猫が薬を飲まない時に。投薬補助フードのメディボール|リアルな口コミ評判

動物は人間のように、薬を飲ませようとしてもすんなり受け入れてくれるわけではありません。犬や猫は薬のにおいを嫌ってすぐに吐き出してしまうこともあるので厄介です。それでも薬は与えなければならないので、毎回苦労する飼い主さんも多いでしょう。

猫の嗅覚が良すぎて、お薬をご飯に混ぜても器用に残す
人間とは比べモノにならないくらいの嗅覚を猫は持っています!まずい薬はバレちゃうのは当然です

そんな時には、薬を包み込んで飲みやすくするためのメディボールがおすすめです。この商品はどんなものなのか、今回はメディボールの口コミを中心にしつつその特徴やメリットについて紹介していきます。

メディボールの特徴

http://www.jpc-co.jp/mediball/

薬を飲んでくれないと困る!
メディボールは、薬とバレない工夫が様々!薬苦手な猫にとっておきの投薬補助食品!

飼い猫が病気した際、薬を飲んで早く治してほしいものの、薬を飲ませるのが至難の技だったりすることが多いですよね。薬の概念を知らないに猫は「薬を飲まないと早く治らないよ!」といったことを理解していません。「ただの美味しくないモノ」と認識してる可能性も高いです。

そんな猫に、薬を飲ませるために開発されたのが「メディボール」です。

では、メディボールにはどんな特徴があるのでしょうか?

獣医師が開発


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールは、動物のことを熟知した獣医師が開発した商品で、「メディカル」と「ボール」を組み合わせていることからもわかるように、猫が薬を飲みやすくするために作られたものです。メディボールは弾力のある質感で薬を包み込みやすく、手軽に使うことができます。

飽きずに食べるように獣医師が味にもこだわって開発に関わっているので、普段薬をなかなか飲もうとしないペットも好みやすいのが魅力です。ペットのことを知り尽くした獣医師だからこそ、配合成分にもこだわっているのがポイントです。

嗜好性の良い味


http://www.jpc-co.jp/mediball/

薬をしっかり包み込むことができても、猫が食べてくれないことには投薬補助剤としての意味がありません。メディボールは3種の味が展開されているので、好き嫌いが多い猫の興味を引く製品です。

猫用メディボールの味のバリエーションとしては「ささみ味」「かつお味」「チーズ味」があります。素材にもこだわって上質なものを使用しており、猫の食いつきが良いと大絶賛する声も多く聞かれます。実際に自宅の猫が「食べた」と回答した人は90%にものぼります。

柔らかいので、薬を包みやすい


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールはボール状で、柔らかいので手に取り出して簡単に形状を変えることができます。猫に与える際にはボールを潰して真ん中に薬を置き、そのままくるんと包み込むだけなので簡単です。

ささみや魚、チーズの美味しそうな香りがするので、猫の食いつきも良く、飼い主と猫双方がストレスを感じることなく投薬を終えることができます。ボールの粘着力でしっかり薬に密着するので、猫が薬だけ吐き出してしまう心配もありません。

1粒ずつ取り出しやすい


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールは1袋に15粒ずつ入っていますが、それぞれ小包装の状態でパッケージされているので、取り出す際にくっついてストレスになってしまうことはありません。1粒ずつ手軽に取り出すことができるので、さっと薬を包んで猫に与えることができます。

様々な用途に使える


メディボールは、薬が嫌いな猫に薬を与えやすくするために開発された商品です。そのため、基本的には投薬用として与えるのが基本ではありますが、そこまで投薬の回数が多くない場合は期限内に使いきれないこともあるでしょう。

そのような場合にはそのまま猫におやつとして与えることもできます。製品自体に美味しそうな香りがあるので猫も喜んで食べてくれます。

低アレルゲン処方で不安なく与えられる

猫のフードを選ぶ際に最も気になるのが、アレルギーの存在と言えます。食品における猫のアレルギーに配慮した配合になっているので、猫の体を気遣う飼い主さんからも評価されています。

嗜好性にこだわりつつ程アレルゲン処方なので、不安なく与えることができるのがメディボールの大きな強みです。

メディボールに期待できる効果

薬を飲ませることが楽になるのは、猫も飼い主どちらにもメリットがあります!

メディボールが、投薬補助フードとして食いつきをよくするこだわりを紹介してきました。

では、メディボールを与える際には、どのような効果が期待できるのでしょうか。いくつかポイントを紹介します!

ストレスなく薬の投与ができる


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールは投薬用のおやつとして開発したものなので、使用することで猫にも飼い主にもストレスをかけることなく投薬ができます

猫からしてみれば美味しく味わって薬が摂取できますし、飼い主も食べさせては吐き出して、というようなことがないので、精神的に楽に投薬をすることができます。

野生の猫に薬を飲む習性はないため、基本的には薬を異物と判断してなかなか摂取してくれないこともありますが、これを使えばそのような心配もなくなります。

好き嫌いが多い子でも食べてくれる

猫の中には、好き嫌いが多く薬だけでなく食べ物も偏食気味という子も多いものです。特に猫は犬などと比較しても気まぐれで好き嫌いが多い傾向にあるので、自分の気に入ったものでないとなかなか食べてくれないこともあります。

メディボールにはささみやかつおなどの香りがあるので、好き嫌いの多い猫でも食欲をそそられて食べたくなってしまう魅力があります。無理矢理ではなく猫が自ら「食べたい」と思った状態で食べることができるので、余計なストレスをかけることもありません

メディボールの良い口コミ・悪い口コミ

メディボールの魅力について紹介してきましたが、実際に使用した人の意見はどのようなものなのでしょうか。良い口コミとイマイチな口コミを両方チェックしてみましょう。

良い口コミ

良い口コミ

「猫が薬の時間を楽しみにするようになった」

薬を嫌う猫も多いですが、メディボールを使うことで薬の時間を楽しみにするような反応を仕出したという意見がありました。薬は猫にとっても負担の大きいものではありますが、猫が楽しみにしてくれるようになるのは飼い主としても嬉しいものです。

薬の時間に催促をくるようになると、「本当に美味しいんだな」ということを感じられます。

「好き嫌いが多かったが、すんなり飲んでくれるようになった」

もともと好き嫌いが多い猫は多く、フード選びにも苦戦しているという飼い主さんも多いものです。好き嫌いが多いとフード以上に薬は嫌いやすいですが、このメディボールを使うことでスムーズに食べてくれることが多いのです。

もともと薬を断固として飲まなかった猫が、メディボールに包んで与えた途端にパクッと美味しそうに食べてくれるようになったという声も多く聞かれます。

「味を変えることで、飽きずに食べてくれる

メディボールを与えていても、飽き性な猫の場合は次第に毎回同じ味に飽きて食べなくなってしまうこともあります。猫用のメディボールには3種類の味のバリエーションが展開されているので、一つの種類を食べなくなってしまった場合には別の味の製品を与えてみると良いでしょう。

そしてそれも食べなくなったらまた別のを与えるようにして、うまくローテーションしていくことで猫も飼い主も投薬の負担を感じることなくスムーズに飲ませることができます。

「薬を飲んでいると気づいていない」

メディボールは非常に優秀な投薬用製品なので、猫によっては薬を飲んでいるということにすら気づいていない場合があります。これは非常に理想的なことで、猫自身にもストレスがかかりませんし、飼い主も投薬の際の手間がかかりません。

美味しく食べてしっかり薬を体に効かせることができれば、猫の体も健康的に維持することができます。毎日投薬が必要な猫の場合には飲ませる際の労力も大きいので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

「投薬の時間のストレスが軽減した」

薬を飲むことがどんなに大切であっても、そんなことは猫は知りません。鼻の利く猫は薬品のにおいを嫌がって薬を出した瞬間に逃げてしまうこともあるでしょう。そんな猫を相手に薬を飲ませることは、飼い主にとっても非常に負担が大きいものです。

無理矢理口を開かせて飲むのは心苦しいですし、すぐに猫が吐き出してしまってストレスになってしまうこともあるでしょう。メディボールなら猫も美味しく食べてくれるので、投薬にかかる時間もストレスも大幅にカットすることができます。

悪い口コミ

悪い口コミ

飽きると食べてくれなくなる」

メディボールを使って薬を与え始めると、最初はパクパクと美味しそうに食べてくれるのでホッとすることもありますが、次第に味に飽きたのか食べてくれなくなることがあります。猫は特に気まぐれで味の好き嫌いも多いので、すぐに飽きてしまうことが多いのです。

この面で不満を抱えている人もいますが、味に飽きてしまった場合には別の味のメディボールを与えるなどして変化を加えてみると良いでしょう。

「錠剤は良いけど、粉薬にはあまり向かないかも」

基本的にメディボールは錠剤でも粉末状の薬でも対応しているので、薬によって使えたり使えなかったりということはありません。しかし、粉末状の薬よりも錠剤のほうが包みやすく、また与えやすい傾向にあります。

粉末状の薬の場合は、水分が多く溶かして与えることができるもののほうが、猫も負担なく手軽に摂取することができます。固形の投薬補助剤では、粉がうまくなじみにくくなってしまうのです。

「開けたらすぐに使わなければならないのが大変」

メディボールは1つ1つ分離されてパッケージされてはいますが、小包装になっているわけではありません。そのため、1回開封したら15粒全てで酸化が進むので、開封後は全て早めに使用しなければなりません。その点が少し残念と感じている人も多いようです。

毎日投薬をしている場合にはすぐに消費できますが、たまにしか薬をあげないという場合には、1回開封した後に全てをすぐに使い切るのはなかなか難しいものです。

「もうちょっと少ないサイズが欲しい

1つの製品には15粒のメディボールが入っていますが、これをちょうどいい量と感じる人もいれば、少なすぎる、多すぎると感じている人もいます。

毎日薬を与えるわけではなく、たまに1、2粒与えるために使用している人にとっては、15粒という量は多すぎると感じることもあります。しかも小包装ではないので、開封後に長く置いておくことはできません。

そのため、少量のパックがあればいいのに、と残念に感じている人も多いです。

「毎日投薬が必要な場合は、コストがかかる

前項とは反対になりますが、毎日薬を与えているという人の場合は、逆に容量が少なくコストがかかるので悩ましいという人が多いです。例えば1日1回投薬をするという場合には、15日で1つの商品を使い切ることになります。

1日に2〜3回投薬するという場合には、さらにコストがかかってしまいます。それほど高額な商品ではありませんが、それでも使う頻度が高いとなるとお金がかかってしまうものです。

メディボールの価格


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールは公式サイトから購入すると、15粒入りのパッケージで648円です。楽天やYahoo!ショッピングでも同じ価格で販売されていますが、Amazonで購入すると1パッケージ896円と少し割高です。

公式のオンラインストアから購入すると次回以降使える500ポイントがもらえるので、継続的に利用するという場合には公式サイトからの購入が断然お得です。

メディボールの定期購入の解約方法


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールは定期購入というコースはありません。基本的には1回ずつ注文する形になります。そもそも投薬は毎日行わないことも多いので、必要な時にだけ購入するという形が適しています。定期コースはありませんが、3袋セットなどのパックがあるので、薬を与える頻度が高いという場合にはこちらを利用してみると良いでしょう。

メディボールに配合されている成分


http://www.jpc-co.jp/mediball/

メディボールにはささみなどの主原料のほか、ビタミンEなどの栄養成分も含まれています。ただ、食事として与えるものではなくあくまでもおやつ扱いなので、そこまで栄養価が高いわけではありません。

ただ嗜好性が高く、猫に薬を飲ませるために開発されているので、投薬を目的に使用するならば非常に効果的な製品といえます。

メディボールに副作用はある?

大切な猫に与えるものですから、副作用について不安を抱える人も多いでしょう。メディボールの場合は現段階では副作用の報告はされていません

獣医師とともに共同開発しているので、添加物や副作用の面においてはさほど心配することはありません。

まとめ


http://www.jpc-co.jp/mediball/

今回は、猫用の投薬補助剤「メディボール」に関して口コミを中心に、その魅力や特徴について触れてきました。メディボールは風味が強く嗜好性が高いので、好き嫌いが多い猫でも気に入りやすいように作られているのがポイントです。

投薬用の補助剤としてだけではなく、普段のおやつとして与えることもできるので、ぜひ利用してみてください。

TOP