セルフジェルネイルはサロンより断然お得!おすすめデザインや始め方

みなさんジェルネイルされていますか?たくさんのデザインがあってサロンに行くとどれにしようか悩んじゃいますよね!

でも待って、まだサロンでやってるの?
セルフのほうがお得で断然おすすめなんです!

ジェルネイルとは

「ジェル」と呼ばれる液体を爪に塗り、UVライトまたはLEDライトを当てて固め(硬化させ)ることで仕上がるネイルです。

従来のマニキュアと違って塗ってもライトで硬化しないと固まらないこと、除光液で落とせないことなどが異なる点です。

その分、マニキュアでは出せない色合いやぷっくりとした質感、自爪を強化してくれたりパーツやアクセサリーなどでデコレーションもできて持ちが長いのが魅力ですよね♪

ジェルネイルするならセルフが断然お得!

そんなジェルネイル、セルフでやったほうが断然お得だって知っていました?

一度はジェルネイルしたことがある方はわかると思いますが、サロンでは一回の施術で3,000~5,000円は最低でもかかってきてしまいます。

3週間~1か月持つとしても月に5,000円結構な出費ですよね。。そこでジェルネイルはセルフが断然お得なんです!

セルフジェルネイルキットは3,000~2万円前後で何種類ものカラーやビジューが入っているので一度購入すればその後カラーやアクセサリーを追加するだけで色んなデザインやアレンジを楽しめちゃうんです!

サロン VS セルフ

サロン派の尚子さん

5000円のジェルネイルを1ヶ月おき。5000円×12ヶ月=年間60,000円

セルフ派の泰子さん

ジェルネイルキット 10,000円

毎月ワンカラーのジェルネイルをしたとしてカラージェル(12,000円分)を追加

10,000円+12,000円

=年間22,000円

セルフのほうが4万円前後も節約できるんです!!!これを何年も続けると考えたら、いますぐセルフにしたほうが良いですよね!!

でも、わたし不器用だからなあ~

そんな方でも大丈夫!しっかりと基本を覚えて練習すれば誰でも簡単にセルフジェルネイルを楽しめるようになれるんです!

セルフジェルネイルキットの選び方

いざセルフジェルネイルに興味はあるけれど、何を選んだらいいかわからない方向けにそれぞれの選び方をご紹介!

ジェルネイル用ライト

まずセルフジェルネイルで最も重要なのはジェルネイル用のライトです。ライトがないとジェルネイルが硬化できないですもんね!

ジェルネイル用のライトにはUVライトとLEDライトの2種類があります。UVライトは紫外線を照射させジェルを硬化させるライトになります。ライトには寿命があるので半年~1年に1回は交換が必要でLEDライトよりも硬化時間がかかります。ただLEDライトよりも値段が安く購入できます。LEDライトは可視光線で硬化させるライトでUVライトよりも硬化時間が短く、電球は半永久的に使えます。ただ出力が高くなると値段も高くなります。

UVライト ・紫外線で 硬化
・電球を半年~1年に1回交換する必要がある
・LEDライトよりも硬化時間が一般的に長くかかる
・値段は安め
LEDライト ・可視光線で硬化
・電球は半永久的に使用可能なので交換の必要がない
・UVライトに比べて硬化時間が短い
・出力が高くなると値段が高くなる

結論から言うと、硬化時間も短く済んで、電球の交換も不要なのでLEDライトを買うのがおすすめです!

ではライトはLEDライトを買うとして出力はいくつだといいのでしょうか?

まずはじめに、出力が高いと硬化時間を短くできます。ですので、一般的に普及している9W・12W・36Wの3種類のうち、一番高い36Wがおすすめです!

36Wはサロンでも使われており、約15~30秒で硬化が可能となります。なので、12Wとなった場合は約30~1分かかると想定すると良いかと思います。9Wだと1分以上かかってきてしまう場合もあるのでおすすめできません。。

最低でも12W以上のLEDライトを買うようにしましょう!

というのも一回の硬化時間が1分を超えてしまうと仮に一本ずつ硬化した場合、10本やるのに10分、これをベースコート→ネイルカラー→トップコートの3段階と想定しただけでも硬化時間だけに30分かかってしまいます。

30分なら大丈夫!そう思われる方もいるかもしれませんが、ネイルカラーは発色をよくするためにも最低でも2度塗りはするかと思いますし、塗る時間なども考慮すると1本1分はストレスになってしまうので最低でも12W以上のLEDライトをおすすめします!

ネイルカラー

ライトをゲットしたらネイルカラーを手に入れましょう!好きな色を買うのもありだけど、セルフジェルネイルの良いところは自分で好きな色を作れるところ!色んな色を作れるように三原色を購入しておくと後のアレンジに非常に役立ちますよ!セットで購入する場合はカラーを複数選択することができるので三原色を選択しておくのもいいですね♪

三原色とは

色を表現するための基本色のこと

赤・青・黄

三原色に加えてカラーをぼかすための白もあると完璧!これで淡い色から幅広く色を作成できますよ!その他にラメ入りのカラーは単色よりも塗りムラを見えにくくしてくれるので初心者さんにおすすめ☆

ネイルカラーまとめ

三原色の赤・青・黄はマストでゲット!色をぼかすための白も買っておくと尚良い!

その他必要なもの

●プッシャー
甘皮処理とオフする時に使用。
●ファイル
ジェルの表面を削るときに使用。要するに「爪やすり」です。
●ベースジェル
カラージェルを塗る前に塗る「下地」の役割。
●トップジェル
カラージェルの持ちをよくする
●筆
ジェルを塗るために使用。

おすすめのジェルネイルキット

さあ、ライトやカラーなどの必要なものが分かったところでオトカワおすすめのキットのご紹介!別々に買うよりも断然お得に必要なものが揃うのでセルフジェルネイルはキットを買うようにしましょう!

1位 NOUV PRO|ジェルネイルスターターキット

必要なものが一度で揃う!ハイパワーの48Wで高速硬化!

ライトの種類 UV+LEDのハイブリッドで最強の48W
カラージェル 高い発色の国産ジェルでクリアジェルとカラージェル5色付き
特徴 ここに説明文を入力してください下準備からオフまでに必要なものが全て揃う!しかもネイルアートパーツ664種類付きで納得のお得感。

オトカワ徹底解説公式ページ

ライトの種類 LEDライト 36W
カラージェル ベースジェル+トップジェル+クリアジェル+カラージェル4色選択可能
特徴 ここに説明文を入力してください。甘皮処理用のプッシャーやニッパーなどケア用品が充実!

オトカワ徹底解説公式ページ

ライトの種類 LEDライト 20W
カラージェル ベースジェルを2種類から選択+カラージェル2色付き(マニキュアと同じポリッシュタイプ)
特徴 オンもオフの時も爪を削らなくて済む日本製ジェルを使用

オトカワ徹底解説公式ページ

ジェルネイルの塗り方

ジェルネイルキットを手に入れたら早速ジェルネイルを塗っていきましょう!

まずはじめに甘皮処理から取り掛かかりましょう。というのも甘皮があるとうまくジェルが塗れない他、甘皮の部分からジェルが剝がれてしまうことがあるからです。少しでもジェルを長持ちさせる+見え方を綺麗にするといった点でも甘皮処理はとても大切なんです。

甘皮処理の方法
そもそも甘皮とは?

甘皮とは爪の根本にある薄い皮膚のことです。甘皮には2種類あって、ささくれなどができる指と繋がった皮膚の部分のキューティクルと爪の表面に薄く膜を貼っているように見えるルースキューティクルです。主にここではルースキューティクルの処理を説明していきます。

まず、甘皮は余分な皮膚で固くなっているので取りやすくするためにふやかす必要があります。キューティクルリムーバーを塗って温かいお湯などにつけてふやかすことで甘皮をとりやすくします。

BLUECROSS
¥935
(2019/12/16 21:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

甘皮がふやかせたらプッシャー(甘皮を取る器具)を使ってお湯でふやけた甘皮を浮かせていきます。消しゴムのようにポロポロと取れてきますよ!

キューティクルの部分はささくれなどができそうな部分はしっかりとはさみで処理をしておきましょう。ささくれは爪の衛生的にっも良くないのに加えて、ネイルを取れやすくしてしまうためです。最後に処理した甘皮を綺麗に拭いてオイルで保湿しておけば甘皮処理は完成。

またジェルを爪にくっつけやすくするために爪の表面を凸凹にする必要があります。これをサンディングといいます。ファイル(爪やすり)を使って表面が少し白っぽくなる程度、表面に傷をつけます。ここまでで下準備が完成です!

ベースジェル→カラージェル→トップジェルの順番です。

まずベースジェルを塗っていきます。メイクでいうところの「下地」にあたります。ベースジェルを塗ることでこの次に塗るカラージェルの発色や持ちをよくしてくれます!

甘皮から1mm離して筆や付属のハケを使って塗っていきましょう。甘皮部分に密着しすぎると皮膚にジェルがはみ出した時にそのままペロッと剝がれてしまうためです。中央→左側→右側の順番で塗っていき、その後、ライトで硬化します。

ベースジェルで下地が完成したら、カラージェルを重ねて塗ります。ベースジェルと同様に塗っていき爪の先端(エッジと呼ばれる部分)も塗っていきましょう。先端に厚みを持たせることでジェルを剝がれにくくします♪

最後にトップジェルも同様の塗り方で塗って硬化して完成です!

ここで一つアドバイス!ジェルの場合ははみ出てしまった部分は硬化する前に必ずウッドスティック(爪楊枝でも可)などで取り除いておきましょう。皮膚にはみ出て硬化すると皮膚を傷つけてしまう他、ジェルか固まって取れにくくなってしまうためです。

ジェルネイルの落とし方

3週間~1ヶ月で自爪が伸びてきて、ジェルネイルを塗っていない部分が多くなって来たらオフのタイミングです。

ファイルでジェルネイルを削り、ジェルリムーバーをジェルネイルに浸透しやすくします。

自爪まで削らないように注意をしながら、ジェルネイルのぷっくりとしている部分だけを取り除くイメージで削って、リムーバーが浸透しやすいようにしましょう。

事前にネイルを覆う大きさにカットしておいたコットンに、ジェルリムーバーをしっかりと染み込ませます。

また事前に指先を包む大きさにカットしておいたアルミホイルの中央部分に、指(腹部分を下にして)を1本置き、ネイルの上にコットンを置きます。

すべての指にリムーバーを浸したコットンとアルミホイルを巻いたままの状態で、10分ほど置きます。その後、アルミホイルを外して剝がれやすくなったジェルネイルをウッドスティックなどでおして剝がしていきます。

浮き具合がまだ微妙な場合はもう一度ジェルリムーバを爪に浸透させる作業を繰り返してみてください♪

初心者おすすめのデザイン

ワンカラー

まずは定番のワンカラー。はじめの場合は、単色だと塗りムラなどが目立ってしまうのでラメ入りのカラージェルがおすすめです☆

アシンメトリー

英語で「不均衡」という意味になり、ネイルでは両手で異なるアレンジをしていることなどを指します。片方ずつ異なるカラーにするだけでもすごくおしゃれになるんです♪

まとめ

ジェルネイルをするならセルフが断然お得!

ジェルネイルはやり方をマスターすれば誰でも簡単にできる!

まずはワンカラーから片方色を変えるアシンメトリーからデビューしてみて!

あなたも楽しいセルフジェルネイルライフをしましょう♡

TOP