派遣に年齢制限はある?40代の現実と悩みの解決策

派遣先の真意!40代派遣社員を雇うメリット・デメリット


世の中の働く40代の女性たちが持つ悩みは、なかな切実なものがありますよね。

悩み多き40代の思いとは裏腹に、抗うことができない「年齢の壁」にぶち当たります。

派遣で働いていく上で、年齢で人材を決めることはよくあることです。

若い人材と35歳を過ぎた人材とでは、たとえ前者のスキルが高くなかったとしても、柔軟に対応できそうだという理由で、若い方が選ばれることが多くあります。

どうして若くないと選ばれにくくなるの?

40代以降の全員に当てはまることではありませんが、企業がエルダー層(中高年層)を雇い入れたくないと考えるデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 指揮命令者より年上で、指示しにくい
  • 柔軟な対応ができない
  • 自己主張が激しい
  • 覚えが悪い

一方、40代の派遣社員を雇うことで企業が得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょう。

  • 経験豊富で、安心して業務を任せられる
  • 責任感や忍耐力があり、簡単に辞めない
  • コミュニケーションスキルが高い

自分を雇い入れることのメリットを感じてもらえないと、就業はできません。自分が希望する企業のニーズをきちんと理解して、面談には臨んでいきましょう。

たとえ選ばれなくても、無駄に落ち込まず、どんどん次に進むことです。

40代の派遣社員の悩みとは?

既婚者なのか独身者なのか、またはシングルマザーなのかといった立場によっても、悩みは異なってきます。経験やスキル、資格の有無の違いでもさまざまな悩みが存在します。

そんな複雑な年齢に差し掛かった40代が抱える悩みにはどんなものがあるのでしょう。 

なかなか仕事が決まらない

派遣会社に登録はしたものの、仕事紹介の数も少なく、求人にエントリーしても社内選考が通らず、なかなか就業に至らないケースが実際にあります。

それは経験やスキル不足から発生する悩みですが、反対に経験や資格が十分であっても就業に至らないことも。

長年勤めてきた自信やプライドがあるので、条件を下げることができず、たくさんの仕事のオファーがあっても、就業するまでに時間がかかってしまったり、強すぎる自負心から断り続けてしまったり……。

そんなことをしていると、仕事紹介がなくなってしまうことがあります。

社員が年下でやりづらい

派遣先が考えるデメリットでも取り上げましたが、長く派遣で就業していると、いつの頃からか周りの正社員の年齢が自分より年下になっていることに気づきます。

職場で役職を持つ上司と年代が近いことはよくあることです。

派遣就業している6割が、年下の正社員との関わり方に悩んだ経験があるとのこと。

  • 年齢の差を感じ、コミュニケーションの取り方が分からない
  • 目に余ることがあっても、注意しづらい
  • 派遣社員は雑用係だと思って何でもかんでも頼んでくる
  • フレンドリーを通り越して、距離が近すぎて戸惑う
  • なぜか年下社員の指導係や業務の尻ぬぐいをさせられる

年齢によるジェネレーションギャップや業務面でのやりづらさにストレスを感じてしまうようです。

家庭と仕事の両立が大変

既婚女性ばかりでなく、シングルで子供を育てている方も、家庭と仕事で忙しい毎日を過ごしています。家庭を優先したくても、仕事をおろそかにすることはできません。

家庭を持つ女性は、朝から晩まで休む暇なく、慌ただしい生活を余儀なくされています。

正社員のように固定給ではなく、時給換算なので、何かしら家庭の事情で業務ができなければ、給与に影響してきます。

独身者のように残業を引き受けたくても、引き受けることが難しい状況があり、気まずさは拭えず、忙しさと報酬が比例していないのが実情です。

安定のない派遣で将来が不安

特に40代で独身者で、派遣社員のままでは将来が不安と感じている女性は多いようです。

配偶者の稼ぎを当てにすることもできないので、自分の生活は自分で維持していかなければなりません。

年齢を経るごとに、体調面での不安も意識するようになり、このまま働き続けられるかどうか、漠然な悩みを抱えています。

今後継続して仕事を紹介してもらえる保証もなく、きちんとした人生設計ができず、その日暮らしな生活を強いられていることもあります。

現実を目の当たりに!40代派遣の悩みを解決


ひとつの派遣会社だけに登録して、他への登録もしていないのに、「仕事がない」と言うのは、単に機会を失っているだけです。

40を過ぎた時こそ、若い時以上に精力的に動かないと、簡単に高案件には巡り会えません。

まずはそれぞれの派遣会社の特徴をきちんと把握し、何社か派遣登録をして、自分に一番合った派遣会社選びをすることです。

自分が希望する職種を多く抱えているか、待遇面で満足がいく対応か、円滑なやり取りができる質の高い派遣会社かなど、不安要素を感じない会社から就業を目指すと良いでしょう。

年齢による現実を目の当たりにしたら、悩むより行動です。40代になったからこそできることがあるはずです。

40代が持つ悩みの解決策について掘り下げます。

とにかくスキルを身に着ける

仕事の紹介がない、面談も受からないという方に共通するのが、経験やスキルが伴っていないのに、就業できないことを他人のせい、年齢のせいにしていることです。

長く勤めてきた人は、よっぽどなことがない限り、時給など待遇面での不満はいくらかあっても、仕事の紹介がないということはありません。

スキルや資格があれば、40歳だからと言って仕事がないという悩みは発生しないでしょう。

派遣社員にとって一番重要なのは、即戦力あるスキルを持ち合わせていることです。

  • パソコンの簡単な操作は必須
  • ExcelやPowerpoint、AccessなどOfficeソフトが使える
  • 一般的ビジネスマナーが理解できる
  • 語学など、希望する職種の専門スキルを習得している
  • 電話応対、メール対応が難なく行える

何はなくとも、簡単なパソコン操作は必須です。

Ecxelの四則計算やWordでのデータ入力、インターネットでの検索作業、簡単なメールのやり取り、取り次ぎ程度の電話応対などは、企業で働く社会人にとっては、普通に備わっているスキルですね。

もっと待遇を良くしたいのであれば、以下のような、より高度なスキルが求められます。

  • ExcelでのVLOOKUP関数などに代表される便利な関数の利用
  • クエリやピボットテーブルの活用
  • PowerPointでスライドや資料を作成できる能力
  • ExcelやAccessでのVBAやマクロ作成
  • 簿記など経理に役立つ知識の習得
  • 英語を中心とした語学スキル
  • IIllustratorやPhotoshopなどのソフトの利用

ある程度のOAスキルがあれば、ますます紹介される仕事が増えていき、就業の幅もだいぶ広がります。

どうせ経験もスキルもないし…。スキルがある人はいいよね…と他人事のように開き直る人にたくさん会ってきましたが、使える能力もないのに、誰が採用しようと思うでしょう。

仕事紹介が集中する、仕事が途切れない人は、陰で努力しています。

何度も悔しい思いをしながらも、少しずつステップアップしてきて今があります。

自分以外誰も現状を変えることはできません。負けたくない気持ちがあるなら、日々学ぶ姿勢を忘れないでください。

謙虚に相手を尊重する姿勢を心がける

あくまでも派遣社員は年齢に関わらず、社員のサポート的存在です。

自分ではそんなつもりはなくとも、年齢や経験が上だという意識から、年下の正社員に横行な態度で接してしまっていることがあります。

明らかに間違っていることは指摘しても良いでしょうが、時として偉そうに感じることもありますので、扱いづらい人だと思われないためにも、謙虚に相手を尊重する姿勢を心がけましょう。

勤務条件を見直す

仕事が決まらない時や家庭との両立を望む時は、今の自分に見合った勤務条件で仕事を探せているのか再度確認してみます。

高望みし過ぎている時は、ある程度妥協も必要です。経験はあってもスキルが身になっていない場合は、条件を変更して、挑戦してみてください。

経験やスキルがなくてもすぐに働くことができる仕事もたくさんあります。ただ、誰でもできる仕事であるため、時給が安くなるのは仕方がありません。

せっかく自由な勤務条件で働ける派遣ですので、家庭に重きを置きたい時は、無理にフルタイムで働かなくてよい仕事や、週に2~3日の勤務が可能な求人を紹介してもらえるように、条件の見直しを図りましょう。

紹介予定派遣を視野に入れる

派遣では先行きが不安だという人は、紹介予定派遣という働き方を考えてみてもいいかもしれません。

紹介予定派遣とは、派遣期間終了後、本人と派遣先企業双方の合意のもとに正社員となる働き方のことです。

労働者の立場では仕事内容をよくわかった上で、企業側の立場ではその人の仕事ぶりかをわかった上で合意に至るので、ミスマッチが少なくなることが紹介予定派遣のメリットと言えます。

この場合の派遣期間は最長6か月となっており、更新はありません。

年々紹介予定派遣を望む人が増えています。正社員を目指しているが、なかなか決まらずにいる方には向いている雇用形態です。希望条件を変更すれば、派遣会社から仕事の紹介を受けることができます。

ただ、派遣と同じように、40代以降が紹介される案件は若い頃に比べれば狭まってきます。

最初から40代以降でも可能な案件はたくさん存在しますので、トライしてみる価値はあると思います。

紹介予定派遣で就業できたとしても、実際に正社員になる率は低いようです。

勤めていて合わなかった時に継続を断ることが多いのが就業率が低い理由です。

しかし、一度就業してしまえば、企業側から不採用となることはほとんどありませんので、前向きに検討していきたいですね。

将来を見すえた自分らしい働き方を見つけよう

ここまで、スキルや経験の大切さに触れてきました。

好条件の求人が決まるにはスキルが必要ですが、まだ勉強段階で、どうしても働いたいという思いが強いのであれば、見た目と人への接し方の印象を良くすることです。

見た目をガラリと変えるのは難しいですが、印象が良い雰囲気を心がけることはできるのではないでしょうか。

雰囲気づくりやコミュニケーション能力に長けた人は、持ち合わせた業務スキル以上に優遇されているようです。それには年齢は問いません。

スキルを身につけるのには時間がかかりますが、心のあり方を改善することはすぐにでもできるはずです。

どうせ年だし…などと言ってる場合ではありません。スキルや見た目、コミュニケーション力を磨いて、何歳になっても自分らしく輝いていたいものです。

将来を見すえた自分らしい働き方、見つけましょう!
TOP