電子書籍オススメ10選【2019年版】40代におすすめ電子書籍を徹底比較

電子書籍ってどういうもの?

電子書籍とは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使って読む本のことです。

インターネット上の本屋(電子書籍ストア)で本や雑誌を購入し、スマホなどで表示させて読みます。

電子書籍のメリット

  • 24時間いつでも、自分の好きな時間に本が読める
  • わざわざ本屋に行かなくても、どこでも本が購入できる
  • スマホで読めるから、本を持ち運ばなくてもいい
  • 店員の目を気にすることなく、好きな本が買える

電子書籍のデメリット

  • 電子書籍化されていない本もある
  • 本の匂いや、紙の触り心地が好きな方には物足りないかも
  • 試し読みできるページが限られる
  • 気軽に買えるから、続きが気になって次々と買ってしまう

慣れていない方にとって、電子書籍はハードルが高く感じられるかもしれません。

しかし、実際はとても簡単!「電子書籍ストアのホームページやアプリから本を購入」し、「スマホなどで読む」だけです。

紙の本の良さももちろんありますが、電子書籍は紙の本以上にとても便利に使えます。

「いつでも」「どこでも」本が買えるから、自宅にいながら何冊でも本が読めます。

そして、何百冊買ったとしてもスマホ1台の中に全ての本が入るから持ち運びも便利で、部屋のスペースもとりません。

仕事に家事にと忙しい40代にとって、電子書籍と相性が実は抜群なのです!

電子書籍でもっと読書を楽しみましょう。

40代が電子書籍ストアを選ぶポイント

電子書籍は近年人気が高まっているため、ストアも数多くあります。電子書籍初心者はどのストアで本を賈うべきか迷ってしまうことでしょう。

40代が電子書籍ストアを選ぶポイントは3つあります。

 ▶︎ 好きなジャンルが豊富にあるか
▶︎ お得か(ポイント、割引、無料書籍)
▶︎ 使いやすさ

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

好きなジャンルが豊富にあるか

「何のジャンルの本が豊富か」、電子書籍ストアによって違いがあります。

たとえば、漫画を主に取り扱っているストア、雑誌専門のストア、ビジネス書も豊富にあるストアなどさまざまです。

よく読むジャンルの本が多いストアを選ぶようにすると、「読みたい本がない!」ということもなく、快適に電子書籍を楽しめます。

電子書籍ストアは、漫画が豊富なストアが比較的多いです。漫画だけを取り扱っているストアもあります。

漫画が豊富なストア:ebook japan、BookLive!、ピッコマ、Renta!

雑誌を読みたい方は、雑誌読み放題のコースがあるストアがおすすめです。

U-NEXTなど動画見放題サービスの中に、雑誌読み放題が含まれているところもあります。

雑誌専門のストア:auブックパス(マガジンコース)、U-NEXT、FODプレミアム

ビジネス書、小説、エッセイなど一般書籍は、ebook japan、BookLive!、auブックパス(総合コース)などのストアにも取り扱いがあります。

しかし書籍の豊富さや機能の充実度の点で、おすすめストアはAmazon Kindleです。

お得か(ポイント、割引、無料書籍)

「お得さ」には4つのポイントがあります。

  1. ポイント
  2. 割引・キャンペーン
  3. 初回がお得
  4. 無料書籍が豊富

それぞれ、具体的には次のようなものです。

ポイント

画像出典元 https://ebookjapan.yahoo.co.jp/premium/

電子書籍ストアで本を購入するとポイントがたまります。ポイントはストア内で利用できるポイントとして貯まったり、Tポイントや楽天ポイントで付与されたりし、本の購入などに使えます。

金曜日はポイント○倍、今だけ○倍など、ポイント増量キャンペーンを開催していることも…ポイント還元率が高いストアを選べば、よりお得に本が楽しめます。

割引・キャンペーン

画像出典元 https://www.ebookjapan.jp/ebj/

また本によっては割引やセールのおかげで、通常よりお得に購入できることも…キャンペーンで20%~50%オフになっている本が数多くあります。

古本屋なら本が安く売っていますが、普通の本屋で割引になっていることは、なかなかないですよね。割引本が多いことも、電子書籍の魅力です。

特にまとめ買いで割引になることが多いため、気に入った作品は大人買いして全巻そろえてみるのもいいですね。

電子書籍ストアの「キャンペーン」「割引・セール」といったページをチェックしてみてください。

「ポイント」と「割引」の両方がお得に充実しているおすすめストアはebook japanです。特に金曜日はポイントがたまりやすく、割引本も多いのでお得に利用できます。

初回がお得

初回購入がお得に使えるストアが多く、「初回購入で50%OFF」という太っ腹な割引をしているストアもあります。

月額課金制のストアでは、初回30日間は無料になっていることもあります。初回特典を使って、いろんなストアを試してみるのもオススメです。

無料書籍が豊富

電子書籍の一番の良さは、「無料書籍が豊富にあること」といっても過言ではありません。「3巻無料」などお金をかけずに読める漫画がたくさんあります。

本屋で長時間立ち読みをするのは気がひけますが、電子書籍なら思う存分楽しめますね。

無料対象本以外でも、基本的にはどの本も「試し読み」で数ページは無料で読めます。

試し読みではまってしまい、続きをどうしても読みたくなり購入した本が数知れず・・・ハマりすぎに注意です!

使いやすさ

紙と違って、電子書籍はスマホやタブレットを使うので、「使いやすさ」はとても大切。

スマホを使いこなしていない方でも「簡単に」買える、読めることを基準にストアを選ぶのもよいでしょう。

「本を買うとき」は専用アプリかホームページから購入し、「本を読むとき」は専用アプリを使うストアが多いです。

Amazon Kindleは、Amazonでのお買い物と同じように購入できるため、初めてでも簡単に買うことができるでしょう。購入した本を読む時は、Kindleという専用アプリを使います。

電子書籍ストアのタイプ

電子書籍ストアと一口にいっても、さまざまなタイプがあります。

  1. 買い切りタイプ
  2. レンタルタイプ
  3. 月額ポイントタイプ
  4. 読み放題月額課金タイプ
  5. 待てば0円アプリタイプ

ひとつずつ順番に解説していきますね。

買い切りタイプ

最も一般的な電子書籍ストアのタイプで、本を1冊もしくは1話ごとに購入して読みます。

購入したら、期限はなくずっと読むことができます。まとめて購入すると割引になったり、割引対象書籍もあったりしますが、基本的には本屋で買う時と、値段は変わりません。

代表的なストア
Book Live、ebook japan、Amazon kindleなど

レンタルタイプ

本を48時間などの期限内でレンタルして読むタイプです。

期限が決まっているので、買い切りよりもお得な価格で読むことができます。「1回読めればOK」という方向きです。漫画喫茶のような感覚で本を読むことができます。

レンタルタイプのストアでも、本によっては、お得な価格でレンタルできず、買い切り(無制限レンタル)だけの場合もあります。

代表的なストア
Renta!、シーモアレンタルなど

月額ポイントタイプ

月額料金を支払って、ストア内で利用できるポイントをゲットし、そのポイントを使って本を買うタイプです。

コースによっては、ボーナスポイントがつくので、買い切りタイプよりもお得に買うことができます。

月額制なので、利用しない月でも登録したコースの支払いが発生します。毎月必ず本を買うという方には、お得に購入できるのでおすすめです。

代表的なストア
めちゃコミック、コミックシーモア、まんが王国

読み放題月額課金タイプ

月額料金を支払うことで、対象書籍を無料で何冊でも読むことができるタイプです。

読み放題なので、コスパがもっとも高く、本をたくさん読む方におすすめです。

しかし読み放題対象の本は限られており、最新本などは対象外のことが多いため、別途購入する必要があります。とくに一般書籍や漫画の最新本は読み放題対象でないことも多いです。

ストアによって読めるジャンルに特色があり、一般書籍から漫画まで幅広く読めるストアや、雑誌だけ読めるストアなどさまざまです。

毎月1冊は雑誌を買うという方には、月額料金がワンコイン以下でお得に読めるauブックパス(マガジンコース)がおすすめです。

ビジネス書など一般書籍を含めて、幅広いジャンルを数多く読む方にはKindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)がおすすめです。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上を読むことができます。

代表的なストア
auブックパス、Kindle Unlimited、U-NEXT、FODプレミアム、ブック放題など

待てば0円アプリタイプ

1話読んだら、次の話は24時間待つか、ポイントを購入することで読めるようになります。しかし、全話無料で読めるのではなく途中から有料になるため、ポイントを購入しないと読み進めることができません。

1日1話ずつなので待つ必要がありますが、無料で人気作品も読むことができるので、お金をかけずに楽しみたい方におすすめです。基本的にはスマホのアプリを使います。

代表的なストア
ピッコマ、スキマ、LINEマンガ、小学館eコミックストアなど

電子書籍ストア 比較表

ジャンル タイプ 月額料金 おすすめ度
ebook japan 漫画、一般書籍、
雑誌
買い切り なし ★★★★★
Amazon Kindle 一般書籍、漫画、
雑誌
買い切り
読み放題
KindleUnlimited
:980円(税抜)
★★★★☆
Booklive 漫画、一般書籍、
雑誌
買い切り なし ★★★★☆
auブックパス 漫画、一般書籍、
雑誌
読み放題
買い切り
マガジンコース
:380円(税抜)

総合コース
:562円(税抜)

★★★☆☆
U-NEXT 動画、雑誌、
一般書籍
読み放題
買い切り
1,990円(税抜) ★★☆☆☆
ピッコマ 漫画 待てば0円
アプリ
なし ★★☆☆☆
Renta! 漫画、小説、雑誌 レンタル
買い切り
なし ★☆☆☆☆
FODプレミアム 動画、雑誌、漫画 読み放題 月額ポイント
888円(税抜)
★★★★☆

おすすめ電子書籍ストア

おすすめ第1位  ebook japan(イーブック ジャパン)

画像出典元 https://www.ebookjapan.jp/ebj/

「漫画をお得に、楽しく、快適に読みたい!」という方におすすめの、総合的に評価が高い電子書籍ストアです。50万冊以上の本を取り揃えており、特に漫画の品揃えが豊富です。

最大30倍ポイントがたまったり、割引本や無料本が数多くあるのでお得に本が楽しめます。

おすすめ第2位 Amazon Kindle(アマゾン キンドル)

画像出典元 https://www.amazon.co.jp/Kindle

ビジネス書、小説など一般書籍も読むという方にはKindleがおすすめ。

機能が充実しており、メモをとったり、マーカーを引いたり、辞書で調べたり、文章の検索をしたり、といったことが簡単にできます。

Kindle Unlimitedに登録すれば、月額980円で対象書籍が読み放題。Kindle本を読む専用リーダー(Kindle)を使えば、ブルーライトの心配なく本を楽しめます。

おすすめ第3位 BookLive(ブックライブ)

画像出典元 https://booklive.jp/

80万冊以上と書籍の豊富さが魅力です。漫画以外にもオールジャンルの本を楽しめます。

三省堂書店で対象の紙の本を購入すると、電子書籍版も無料で付いてくるのがお得!

近くに三省堂書店がある方におすすめです。またアプリがシンプルで使いやすく、Kindleのように電子書籍に「しおり」や「マーカー」をつけながら読むことができます。

雑誌を読むならココ! auブックパス

画像出典元 https://bookpass.auone.jp/
タイプ ・読み放題月額課金タイプ
・買い切りタイプ
月額料金 ・マガジンコース 380円(税抜)
・総合コース 562円(税抜)
特典 初回無料
ジャンル 漫画、雑誌、一般書籍などオールジャンル
こんな方におすすめ ・お得にたくさんの雑誌、本が読みたい方
・月に1冊は雑誌を買う方
  • 雑誌専門「マガジンコース」、オールジャンル「総合コース」の2種類の読み放題サービスから選べる
  • オールジャンルの読み放題サービスの中では、最も低価格で読める

auブックパスは低価格でたくさんの雑誌・漫画・一般書籍を読むことができます。

月額課金と買い切りタイプのストアです。月額課金のコースは、マガジンコースと総合コースの2種類あります。月額課金以外にも単品購入で楽しむこともできます。

携帯会社のauが運営しているストアですが、auユーザー以外でももちろん利用できます。

マガジンコース

雑誌300誌以上が読み放題で月額380円(税抜)です。初回登録30日間は無料で使えるので、ぜひ一度試してみるのがオススメ。

雑誌の付録はつきませんが、雑誌を月に1冊以上は買うという方には圧倒的にコスパがよいです。ファッション雑誌から料理、ニュース、スポーツまでさまざまな雑誌が読めます。

総合コース

4万冊以上の漫画・書籍・雑誌が読み放題で月額562円(税抜)です。こちらも初回登録30日間は無料で使えます。

読み放題対象にない本は単品購入可能で、50万冊以上を取り揃えています。

動画、雑誌、漫画など幅広く楽しむならココ! U-NEXT(ユーネクスト)

画像出典元 https://www.video.unext.jp/lp/ppd_contents_h/
タイプ ・月額課金タイプ
・買い切りタイプ
月額料金 1,990円(税抜)
特典 初回無料
ジャンル 見放題:動画(映画、ドラマ、アニメ)、雑誌
買い切り:漫画、一般書籍などオールジャンル
こんな方におすすめ ・動画から本まで幅広いジャンルを楽しみたい方
・家族みんなで使いたい方
  • 映画、ドラマ、アニメ、雑誌が見放題で楽しめる
  • 4アカウントまで作れるので、家族みんなで使えて、4人家族なら1人あたり実質500円!
  • 毎月1200ポイントもらえるから、書籍や動画を購入できる

月額1,990円で映像90,000本以上見放題、雑誌70誌以上読み放題。さらに毎月1,200円分のポイントがもらえます。

漫画・一般書籍や、劇場公開から間もない最新作やテレビ放送中のドラマやアニメなどは見放題ではなく、ポイントを使って購入します。

無料ポイントの1,200円を超えた分は、最大40%ポイント還元してくれるので、かなりお得に利用できます。

また、無料でアカウントが4つまで使えるため、家族みんなで楽しめ、4人家族なら1人あたり実質500円で利用できます。

お子様用に利用制限をかけられたり、アカウント同士のプライバシーも守られているので、安心して使えます。

無料でお得に楽しむならココ! ピッコマ

画像出典元 https://piccoma.com/web/
タイプ 待てば0円アプリタイプ
ジャンル 漫画
月額料金 なし
こんな方におすすめ ・無料で漫画を楽しみたい方
  • 待てば次の話が無料で読める
  • 無料作品が豊富なので、お金をかけずに楽しめる

1話読んだら、24時間待てば、次の話が無料で読めるタイプなので、毎日少しずつ読み進めることができます。

「読み始めるとハマってしまい、ついつい何時間も読んでしまう……。」とお悩みの方は、少しずつしか読めないピッコマがおすすめ。

3巻以上無料の漫画もあるため、お得に読めるのが特徴です。無料対象区間が終わると有料になるので、さらに続きを読みたい場合はコインを購入して1話ごと買うことができます。

漫画を読むならココ!  ebook japan(イーブック ジャパン)

画像出典元 https://www.ebookjapan.jp/ebj/
タイプ 買い切りタイプ
月額料金 なし
特典 初回ログインで50%offクーポンプレゼント
ジャンル 漫画、雑誌、一般書籍などオールジャンル
こんな方におすすめ ・漫画を読みたい方
  • 漫画の品揃えが、日本最大級!
  • Yahoo!が運営しているから、Yahoo!のアカウントでログインできる

漫画を50万冊以上揃えており、今では手に入らない廃盤になった名作の取り扱いもあります。

もちろん漫画以外の雑誌・ビジネス書など一般書籍も豊富。買い切りタイプなので、ほしい本だけ気軽に購入することができます。

1,000冊以上の無料漫画があるため、お金をかけずとも充分楽しむことが可能です。

初めてログインすると50%OFFのクーポンがもらえ、対象書籍まとめ買いで50%オフ、ポイント還元最大30倍など、割引やセールが常時行われているので、お得に購入することができます。

ビジネス書、一般書を読むならココ! amazon kindle(アマゾン キンドル)

画像出典元 https://www.amazon.co.jp/Kindle
タイプ ・買い切りタイプ
・月額課金タイプ
月額料金 Kindle Unlimited 980円
特典 初回無料
ジャンル 一般書籍、漫画、雑誌などオールジャンル
こんな方におすすめ ・漫画や雑誌以外の本も読みたい方
・マーカーやしおり、検索といった機能を使いたい方
  • オールジャンル取り扱っており、書籍数NO.1
  • マーカーやしおりなどの機能が使え、紙と似た感覚で使える

ネットショッピングでおなじみのアマゾンが運営しており、漫画以外にも小説やビジネス書などさまざまなジャンルの本が楽しめます。アマゾン内で電子書籍を購入し、Kindleアプリで読みます。

月額課金コースのKindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)に登録すれば、月額980円で、本、漫画、雑誌など和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題です。

アマゾンの電子書籍全てが読み放題になるわけではなく、漫画も古いものが多いですが、一般書籍を読む方には、かなりお得なサービスといえるでしょう。

紙の本と同じように、ふせんをつけたり、メモを書いたり、ラインマーカーを引いたりすることができます。

ラインマーカーを引いた箇所だけをまとめて表示させたり、文章内の単語を検索したり辞書で調べたり、といったことが簡単にできるため、勉強するために本を読む方におすすめです。

そ漫画レンタルストア:Renta(レンタ)

画像出典元 https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/page/topics/c_rental100cp.htm
タイプ ・レンタルタイプ
・買い切りタイプ
月額課金 なし
特典 無料登録で会員限定無料作品が読み放題
ジャンル 漫画、小説、雑誌
こんな方におすすめ ・お得に本を読みたい
・一回読めればいい
  • 48時間レンタルがお得!
  • 100円レンタル本が豊富!

本をレンタルして読む、漫画喫茶のような電子書籍ストアです。

主なジャンルは漫画です。本によって、レンタル本と、買い切りの本(無期限レンタル)に分かれています。

レンタルの場合でも48時間借りることができるので、じっくり読むことが可能です。

レンタル金額は書籍によってさまざまですが、通常418ポイントの漫画が100ポイントになっていることも。約1/4の値段で買えるのでとてもお得ですが、48時間レンタル対象書籍は限られているため、欲しい本が対象になっていない場合も……。

また無期限レンタルの場合は、基本的には通常価格とかわりません。48時間レンタルできる本や無料作品に、読みたい本がある場合はRenta!がお得に使えるでしょう。

読み放題タイプと月額ポイントタイプの良いとこどり FODプレミアム

画像出典元 https://fod.fujitv.co.jp/s/special/premium_cp2/
タイプ ・読み放題タイプ
・月額ポイントタイプ
月額料金 888円(税抜)
特典 初回無料
ジャンル ドラマ、アニメ、映画、雑誌、漫画
こんな方におすすめ ・本だけでなく、ドラマや映画も楽しみたい
・月に数冊は本を買う
  • 888円で動画も雑誌も見放題
  • 毎月1,300ポイント付いてくるから、お得に使える!

月額888円で、「100冊以上の雑誌が読み放題」「約3,0000の動画が見放題(主にフジテレビ系のドラマや映画)」になるサービスです。

雑誌以外の電子書籍を読むには、無料書籍を楽しむか、ポイントで購入して読むことができます。

FODプレミアムの最も魅力的なところは、月額料金以上のポイントをゲットできる点です。

毎月100ポイント+毎月8の付く日(8日、18、28日)に400ポイントもらえるため、合計1,300ポイントを毎月ゲットできます。

ポイントは動画や書籍の購入にあてられます。また電子書籍を購入すると一律20%分ポイント還元してくれるので、さらにお得に使えます。

フジテレビ系列のドラマやバラエティの過去作品の他に、現在放送中の番組の見逃し配信もあるため、フジテレビ系の番組が好きな方にもおすすめです。

電子書籍の疑問・不安

電子書籍の支払い方法は?

電子書籍の支払い方法はストアによって違いますが、購入しやすいようにさまざまな方法を揃えているストアが多いです。

たとえばebook japanの場合は、以下の5つの方法で購入することができます。

  • クレジットカード
  • 携帯会社の料金と合算(au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル)
  • WebMoney(コンビニで買えるプリペイド電子マネー)
  • BitCash(コンビニで買えるプリペイド電子マネー)
  • ポイント

さまざまな支払い方法の中から選べるので、とても便利に使えます。

「クレジットカードもお金もないけど、今すぐ読みたい!」という方は、携帯料金と合算する方法を選べば、実際の支払いは翌月以降にまわすことができます。

「家族にこっそり購入したい」場合は、コンビニでWebMoneyといったプリペイド電子マネーを購入して支払うこともできます。

スマホだと画面が小さくて読みづらそう。ブルーライトも心配

一番手軽に電子書籍を読む方法はスマホを使うことですが、画面が小さくて読みづらいことも……。

ストアによっては、タブレットやパソコンでも読めるようになっているので、大画面で読むことができます。

寝る前に本を読む方は、電子書籍だとブルーライトが心配ですよね。ブルーライトを浴びることによって、交感神経が活性化して眠りが浅くなってしまうこともあります。

ブルーライトが心配な方は、Kindleやkoboなどといった電子書籍専用リーダーを使うことで、目に負担をかけずに快適に読むことができます。

Kindle

画像出典元 https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=3933932051&ref_=ods_fs_eink_cp

電子書籍リーダーとして一番知名度があるのは、アマゾンが販売しているKindle(キンドル)でしょう。アマゾンでで購入した電子書籍(Kindle)を読むことができます。

スマートフォンなどと違って、直接目を照らさないフロントライト方式なので、目に優しくブルーライトの心配がありません。就寝前でも気にすることなく、読書を楽しめます。

また実際のインクを使用しているため、紙の本と同じように文字を表示してくれます。

読書のためだけに作られたものなので、メールやSNSなどの通知がくることがなく、読書だけに集中できます。

モデルによっては防水機能があるので、入浴しながらも本を楽しめます。

おすすめはKindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)。

紙のような読み心地で、防水にも対応している一番人気のモデルです。

その他にも楽天Koboの電子書籍が読めるkoboという電子書籍リーダーもあります。

高速ページめくり機能が付いており、紙の本と同じ感覚でパラパラとページを進めることができるため、読み飛ばしが簡単にできることが特徴です。

電子書籍だと立ち読みできない?新しい本との出会いがない?

実際の本屋で、「立ち読みをしたら最後まで読みたくなった」「店員さんが書いたポップを見て、面白そうだから」といった理由で本を買うことがありますよね。

実は電子書籍も同じようなことができるのです。

「試し読み」という機能があり、無料で初めの数ページを読むことができます。漫画によっては、一巻まるまる無料といったものもありますので、作品の雰囲気を確かめてから購入することが可能です。

また、電子書籍ストアでは「キャンペーン」や「特集」が掲載されています。

本屋のポップのようにおすすめの本やお得な本が載っており、今まで知らなかった面白い本との出会いもきっとあるでしょう。

特にebook japanは、特集ページが多く見応えがあります。

40代からの電子書籍 まとめ

紙の本に慣れている方にとって、電子書籍は「ハードルが高い」「読みにくそう」と思われがちかもしれません。

しかし、電子書籍は「いつでもどこでも本が読める」「お得に本が買える」「無料でも楽しめる」と良いことばかり。慣れてしまえば、とても便利に楽しく使えます。

私はこの記事を書くにあたり、さまざまな電子書籍ストアを実際に使ってみました。

どの電子書籍ストアも使いやすく、とてもよかったのですが、私が今も実際に本を購入して使っているストアを紹介します。

・一般書 → Amazon Kindle
・漫画 → ebook japan、ピッコマ

ビジネス書などの一般書籍を読むときは、ラインマーカーやメモの機能が使いやすい「Amazon Kindle」

漫画を読むときは、ストアのサイトがすっきりしていて使いやすく、ポイントが貯まりやすい「ebook japan」。無料でいろんな漫画を楽しみたいときは「ピッコマ」と、用途に合わせてストアを使い分けています。

月額課金が必要なものは初回無料だったり、50%Offクーポンがもらえたりと、どのストアも最初はお得に利用できます。

試しにいろいろと使ってみて、自分に合った電子書籍ストアをぜひ探してみてください。

自分に合った電子書籍ストアが見つかれば、読書がもっと楽しくなること、間違いなし!
TOP