ヒューマンアカデミーロボット教室の評判|プログラミング教室を徹底比較

最近「プログラミング教育」という言葉をよく聞きます。

子ども向けの教室もあるらしいけれど、「プログラミング教育」なんて、私たち親世代からすれば馴染みのない言葉です。

「そもそもプログラミングってなに・・・?」
「子どもにそんな教育必要なの?」

ふとそんな疑問を持ってしまいます。周りのママ友でもそんなに詳しくなかったり。

ですが、2020年から小学校でもプログラミングの授業が必修科目になるって知っていましたか?

それに伴い、子ども向けのプログラミング教室は最近どんどん増えてきています。

頭を抱える女性

「うちの子は授業に付いていけるのかな?」「ちゃんと理解できているのかな?」と、必修化されてから焦ることのないように、子ども向けの「ヒューマンアカデミーロボット教室」について調べてみました!

そもそも小さい子にプログラミング教育は必要なの?

先ほど書いたように、2020年から小学校でプログラミングの授業は必修化されます。

情報化社会の現在、コンピューターの知識は無くてはならない世の中になっています。プログラミング教育が必修科目となった背景には、ウェブエンジニアをはじめとするIT人材の不足があります。

コンピューターのイメージ

今後もIT関連のビジネスは拡大していくと予想される一方で、それに対するIT人材の数が追い付かないと予測されているそうです。

これはどういうことが言えるかというと、コンピューターやプログラミングの知識に長けていれば、将来就職を考える際に、必要な人材として重宝してもらえるということです。

また、たとえば私たちが普段何気なく使っている「電気」や「水道」、「ガス」、「インターネット」など、これらのすべてがコンピューターによってプログラミングされて動いています。

プログラミングイメージ

そのような世の中のしくみを知るということは、正しい知識や判断力を身に着けることにもつながります。

スマートフォンを持つ子どもたちも増えてきて、その年齢もどんどん低年齢化してきています。情報溢れるネット社会において、正しい知識と正しい判断力を身に着けることは、とても大切なことです。

世の中がどんどんIT化していき、新しい知識や技術がどんどん生まれる中で、コンピューターを「受け身ではなく積極的に活用するチカラ」や、「プログラミング的思考(論理的思考力)」が求められる時代になってきています。

これらを育てていくためには、年齢の低いうちからのプログラミング教育は、とても大切といえますね!

さらに詳しくみる

ヒューマンアカデミーロボット教室ってどんな教室?

画像出典元 ヒューマンアカデミーロボット教室

ヒューマンアカデミーロボット教室は、2009年から10年間続く教室です。

自分でロボットを組み立て、頭でイメージしたものをカタチにしていく過程で、これからai化が進む社会に必須とも言える子どもたちの創造力や、理科の知識を育みます。

ヒューマンアカデミーロボット教室で使用するロボットキットは、数十種類のブロックとモーター、歯車など動力のパーツのみです。

取り組む子供
https://kids.athuman.com/robo/CI/

シンプルなキットから、子どもたちのアイデアによってさまざまなロボットが生まれます。

そうした体験の中で、子どもたちにはさまざまな能力が育ちます。たとえば・・・

  1. 発想力が育つ・・・ロボットをブロックで組み立てることによって、ブロックに触れながら試行錯誤する過程で発想力が育ちます。
  2. 空間認識能力がつく・・・様々なブロックの組み立て方を考える過程で、頭の中で立体物が自由にイメージできるようになってきます。
  3. クリエイティブを生み出す感性を伸ばす・・・子ども特有の自由な感性で、頭の中のイメージをカタチにしていくことで、「モノを生み出す」ことの楽しさを学べます。
  4. 力学、動力の仕組みを体感として学ぶ・・・ギアやモーターなどの動力の仕組み、さらに「てこの原理」や「摩擦のチカラ」などの理科の知識をロボット作りを通して体感できます。
  5. プログラミング的思考が身につく・・・ロボット制作をする過程で、論理的に考えるチカラが付いていきます。
このように、未来を担う子どもたちにとって大切な学びを経験させてくれる教室なのですね。

さらに詳しくみる

ヒューマンアカデミーロボット教室のカリキュラム

画像出典元 https://kids.athuman.com/robo/course/?code=140000

ヒューマンアカデミーロボット教室では、月2回の授業で1体のロボットを制作します。

1回目が基本製作として、テキスト通りに組み立てて完成したロボットを動かします。

2回目は応用・実践として1回目の基本製作で作ったロボットを「もっと速く走らせるには?」「もっと力強くするには?」など課題に応じて改造、進化させていきます。

取り組む子供2
https://kids.athuman.com/robo/CI/

完成したロボットを同じ教室の友達とゲームや競争をしながら楽しく学んでいきます。

また、基本的に使用するロボットキットは1種類で、それを毎回バラして再度組み立てるので、ロボットキットの料金は初回のみで済みます。

自宅に出来上がったロボットがどんどん溜まっていく…なんてことにもならず、安心です。ロボットは毎回自宅に持ち帰るので、自宅で何度も復習・アレンジすることも可能です。

画像出典元 https://kids.athuman.com/robo/course/?code=140000

ヒューマンアカデミーロボット教室では、受講コースが4種類あり、それぞれのお子さんに合わせて受講することが出来ます。

  • プライマリーコース(1年間)・・・幼稚園年長
  • ベーシックコース(1年6か月)・・・小学校低学年~
  • ミドルコース(1年6か月)・・・ベーシックコース修了者
  • アドバンスコース(2年間)・・・ミドルコース修了者※こちらのコースに進級時は、追加キット代が必要になります。

ヒューマンアカデミーロボット教室はフランチャイズ展開になるので、教室の雰囲気や先生の教え方は、各教室によって少しずつ異なるかもしれません。

もし可能であれば、自宅から通える範囲で何か所か教室を体験してみるのも良いかもしれませんね!

さらに詳しくみる

アドバイザーはどんな人?

ヒューマンアカデミーロボット教室の監修・アドバイザーは、以下のおふたりです。

高橋 智隆先生

2003年京都大学工学部物理工学科卒業と同時に、京都大学学内入居ベンチャー第一号となるロボ・ガレージを創業。
ロボットクリエイターとして、ロボットの研究・設計・デザイン・製作を手掛けている。

古田 貴之先生

工学博士、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長。
未来ロボット技術研究センター(FuRo)は、学校法人千葉工業大学のロボット研究拠点。日本ではじめて法人直轄の研究所として2003年6月に誕生。
福島第一原発に投入された国産ロボットの開発など多くの国家プロジェクトを手掛ける。

このお二人の素晴らしい経歴を見るだけで「おおおっ」となってしまいますね。

東大准教授でロボットクリエイターである高橋先生や、未来ロボット技術研究センターの所長である古田先生が監修されたこともあり、かなり信頼度は高いと言えそうです。

さらに詳しくみる

ヒューマンアカデミーロボット教室の授業の流れ

ヒューマンアカデミーロボット教室の授業は月2回の授業で完結するようになっています。

1回目の授業で基本製作をし、2回目の授業では応用編として、子どもたちが与えられたさまざまなミッションにチャレンジしていきます。

子どもたちが自ら考え試行錯誤していくことで、子どものやわらかい頭はどんどん成長していきます。授業で製作したロボットは、毎回おうちに持ち帰るので、自宅でも何度でも復習することができます。

また、ヒューマンアカデミーロボット教室は、先生たちが「基本的に教えない」という姿勢であることも特徴のひとつです。

自由な子供のイメージ
子供はのびのびと自主性を持っていきます!

これは、子どもの自主性や、試行錯誤しながらも自ら学んでいく力を育てるため。まずはテキストを開いて自分で「やってみる」。もちろんわからないことがあれば先生たちはヒントをくれます。

誰かに教えてもらうのではなく、自分の力で問題解決したときや、うまくいったとき、子どもたちは大きく成長するのかもしれませんね。

さらに詳しくみる

ヒューマンアカデミーロボット教室の対象年齢

画像出典元 https://kids.athuman.com/robo/CI/

ヒューマンアカデミーロボット教室では、5歳(幼稚園年長さん)~高校生までと、幅広い年齢層に対応しています。

ひらがな・カタカナしか読めない幼稚園年長さんでも、テキストはとてもわかりやすいので、無理なく通えますね。

コースが5つあり、どんどんレベルアップしていけるので、子どものやる気も向上心もアップし、長く通う子が多いそうです。

また、長く通う子が多いことで、教室全体がとても仲が良く、雰囲気が良い、というメリットも。

ヒューマンアカデミーロボット教室の評判

ヒューマンアカデミーロボット教室の評判を良い口コミと悪い口コミに分けて紹介します。

良い口コミ

良い口コミ

この教室に通いだしてから、ロボット作りに夢中になっています。将来の夢は「人の役に立つロボットを開発すること」だそうです。(幼稚園年長さん/男の子のお母さん)
この教室に通いだしてから、いろいろと考え方が変わって来たようです。今まで何気なく過ぎていたことにも興味を持つようになり、日々の生活の中で気づきが増え、考えることが癖になり、「学ぶ」ということが自然とできるようになってきたような気がします。(小学5年生/男の子のお母さん)
ヒューマンアカデミーロボット教室の先生方は、基本的に子どもたちに「先回りして教える」ということがないので、子どももすぐに「わからない!」とあきらめることなく、子どもが自分自身で考え、試行錯誤していく姿が見られます。成長を感じ、うれしく思っています。(小学6年生/女の子のお母さん)
とにかくとても楽しそうに通っています!私たちの時代にもこんな教室があったら楽しかっただろうな、と思いましたが、子どもが持ち帰るロボットを一緒に改造したりしながら親も一緒に楽しんでいます。(小学5年生/女の子のお父さん)
自分で作ったロボットがイメージ通りに動くことがとても楽しいようで、自分でロボットをアレンジしたり、家に帰ってからも夢中になっています。(小学6年生/男の子のお母さん)
ロボット教室に通いだしてから、考え方が論理的になったというか、日常にあるいろいろなものの仕組みを理解しようとする姿勢が見られるようになりました。(小学4年生/男の子のお母さん)
女の子ですが、この先IT産業がさらに拡大していくと思うので、将来どんな道も選べるようにと、今からプログラミング教育を始めています。子どもも楽しく通っているようで、教室で製作してきたロボットを嬉しそうに見せながら、いろいろと説明をしてくれます。(小学3年生/女の子のお父さん)

悪い口コミ

悪い口コミ

毎週ではなく月に2回しかない習い事で月のお月謝が1万円近くするのは少し高いかな、というのが正直な感想です。(小学3年生/男の子のお母さん)
先生が淡々としていて、面白みがないように感じました。ネットを見て「とても楽しそうだね!」と親子で期待して行ったのですが、教室の雰囲気は「楽しい」とはかけ離れていました。通うのは断念しようか、もうひとつくらい別の教室を回ってみようか、考えています。(小学4年生/男の子のお母さん)
テキストを読んで自分で進めていくスタイルなので、うちの子は少し難しかったようでした。先生に聞いてもなかなかはっきりとは教えてくれないので、意欲的に取り組むというよりは、周りをみながらなんとなく進めていっている感じでした。(小学1年生/女の子のお母さん)
体験教室に行って、子どもがすぐに気に入り通うことに決めたのですが、ロボットを作って動かすことが果たして将来役に立つのだろうか・・・と不安です。(小学2年生/男の子のお母さん)

良い口コミも悪い口コミもそれぞれありましたが、良い口コミが圧倒的に多かったです。

良い口コミでは、「いろんなものに興味を持つようになった」「子ども自身が考える力がついた」「とにかく楽しそう」「考え方が論理的になった」などが見られました。
反対に悪い口コミでは、「月謝が高い」「授業が淡々としていて楽しくない」「難しかった」などが見られました。

月謝ですが、月に2万円を超えるプログラミング教室もあるので、値段としては決して高くはない値段設定といえるでしょう。

価格
お財布にも無理なく続けられますね。

また、授業が楽しくない、というのは、ヒューマンアカデミーロボット教室がフランチャイズ展開されている、というのも理由のひとつかもしれません。

いくら共通のカリキュラムだとしても、教える先生によって指導のやり方や教室の雰囲気も少しずつ違います。逆に言えば、いろいろな雰囲気の教室があるので、子どもに合った教室を選択できる、という利点でもあります。

もし家の近くに複数の教室がある場合、いくつかの教室を体験してみるのも良いかもしれませんね!

近くの教室を探す

授業料などの費用は?

次に気になる料金です。

授業数 月2回(授業時間90分)
入会金 10,000円(税抜き)入会時のみ
ロボットキット代 28,500円(税抜き)入会時のみ(※アドバンスコース進級時には追加キット代が必要)
月謝 9,000円(税抜き)、テキスト代500円(税抜き)

ロボット教室で言えば平均的な値段といえそうですね。プライマリーコース、ベーシックコース、ミドルコース、アドバンスコースすべて料金は同じになります。

まとめ

画像出典元 https://kids.athuman.com/robo/CI/

私たち親世代ではなかなか聞きなれない言葉である「プログラミング教育」ですが、IT化が進むこの世の中で、子どもたちの将来を考えてみれば、今後無くてはならない知識です。

ヒューマンアカデミーロボット教室では、子どもたちが楽しみながら、遊びから、知らず知らずのうちにいろいろなものを吸収し学んでいける教室だと感じました。

お近くに教室があるのであれば、一度体験に行ってみるのもいいですね!

プログラミング教室の関連記事

TOP