11円

日曜日 ユニクロでヒートテック

ユニクロ
ヒートテックを買うともう1枚もらえるキャンペーン

ユニクロ 2,970円 PayPay

PayPayクーポン割引 990円

スーパーで食料品

食料品 4,060円 プリペイド

消費者還元5% 202円

ホームセンターで日用品

日用品 957円 PayPay

PayPay残高14円

ドラッグストアで風邪薬を買う。
Tomo’sは、Tomo’sポイント(170P)とポンタポイント(24P)がダブルでたまった。

ドラッグストア 1,966円 PayPay

PayPay残高 29円

1週間合計

キャッシュレススマホ決済

1週間の使用金額をまとめてみました。
※送金やチャージは合計に含みません。

決済方法 金額 還元
現金 1,850円
プリペイド 11,500円 573円
PayPay 15,602円

426円
990円

メルペイiD 1,294円
楽天Pay 969円 19円
suica 820円
クレジットカード 600円 30円
合計 32,635円 2,038円

キャッシュレス決済で支払った場合、2,038円ほどお得になりました。

なかでも還元率が高いのが、国の5%還元が受けられる飲食店やスーパーでの利用です。5%なんて……と思っていましたが、結構還元されていますね。

逆にPayPayの支払いは10%~20%還元のイメージが残っているので、大型キャンペーンがなければそこまで得ではありません。

とはいえ、現金で支払ったら戻ってこない金額なので、ちりも積もればでしょうか。

ユニクロの割引をのぞくと1週間で約1,000円ちょっとの還元だったので、1か月で5,000円くらいお得になりそうです。

1週間キャッシュレス生活の感想

「うわっ、こんなに使ってたの?」というのが正直な感想です。食費で16,654円、外食代6,984円、コンビニで1,564円、など思っていたよりも使っていました。

利用履歴はお店ごとに細かく見れるので、決済サービスを決めて利用すれば、家計簿をつけていない人でもお金の動きが把握できるのはいいなと思いました。

PayPayが使えるお店が増えましたが、まだまだクレジットカードやSuicaなどの電子マネー払いの店が多いです。

レジで並ぶお店では、QRコードをあらかじめ用意して待つようにしています。おつりのやり取りもなく、現金を財布から出すよりも時短なので慌てないのがいいですね。

ただし、個人商店だと店員さんがスマホ決済を理解しておらず、キャッシュレス還元のポスターが貼ってあるのに「うちでは使えません」と言われたことも。

店員さんとお客さんのどちらもキャッシュレス決済を使いなれていればスムーズですが、慣れないと逆に時間がかかります。

スマホ決済はPayPayを使っていますが、楽天Payが期間中対象店どこで使っても5%還元キャンペーン中だったので、積極的に使えばよかったかも。

キャッシュレス決済

メリット

  • キャッシュレス還元店は使わないと損
  • 財布がいらない
  • 間違いが少ない
  • お得なキャンペーンが多い
  • PayPayが使えるお店が増えた
  • 個人間送金が便利

デメリット

  • 店員がわかっていない店がある
  • 慣れない人がいるとレジが遅い
  • 停電時に使えない
  • スマホの充電がないと使えない

病院や動物病院でもクレジットカードやスマホ決済ができ、いっそのことお財布いらないのでは……と思った矢先に台風19号の災害がありました。

災害時で停電になるとお店でキャッシュレス決済は使えないし、スマホの充電がないと支払うことができません。小銭の手持ちを完全になくすわけにはいきません。

国のキャッシュレス還元事業は2020年6月までなので、今からでも十分に間に合います。早く始めた分だけお得ですから、是非利用してみてくださいね。

TOP