エジソンアカデミーの口コミ評判は?プログラミング教室を徹底比較

最近ではパソコンを使用する年齢が低年齢化し、小学校でも2020年からプログラミングの授業が必修科目となるなど、私たち親の世代では考えられないほど子供たちの教育は変わってきています。

とはいえ、突然必修科目と言われても、

「どんな内容なの?」
「うちの子はついていけるのかな?」

と、不安になってしまいます…。

そんなプログラミング教育の必修化に向けて、国内最大級の子供向けロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」を発見。

ロボットを作りながらプログラムを学べるという、楽しみながらできそうな内容!これはうちの子にはちょうど良さそう!と思い調査してみましたので、ぜひ参考にしてみてください♪

そもそも小学生にプログラミング教育は必要なの?

画像出典元 https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/

2020年から小学校でプログラミングの授業は必修化されます。情報化社会の現在、コンピューターの知識は無くてはならない世の中になっています。

子供たちが大きくなった時、コンピューターに強く、知識の幅が広いかどうかは就職する際にも大きな判断基準にもなってくるのではないでしょうか。

今日私たちが生活していく上でなくてはならない「電気」「水道」「ガス」「インターネット」など、これらのすべてでコンピューターが活用され、プログラミングで動いています。

コンピューターイメージ

ほかにも生活のなかであらゆるものがコンピューターのプログラミングのもと管理されています。世の中の「しくみ」を正しく知ることで、知識や判断力、自らが学ぶ力などを身につけていくことができます。

これらを育てていくためには、年齢の低いうちからのプログラミング教育は、とても大切な時代になってきていると言えるでしょう。

スマホの低年齢化も進んでいる昨今、小さいうちから正しい意識と、溢れる情報の正しい判断力を身に着けさせることは、避けて通れない道になってきています。

このように生活がどんどんデジタル化し、新たな技術がどんどん出てくる中で、子供たちにコンピューターを受け身ではなく、積極的に活用する力や、プログラミング的思考(論理的思考力)が求められるようになってきたのです。

さらに詳しくみる

エジソンアカデミーってどんな教室?

エジソンアカデミーは、「理解力」「論理的思考力」「創造力」「プレゼンテーション能力」の4つのチカラを身につけられるロボットプログラミング教室です。

アーテックが開発したオリジナル教材のロボットプログラミングキットを使って、ロボット作りを楽しんだり、プログラミングの知識を学んだりできます。

エジソンアカデミーは全国でフランチャイズ展開しており、パソコン教室や、塾などに併設されている場合も多く、全国でもとても多くの教室があるのも魅力のひとつ。

フランチャイズなので、塾や自宅の一室など教室は様々ですが、教えてくれる講師の方は、アーテックのプログラミング研修を受けた方ばかりなので安心です。

さらに詳しくみる

エジソンアカデミーのカリキュラム

画像出典元 https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/curriculum/

エジソンアカデミーのカリキュラムは、年齢に関係なく「ステップ1」からスタートし、全生徒共通のカリキュラムに沿って学んでいきます。1か月に1ステップのペースで2年間学習していきます。

まずはテキストでじっくりと基礎内容を学習します。

今から作るロボットが「どのような仕組みで動いているか?」また「身の回りで使われているのはどんな場面か?」など、実際の生活の中で活用されているプログラミングの仕組みについて学びます。

そのあと実際にロボットを組み立て、プログラミングしていきます。

最初にテキストで学習してからになるので、しっかりと仕組みを理解し、意味を考えながらロボットを制作することができます。

様々な機械を組み立てることによって、プログラミングだけでなく、ロボットの仕組みについても楽しく学んでいきます。

さらに毎月少しずつレベルアップしていくので、子供たちのやる気を引き出し、飽きることなく楽しんで学んでいくことができるそうです。

また、3年目以降も任意で「エキスパート編」へ入会することができます。

さらに深く専門知識を学ぶことができるので、ロボットプログラミングに興味を持った子や、より高度なことがしたい!と考える子、さらに「将来理系に進みたい!」または「工学に関わる職業に就きたい」と考えている子どもたちにはおすすめのコースです。

さらに、URCという小中学生のための国際ロボット競技会があり、各教室から代表で2~3名がチームを組んで出場できます。大会への参加を目標に、子供たちが本気で取り組むことの楽しさを学ぶことができるのも魅力のひとつです。

さらに詳しくみる

運営会社である株式会社アーテックって?

画像出典元 https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/about/

エジソンアカデミーを運営しているのは、1960年設立の「株式会社アーテック」という学校教材の総合メーカー会社です。

「子どもたちに楽しさをきっかけに学びを大好きになってもらいたい」をテーマに、子どもたちの「創造力」を引き出し、育む、オリジナル開発商品や知育商品を作っています。

エジソンアカデミーで使用するロボットプログラミング教材は、全国の小学校においても150校以上が授業を実地するという採用実績があります。また、世界25か国・日本全国で4,000か所以上の幼稚園・保育園でもこの教材が採用されています。

さらに2018年に、経済産業省の「ものづくり日本大賞特別賞」を受賞しています。これを見るだけでもエジソンアカデミーのロボットプログラミング教材の優秀さがうかがえます。

画像出典元 https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/

また、プログラミングスクール・教材調査で、

  • 保護者が通わせたいプログラミングスクール
  • 我が子の成長を実感できるプログラミングスクール
  • 学習に意欲的に取り組むようになったプログラミングスクール
  • 学力が向上したプログラミングスクール
  • 学校の先生が選ぶプログラミング教材

以上の5項目すべてにおいて、ナンバー1という結果が出ています。

さらに詳しくみる

エジソンアカデミーの授業の流れ

画像出典元 https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/about/

エジソンアカデミーの授業は、テキストを読みながら自分で進める個別学習スタイルです。

個別学習と言っても、分からないことがあったり、疑問点があれば先生がサポートしてくれますし、教えてもらいながら進める受け身な授業ではなく、自分で考える力が育つというメリットもあります。

まずはしっかりとテキストを読んで理解し、そのあとロボットの組み立てをして、プログラミングをする、というのが一回の授業内容になります。

一回の授業で一通りの作業が完結するので、学びが途切れることなく、理解しやすいようになっています。少しずつ内容がレベルアップしていくので、子どもたちも飽きずに学んでいくことが出来ると評判です。

さらに詳しくみる

エジソンアカデミーの対象年齢

プログラミングを正しく理解するために、受講の推奨年齢は小学校3年生~となっています。ですが、フランチャイズ展開のため、小学3年生未満の子どもでも教室によっては受講可能なことがあります。

なお、「アーテック自考力キッズ」という、パズルと簡単なロボット制作やプログラミングを教えてくれる低学年向けのクラスが開設されている教室もあります。詳しくはお近くの教室に問い合わせてみましょう。

エジソンアカデミーの口コミ評判

良い口コミ

良い口コミ

今まで家では触らせていなかったパソコンに触ることができ、自分がプログラミングした通りにロボットが動くことが楽しいようです。
楽しんでプログラミングを学ぶことができ、良い教室に出会えてよかったなと思っています。(小学5年生/男の子)
家の近くに教室がったので体験に行ってみました。最初は興味なさそうにしていたうちの子ですが、体験してみるとロボット作りがとても楽しかったようで、「通いたい!」と意欲を見せています。(小学3年生/男の子)
自分なりにいろいろと試行錯誤している様子を見ると、「考える力」がついてきたのかなと思います。今まではわからないことがあれば「わからなーい」とすぐに私に答えを求めてきていたのですが、今では自分で考えようとする姿勢が見られるので、成長してきたな、と感じます。(小学5年生/女の子)
日常のなかでロボットのことや機械のことなど、今まで目を向けていなかったものに興味をもつようになりました。子供の視野が広がってきたようでうれしく思っています。(小学6年生/男の子)
まず、話し方が変わりました。論理的になったというか、この教室に通いだしてからいろいろなものの仕組みを理解しようとする姿勢が見られるようになりました。(小学5年生/男の子)
IT社会なので、子供の将来のためにと思って通わせ始めました。今ではロボット制作やプログラミングに夢中になり、とても楽しく学んでいるようです。(小学4年生/女の子)

悪い口コミ

悪い口コミ

子どもは楽しんで通っているようですが、身についているものが見えにくく、学校の授業では今のところ反映されていません。特に成績が上がったというようなこともないです。(小学4年生/男の子)
先生がマニュアル通りに進めているので、子どもがいろいろと考えて、というよりは、教科書通りに進んでいく授業、という感じがしました。(小学6年生/男の子)
うちの子には少し難しすぎたようで、理解できなかったようです。時代に合った教育を、と思いましたが、通わせるのは断念しました。(小学3年生/女の子)

良い口コミも悪い口コミも見られましたが、良い口コミが圧倒的に多かった印象です。

良い口コミでは、「楽しく学べている」「話し方が論理的になった」「興味の幅が広がった」「考える力がついた」などが見られました。

反対に悪い口コミでは、「学校の成績に反映されない」「授業がつまらない」「難しかった」などが見られました。

学校の成績に反映されないというのは、2020年以降小学校でプログラミングが必修科目になってからだと成績にわかりやすい形で反映されてくるかもしれませんね。

授業がつまらない、というのも、エジソンアカデミーの教室はフランチャイズ展開されているので、共通のカリキュラムがあるといっても先生によって指導のやり方も少しずつ違うかもしれませんし、教室によっても雰囲気も違ってくるかもしれません。

もし家の近くに複数の教室がある場合、いくつかの教室を体験してみるのも良いでしょう。

さらに詳しくみる

授業料などの費用は?

次に気になる料金です。料金ですが、フランチャイズ展開のため公式な料金が決められているわけではなく、全国800校以上ある教室によって異なりますが、だいたい下記のようになります。

  • 授業数:月2回(授業時間90分)
  • 入会金:0円~10,000円程度
  • ロボット代:15,000~50,000円程度
  • 月謝:9,000円~12,000円程度

プログラミング教室の中には月々の月謝が20,000円を超えるところもあるので、決して高くはない値段設定といえるでしょう。

きちんとした料金が知りたい方は、お近くの教室にお問い合わせください。

さらに詳しくみる

まとめ

画像出典元 https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/

「プログラミング教育」というのが浸透し始めてから、まだ数年しかたっていません。私たち親世代では馴染みのない分野で、未経験の方がほとんどだと思います。

いきなり「プログラミング」と言われても、我が子にできるのかな?と不安に感じる方も多いでしょう。

エジソンアカデミーは、子どもたちが楽しみながらプログラミングの仕組みを学んでいけるので、今のうちからプログラミングに慣れ親しんでおけば、学校で始まる授業にも苦手意識を持つことなく、楽しく取り組むことができそうです。

あらゆるものが機械化されているこの世の中で、コンピューターに苦手意識を抱かず、積極的に活用する力というのは、今を生きる子どもたちに必須な能力になってきているのかな、と感じました。

その知識や能力は、将来子どもたちにとって大きなチカラになるはずですよ!

プログラミング教室の関連記事

TOP