ドコモユーザーでもdポイント投資をやらないほうがいい理由

この記事に書かれていること
投資歴15年以上の筆者がdポイント投資がおすすめできない理由を書きました。はっきり言ってやめたほうがいいです!
  • なぜおすすめできないのか?
  • dポイント投資の詳しい解説
  • やるなら「日経225」コース
  • THEO+docomoの入り口戦略

2018年からサービス開始1年で、利用者数が50万人を超えたドコモのdポイント投資。

「お金の関心が向上した!」

「ポイント投資をはじめて本物の投資で資産運用をしてみたくなった!」

dポイント投資をした半数以上の人がこのように答え、「dポイントを使って投資に慣れてもらおう」という点では大成功だったそうですが、実際に使ってみた感想は「ひどい」の一言。

対応窓口がなく、聞きたいことがあってもたらい回し。簡単な質問をするのに2日以上かかり、メールで問い合わせても答えがでずに6回も電話をかけなおしました。余っているdポイントでゲーム感覚でやるならよいのですが、「投資」と名乗るにはあまりにお粗末なものでした。私の時間を返して!

https://dpoint-inv.com/portal/top

dポイント投資がダメな理由

ドコモユーザーの私がつかってみた感想ですが、時間もポイントももったいないのでやめたほうがいいです。

dポイント投資がダメな理由
  • 問合せ窓口がない
  • 分配金がないので値下がりリスクを補えない
  • ドコモの都合でサービスが廃止できる

dポイント投資のいいところをあえて探すなら、証券口座を開設しなくても投資体験ができるところでしょうか。

現金でのポイント追加はできないので、dポイント投資の平均はひとり1500ポイントくらいと少なめ。ゲーム感覚で遊ぶならよさそうですが、投資経験者はやるメリットがありません

dポイント投資を調べていくとその先には、リアルな資産運用が完全自動でおまかせできる「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」があることがわかりました。

dポイント投資は、THEO+docomoの入り口戦略ということを理解しておきましょう。

dポイント投資とは

https://dpoint-inv.com/portal/top
dポイント投資
オススメ度 ★☆☆☆☆
特徴 dポイントを運用する疑似投資体験サービス
投資内容 ロボアドバイザーによる「おまかせコース」と5つのテーマから選ぶ「テーマ運用」
手数料 無料
投資金額 100ポイント単位で運用

dポイント投資の詳細はこちら

お金を使わずドコモの「dポイント」を運用して、dポイントを増やす投資疑似体験サービスです。証券会社は不要。面倒な本人確認などの手続きがなく、誰でも簡単に投資体験ができます。

しかしdポイント投資には、本来投資で受け取ることができる「分配金」や「配当金」がないので、値下がりリスクが補えません

また、利用規約の第16条には、ドコモの都合でいつでもこのサービスを廃止できると書かれています。そんな自分勝手なサービスをはたして投資と呼んでもいいのでしょうか。

運用方法をみてみましょう

運用方法を選択

dポイントの運用方法は、ロボアドバイザーにおまかせする「おまかせ運用」と、自分で5つのテーマから選ぶ「テーマでの運用」から選択します。

おまかせコース

https://www.nttdocomo.co.jp/service/dpoint_inv/
  • バランスコース
  • アクティブコース

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」が運用する投資信託の変動に合わせて、dポイントが増減します。

テーマ運用コース

https://dpoint-inv.com/portal/top
  • 日経225
  • 新興国
  • コミュニケーション
  • 生活必需品
  • ヘルスケア

テーマでの運用は、テーマごとに異なるタイミングで変動するので、その割合を自分で決めることができます。一点集中でもOKですが、リスクの幅を考えながら分散投資が体験できます。

dポイント投資をやるなら、「日経225コース」がおすすめ。ニュースなどでよく耳にする「日経平均株価」に連動しているので、経済ニュースにも関心がわき相場の変動が実感できます。

日経平均が大きく下げている時に買うならいいですね。

投資タイミングの裏技が消滅

https://dpoint-inv.com/portal/top

dポイント投資がここまで人気になったのは、”絶対に損しない裏技”が広まった理由もありますが、2018年に使えた後出しの裏技は使えなくなりました。

dポイント投資の裏技とは?前日のETFの成績を翌日17時に反映する仕組みだったので、成績を知ってからポイントの追加を行うことで損をしない使い方ができたが、2019年に変更。

自分の好きなタイミングでドコモポイントを追加したり、引き出したりできます。

dポイント投資をやってみた感想

https://dpoint-inv.com/portal/top

始めるのはとても簡単ですが、ドコモの対応は全くダメ!わかってはいたけれど、予想以上にたらい回しにされて消耗しただけで終わりました。

始める前に質問があったので問合せしたところ、実際に100ポイントでも投資を始めないと問い合わせができないことが判明。メールで質問を送り、教えてもらった番号に電話をしたのに5回以上もかけなおし。ただ、問い合わせ先を確認したかっただけなのに酷すぎます。

ポイントを使った投資疑似体験サービスだから、難しいことは考えずにポイントの増減をゲーム感覚で楽しむにはいいのでしょう。しかし、長年投資を経験している者から言わせてもらえば、dポイント投資をやるメリットがまったくわかりませんでした。

pontaポイント投資やセゾンの永久不滅ポイント投資も同じ疑似体験サービスなのでおすすめできません。分配金や配当金がない投資は、値下がりリスクを補うものがないため、スタート時点ですでに不利になります。

ポイント投資なら、Tポイントを使って少額でもリアルな取引ができる「ネオモバ」がおすすめ。ネオモバなら配当金だけでなく、株数によっては株主優待も受けることができるので、初心者が投資を始めるには適しています。

dポイントについて調べたところ、リアルな資産運用ができる「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」に行きつきました。

dポイント投資は、THEO+docomoへ利用を促すための教育的なサービスだったわけですね。こちらはなかなか面白そうなサービスですよ

THEO+docomoとは

https://docomo-inv.com/theo/

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」を利用した1万円からできる資産運用。元本割れのリスクはありますが、すべておまかせでできるので、投資経験は知識は必要なく、手間もかかりません。

ロボアドバイザーとは

独自のアルゴリズムで、ひとりひとりにあった資産運用を提案し、運用を行うサービス。「THEO(テオ)」は株式会社お金のデザイン提供のロボアドバイザーの名前です。

THEO+docomo
オススメ度 ★★★☆☆
特徴 ロボアドバイザーによる全自動資産運用
投資内容 228通りから提案
手数料 他預かり資産の年率1%
dカードゴールドなら手数料最大35%OFF
投資金額 1万円から
利用者平均 毎月20,710円

THEO+docomoの詳細はこちら

THEO+docommoの評判

ロボアドバイザーにまかせっきりの運用なのでラクチン。
預金が低金利なので資産運用をしたいが、投資経験がないのでロボアドバイザーにおまかせの資産運用を選びました。
dポイント投資を初めて、ロボアドバイザーによる資産運用ができることを知りました。
手数料がもう少し安くなると嬉しいです。
他の人がどのくらいの金額で利用しているか気になります
THEO+docomoをどんな人が使っているのかの調査結果があります
https://docomo-inv.com/theo/

ロボアドバイザーの利用者は30~40代が多く、その半分以上が投資初心者で、毎月2万円くらいの積み立てで利用しています。

実際にどんなサービスなのか見ていきましょう

THEO+docomoの特徴

  1. おまかせ資産運用
  2. dポイントがもらえる
  3. おつり積立ができる

おまかせ資産運用

5つの質問に回答すると、228通りの運用プランから、自分に適した資産運用プランを提示してもらえます。毎月自動リバランスなので、あれこれ考える手間もなし。

AIアシスト搭載で、大幅に下落すると判断したときには、ETFの組入れ比率を調整することで下落リスクを軽減してくれます。

リバランスとは
運用期間中に市場の動きで変化した投資配分を元に戻すこと

資産運用シュミレーションは無料でできます。

→ https://docomo-inv.com/theo/

dポイントが毎月もらえる

預かり資産に応じてdポイントが毎月もらえ、ドコモユーザーならそのポイントが1.5倍になります。本家の「THEO」で運用するよりもdポイント分お得です。

おつり積立ができる

https://docomo-inv.com/theo/

dカードで買い物をすると、設定金額に応じた端数をおつりとして自動でつみたて、積立額が1万円になるとETFを買い付けるという面白い積み立て投資です。

おつり積み立ては、貯金が苦手、少額投資をしたいという人に向いていますね。

dポイント投資まとめ

dポイント投資は初心者向けの投資体験サービス。
投資経験者はやる必要がありませんが、初心者にもおすすめできません。

どうしてもdポイント投資をやるなら、日経平均の値動きに連動する「日経225コース」を選び、日経平均が大きく下げたときに買うのがおすすめです。

dポイント投資は現金でポイント追加はできないので、平均はひとり1500ポイントくらいと少額です。dポイント投資に慣れたら、リアルな資産運用ができる「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」へステップアップするための入り口戦略と理解しましょう。

dポイント投資まとめ
  • dポイント使用の投資体験サービス
  • 証券会社不要
  • 現金追加はできない
  • dポイントでいつでも引出できる
  • 税金がかからない
  • やるなら「日経225コース」
  • dポイント投資がダメな理由
    問合せ窓口がない
    分配金がないので値下がりリスクを補えない
    ドコモの都合でサービスが廃止できる
  • THEO+docomoの入り口戦略

投資は100円でも自分のお財布から出さないと身に付きません。ポイント投資をやるなら投資体験ではなく、少額でもリアルな投資ができるTポイント投資(ネオモバイル証券)がおすすめです。

TOP