オリジンキャットフードのリアルな口コミ評判|キャットフードを徹底比較

ドッグフードやキャットフードの中でも良質な素材を多数使用し、質が良いと話題なのがORIJEN(オリジン)です。食材だけでなく製造過程にもこだわっているので、猫の体を健やかに維持するのに効果的なフードとされています。

オリジンって、弁当屋さんしか知らないよ。
アメリカのペットフードメーカーで、タンパク質が豊富で世界的に認められるメーカーです!

今回はこのオリジンキャットフードに関して、その特徴や効果、また口コミについて紹介していくのでチェックしてみてください。

オリジンの特徴

アメリカからの完全輸入品みたいね。やっぱり日本製が一番じゃない?
そんなことありません!広大な土地を持つアメリカだからこそ、放牧された安心の原料、徹底した衛生環境の大きな工場・システムで製造できるんです!

猫は肉食です。
生物学や遺伝子的にも、猫が食べるものは肉や魚などタンパク質が豊富なものがいいのは数々の研究で証明され、今や飼い主では常識です。

逆に、穀物などの炭水化物は猫にとって、消化がうまくできないので負担が大きく、健康を阻害してしまいます。
肉より穀物の方が圧倒的に生産コストは安いので、格安のキャットフードの多くには穀物が入っていたりします。

飼っている猫に長生きしてほしいと思うのは当然ですよね。やっぱり猫も人間と同じで、食べ物が身体を作ります。

オリジンキャットフードは、どのような特徴があるのでしょうか。ここからは、オリジンの魅力について触れていきます。

グレインフリーの配合

昔に比べ、穀物を使ってないキャットフードを選ぶことが今では主流となっています!

グレインというのは穀物のことです。人が生きていく上では穀物も重要な栄養素ではありますが、犬や猫は肉食の動物であり、そこまで穀物を必要とする体ではありません。むしろ穀物の多いフードは体に負担をかけてしまう場合があるので、気をつけなければなりません。

オリジンのキャットフードは猫の体に負担をかけるグレインを配合しておらず、血糖値を上げる高GIのジャガイモやタピオカといった食品も配合していません。基本的に低GIの野菜だけを配合しているのが特徴です。

栄養バランスを考えた配合

大切な猫に与える食事は、1食でしっかりと栄養が取れるものが良いものです。オリジンにはデイハイドレート肉(水分を抜いた肉)が配合されていますが、これは低温で時間をかけて調理し、乾燥されたものを指します。時間をかけて90℃程度の低温で乾燥させているので、栄養素が壊れにくく、ダイレクトに体に働かせることができるのです。

一般的なキャットフードは栄養補給のためにたっぷりのビタミンやミネラルが含まれているものが多いですが、人工的に大量のビタミンやミネラルを摂取するのは自然な食事とは言えません。オリジンでは自然な食事に近づけるために、亜鉛や銅といった少量のミネラル分のみを配合しています。

製造段階にもこだわりあり

どれだけ配合成分にこだわっていても、製造の段階で不安が残るものはやはり与えたくないのが飼い主の親心というものです。オリジンでは素材調達において信頼できる農場主や牧場主、漁師を厳選しているので、素材の質において不安はありません。

また、フードの製造は地上最先端とも言われるアメリカ・ケンタッキー州の農地に作られたキッチンで行われています。新鮮な素材を使用して衛生面にも気を配って作られているので、良質なフードを作ることが可能なのです。

タンパク質豊富な配合

犬や猫に必要不可欠な栄養素といえばタンパク質です。肉食の犬猫は、タンパク質をしっかり補給することが体を健康的に維持するために重要なポイントといえます。

オリジンでは良質な肉を主原料として、肉の含有量は85〜90%を誇ります。水分量を10%として計算した際、タンパク質の含有量は38%とされていますが、これは非常に高い数値です。同じ状態での鶏のタンパク質含有量が38%ですから、動物を丸ごと食べた時と同様の栄養を得ることができるのです。

うちの猫ちゃんがマッチョになるかも!

詳細はこちら

数々の賞を受賞し、実績も不安なし

信頼できるフードを選ぶ際に参考になるのが、そのフードが持っている実績です。食においての賞を受賞しているフードであれば品質の面でもお墨付きですし、不安なく与えることができます。

オリジンのフードは、上の画像に示した食に関する14もの賞を受賞している高い実績があり、質の高いフードであることがわかります。最先端の技術を使って製造され、栄養満点であることが認められているので、愛猫の体の健康を考える人から支持されているのです。

オリジンの効果

オリジンの特徴やこだわりは、実際に猫ちゃんの体にどんな効果があるのか紹介します!

オリジンを摂取することで、猫の体にはどのような嬉しい効果が期待できるのでしょうか。以下にまとめたのでチェックしてみましょう。

免疫力アップが期待できる

オリジンには天然の魚が含まれているので、DHAやEPAという良質な栄養素を補給することができます。これらの成分は人間が摂取することでも脳に良い働きをもたらすものであり、猫が摂取することでも良い効果が期待できます。

DHAやEPAは主に免疫や神経系に欠かせない栄養素なので、しっかりと補給することで免疫力を高めて病気になりにくい健康的な体づくりをすることができます。いつまでも大切な猫に健康的に過ごしてほしいと願う飼い主さんにとっても、安心感のあるフードといえます。

体の機能を維持するのに効果的

オリジンは肉の含有量が多いために、肉食である猫の体に効果的に作用します。また、マグネシウムの含有量が少なめで弱酸性の性質なので、膀胱の機能を維持するのにも役立ちます。

若い頃の猫は良いのですが、年齢を重ねるに従って体の各部分の機能が衰えていき、膀胱の病気を起こすことも少なくありません。バランスの良い食事を摂ることで体の中の機能を維持することができれば、病気しらずの健康な老後を過ごすこともできるのです。

また、弱酸性の状態は体内細菌にとっても住みやすい環境を作ることができるので、そういった面でも健康的な体を作ることができます。

アレルギーを起こしにくい

猫が口にするものは、できる限り体への負担や危険性が少ないものを選びたいものです。フードによってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、アレルギーを持つ猫を飼っている飼い主さんはフード選びにも苦労します。

猫がアレルギーを起こしやすいものとしては穀物などがありますが、オリジンはグレイン(穀物)フリーの配合になっているので、不安なく与えることができます。また、合成保存料や遺伝子組み換え原料など、体への負担が懸念される素材も使用していません

肥満や糖尿病のリスクが低い

糖質などを多く摂取すると、体に脂肪や糖が蓄積して肥満や糖尿病などを引き起こしてしまうことがあります。

オリジンでは糖質由来のカロリーが少なく、タンパク質や脂質からくるカロリーがメインなので、糖質摂取過多による肥満や糖尿病などのリスクを軽減することが可能です。自然界で猫が摂取するような自然な食事を再現できるので、猫も健やかに育つことができます。

特にシニアになるとあまり動かなくなる分肥満や糖尿病などのリスクも高まってしまいますから、フードに気を配ってしっかりと予防を心がけることが大切です。

詳細はこちら

オリジンの良い口コミ・悪い口コミ

高評価の多いキャットフードの代表とも言えるオリジンの口コミには、どのようなものがあるのでしょうか。

良い口コミ

良い口コミ

「少食で華奢な猫が、見違えるように健康的に」

少食な猫でフードの好き嫌いも多く、なかなか食べてくれないとなると飼い主としては猫の体のことが気になってしまうものです。どんなフードを与えても少しずつしか食べてくれなかったけれど、オリジンを与えてからぺろっと完食して満足そうにしているという声が多く聞かれます。

また、華奢だった猫がオリジンを食べ続けることで肉付きが良くなり、健康的な体になったという嬉しい意見もあります。

「食欲が旺盛になり、便のトラブルも減った」

オリジンは新鮮な食材を使用しており、猫の食欲をそそる設計になっています。粒は少し大きめですが別段食べにくいということもなく、多くの猫は好んで食べてくれます。

オリジンを与えることで食欲が以前に増して旺盛になり、便の状態が悪いと言ったトラブルも解消されたという声が多く聞かれます。

普段食事をあまりとらない猫は痩せやすく、体のことが気になりますが、オリジンをたくさん食べて健やかに育ってくれるのは嬉しいものです。

「においが少なくなり、毛づやもアップ」

質の悪い脂肪分をとると体臭につながってしまいますが、オリジンは直接食用として使うことができない「レンダリング」という油脂を使用せず、天然の鶏肉や魚などからとれた脂肪分だけを配合しているのがポイントです。

そのため体臭が発生しにくく、さらに良質なタンパク質や脂質が豊富なので、毛ヅヤのアップにも大きな効果が期待できます。

猫の体臭が気になっていたという人もオリジンに切り替えることで、さほど気にならなくなったということが多いようです。

「保存しやすい丈夫なパッケージも魅力」

オリジンのキャットフードは以前は開封したら口をクリップなどで止めて固定しなければなりませんでしたが、現在ではジッパーが付いているので与え終わったら手軽に口を閉めて保管しておくことができます。

外側は紙の素材が使用されていますが、内側に丈夫な素材が疲れ得ているので外部の影響を受けても破けにくいのがポイントです。しっかりとフードを守ることができるので、品質を一定に保つことができます。

「香りがいいので、猫の食いつきが良い」

オリジンには新鮮なチキンや魚などの食品が配合されています。人工の成分を極力使用せずに配合しているので、品質を機にすることなく猫に与えられるのが大きな魅力です。

また、においが食欲をそそることで香りも良く、猫の食いつきが良くなるのも嬉しいポイントです。今までキャットフードをあまり食べなかった猫も、これに変えた瞬間にご飯を食べ始めた問いう意見も多く聞かれました。

このように、人間から見てもにおいなどがいいのは、大きなメリットと言えます。

悪い口コミ

悪い口コミ

「カロリーが高めなのが気になる」

オリジンのキャットフードは、新鮮な素材を使った栄養満点なフードではありますが、肉をメインに配合しているためどうしてもカロリーが高めになっているのがネックではあります。分量の目安通りに与えていれはさほど問題はありませんが、与えすぎると肥満気味になってしまう恐れがあります。

粒も大きく1回の食事量も他のフードよりも少なめになっているので、しっかりと給餌量を守って与えるようにしましょう。

「値段が高く、継続しにくい」

オリジンは良質な素材を使用しており、製造過程にもこだわって作られているので、どうしても値段が高くなってしまいます。通常のドッグフードは高くても5000円程度ですが、オリジンのキャットフードは定価7000円ほどです。

キャットフードは消耗品であり、継続して購入し続ける必要があるので、そのことを考えるとなかなか手が出せないという人も多くいます。猫は好き嫌いが多いので、すぐに食べなくなってしまう可能性もあり、そうした面から見ても値段が高いのは心配なポイントです。

「湿り気が多いので、品質の低下が早そう」

オリジンのキャットフードは比較的水分や油分が多く、表面がやや湿っぽいのが特徴です。そのぶんみずみずしさを味わうことはできるのですが、水分や油分が多いということは品質の低下も早まる可能性があります。

一匹だけ飼っている場合にはそこまで頻繁に買い換えることもないので品質の低下が気になってしまうことも否めません。

「小分けのパックがないので、お試しができない」

オリジンのキャットフードは、一番少ない容量のものでも340gです。それより少ないものがないので、基本的には何日か使い続けることを念頭に購入する必要があります。

好き嫌いの激しい猫の場合は最初から見向きもしないことも考えられるので、そういった場合には小分けパックの販売がないオリジンキャットフードはどうしてもマイナスになってしまいます。数百円でお試しパックがあれば猫の口に合うかどうかの判断ができますが、オリジンの場合は難しいでしょう。

「大量摂取に気をつけなければならない」

オリジンキャットフードには、栄養がたくさん含まれているので体に良いフードであることに違いはありません。しかし豚のレバーが使われているので、ビタミンAの過剰摂取には気をつけなければなりません。

猫の体に過剰な量のビタミンAが摂取されると、関節に異常が出たり繁殖機能が低下したりといったトラブルが起こる可能性があります。給餌量を守って与えていれば特に問題はありませんが、このような心配の声があるのも事実なのです。

詳細はこちら

オリジンの価格

オリジンは公式サイトで取り扱っているほか、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでも販売されています。

公式サイトで購入すると、安く購入することができます。

※価格は税抜き表記

公式サイト
340g 1,350円
1.8kg 6,300円
5.45kg 15,000円

オリジン定期購入の解約方法

オリジンのキャットフードは基本的に定期購入はなく、その都度購入する形になります。そのため解約方法なども特にはなく、切れるタイミングで毎回用意しておくことが大切です。

オリジンに配合されている成分

オリジンキャットフードは肉や魚など、フレッシュな素材をふんだんに使用しているのがポイントです。魚に含まれるDHAやEPAなどは基本的に脳に良い作用をもたらすほか、免疫力アップに効果的です。

オリジンの気になる副作用

オリジンの副作用は現在のところ報告されてはいませんが、高タンパクの食品なので与えすぎには注意が必要です。パッケージに記載されている目安の給餌量をきちんと守り与えている分には特に問題はないので、しっかり量を守るようにしてください。

まとめ

今回は、ORIJEN(オリジン)キャットフードの特徴や購入方法、気になる効果などについて紹介してきました。オリジンキャットフードはヒューマングレードの品質の素材を使用しているのがポイントでタンパク質を必要とする猫の体にしっかりと栄養素を届けることができます。

与え続けることで猫も健康的に成長していくので、是非一度与えてみてください。

詳細はこちら

関連記事
TOP